Billboard Classics

Concert informtionコンサート情報

イメージ

billboard classics
小室哲哉 Premium Symphonic Concert 2023 -HISTORIA Encore-

本公演は終演いたしました。
ご来場の皆様、誠にありがとうございました。

◆◆◆

稀代のヒットメーカー小室哲哉 × ビルボードクラシックス
アンコール公演が東京で開催決定!

2019年にTM NETWORKの6年振りの再起動と共に自身の音楽活動を再開した小室哲哉が初めてフルオーケストラと共演した本公演では、
ピアノとシンセサイザーを操る小室と藤原いくろうが指揮するパシフィックフィルハーモニア東京(東京)、
京都フィル・ビルボードクラシックスオーケストラ(西宮)が見事なまでに融合し、
誰もが知るヒット曲の数々が、電子音とオーケストラサウンドの絶妙なハーモニーにより
ヒストリカルかつクリエイティブに再構築された芸術的なライブとなった。
ゲストボーカルにはBeverlyも登場し、圧巻のハイトーンボイスを披露。
さらに西宮公演では浅倉大介も参加し、「PANDORA」一夜限りの再集結となった。

小室哲哉の”歴史”の新たな1ページとなった本公演の再演と東京での「PANDORA」の再集結に対して数多く寄せられた要望に応え、
クラシックの殿堂「東京文化会館」にてアンコール公演が実現する。

 

公演スケジュール

2023年4月23日(日) 開場16:00 開演17:00 場所 : 東京文化会館 大ホール ※終演

チケット情報・購入

<チケット>
チケット 12,000円 (全席指定・税込)
※枚数制限:お1人様各公演1申込のみ最大4枚まで
※未就学児入場不可
----------

学生席 2,000円(全席指定・税込)

※対象:中学生~大学生・専門学校生(社会人学生を除く)
※客席後方の座席になります
※各公演枚数限定となります
※枚数制限:お1人様1枚のみ

----------------------------

<一般発売>
2月18日(土) 10:00~ 

ローソンチケット
チケットぴあ
イープラス ※学生席取り扱い

----------------------------

<先行発売>
■小室哲哉オフィシャルFC「TETSUYA KOMURO STUDIO」GOLD会員先行(抽選) ※受付終了
受付期間:1月17日(火)15:00~1月24日(火)23:59
当落確認・入金期間:1月27日(金)〜1月31日(火)23:00

----------------------------

■小室哲哉オフィシャルFC「TETSUYA KOMURO STUDIO」GOLD & STANDARD会員先行(抽選) ※受付終了
受付期間:1月25日(水)15:00~1月31日(火)23:59
当落確認・入金期間:2月3日(金)〜2月7日(火)23:00

----------------------------

■ビルボードライブ法人会員先行(抽選) ※受付終了
受付期間:1月26日(木)15:00~1月31日(火)23:59
当落確認・入金期間:2月3日(金)〜2月7日(火)23:00
受付URL:https://l-tike.com/st1/bl-oftk398/

----------------------------

■ビルボードライブ会員「Club BBL」先行(抽選) ※受付終了
受付期間:1月26日(木)15:00~1月31日(火)23:59
当落確認・入金期間:2月3日(金)〜2月7日(火)23:00
受付URL:https://l-tike.com/st1/clubbbl-ticket0042/

ClubBBL会員ご登録に関するお問合せ 
ClubBBL事務局:03-3479-4141(当面の間平日12:00~17:00)

----------------------------

■ローソンチケット独占先行(抽選) ※受付終了
受付期間:1月26日(木)15:00~1月31日(火)23:59
当落確認・入金期間:2月3日(金)~2月7日(火)23:00
受付URL:https://l-tike.com/tetsuyakomuro-bbc/

----------------------------

■プレイガイド先行(抽選) ※受付終了
受付期間:1月30日(月)10:00~

----------------------------

<お問合せ>
ディスクガレージ
お問い合わせフォーム
カスタマーセンター 050-5533-0888 (平日12:00~15:00)

 

◯チケット購入に際しての注意事項

※車椅子をご利用のお客様は、上記【お問合せ】先までお電話にてお問合せください。
※チケットはおひとり様1枚必要となります。チケットを紛失された方、または当日お忘れになった方はご入場できません。
※公演の実施や収容率については政府の方針、感染状況等により判断いたします。
※チケット購入時にご登録の氏名、緊急連絡先等は必要に応じて保健所等の公的機関へ提供させていただく場合がございます。
※チケット購入の際は、必ず<ご来場のお客様へのお願い>に掲載している注意事項をご確認の上、チケットをお求めください。

当日は、政府および自治体等による感染拡大予防のための各種ガイドラインに基づき
感染予防地策を徹底し、お客様により良い公演をお届けできるよう、
また、安心してご来場いただけますよう、出演者・スタッフをはじめ関係者一同、全力で努めてまいります。
ご来場を予定されているお客様におかれましても手洗いおよび咳エチケットの徹底、消毒液のご利用など
感染予防及び拡散防止にご協力いただきますようお願い申し上げます。

コンサート概要

<主催・企画制作>
ビルボードジャパン(阪神コンテンツリンク)

<後援>
米国ビルボード

<出演>
小室哲哉

<ゲストボーカル>
Beverly

<ゲスト奏者>
浅倉大介

<指揮・編曲>
藤原いくろう

<ラテンパーカッション>
小野かほり

<管弦楽>
東京フィルハーモニー交響楽団

プロフィール
イメージ

小室哲哉

1958年11月27日東京都生まれ。音楽家。
音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、編曲家、キーボーディスト、シンセサイザープログラマー、ミキシングエンジニア。1983年、宇都宮隆、木根尚登とTM NETWORKを結成し、1984年に「金曜日のライオン」でデビュー。同ユニットのリーダーとして、早くからその音楽的才能を開花。以後、プロデューサーとしても幅広いアーティストを手がけ、これまで世に生み出した楽曲総数は1,600曲を超える。20曲以上がミリオンセラーを獲得する稀代のヒットメーカー。
日本歴代シングル総売上が作詞/作曲/編曲の全ての分野でTOP5に入る、唯一の存在である。

イメージ

Beverly

アメリカ、フィリピン等の音楽祭で数々の受賞歴を持ち、日本が初めて体感するハイトーンボイスを持つ世界レベルの実力派シンガー。
MISIA、AI、加藤ミリヤなどを手がけたプロデューサーが、偶然耳にしたデモテープによって見出され、日本デビューが決定した。
「I need your love」のMusic Videoは既に630万回再生を超え、iTunes他、各配信サイトで1位を獲得し「レコチョク 年間ランキング2017新人アーティストランキング1位」、さらには「第32回 日本ゴールドディスク大賞 BEST5 NEW ARTIST」を受賞。その活躍は日本国内だけではなく、アリアナ・グランデ「デンジャラス・ウーマン・ツアー」来日公演のサポートアクトへの抜擢や母国フィリピン・マニラにて開催された「ASEAN設立50周年記念晩餐会」に招待されパフォーマンスを披露。世界からも注目が集まっている。

イメージ

浅倉大介

日本の音楽プロデューサー、作曲家、編曲家。貴水博之とのユニットaccessのキーボーディスト。
TM NETWORKのサポートメンバーとして1987年の「Kiss Japan TM NETWORK Tour '87〜'88」からマニピュレーターとして2人で音色の打ち込み・ライブアレンジを施し、小室の描いたセッティング表を基にライブ用の機材の同期システムの構築を担当。1990年から「TM NETWORK RHYTHM RED TMN TOUR」にてサポートキーボーディストを務め、2018年1月には小室哲哉とのユニットPANDORAとしてシングル『Be The One』を、同年2月にはミニアルバム『Blueprint』をリリースしている。

イメージ

藤原いくろう

指揮者、ピアニストとしてステージ出演をしながら、作編曲家としてアーティストへの楽曲提供、国内外の映画・ドラマのサウンドトラック制作など、その活動は多岐にわたる。その幅広い活動の中でも、とりわけオーケストレーションを得意とし、音楽監督としてポップスアーティストのシンフォニックコンサートを数多く手がけ、高い評価を得ている。2022年にはパシフィックフィルハーモニア東京のポップス部門「Pacific Philharmonia Pops Tokyo」エグゼクティブプロデューサーに就任。

イメージ

東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立。日本で最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約160名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督にチョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者にミハイル・プレトニョフを擁する。Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティ コンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会や「渋谷/平日/休日の午後のコンサート」等の自主公演、新国立劇場等でのオペラ・バレエ演奏、『名曲アルバム』『NHKニューイヤーオペラコンサート』『題名のない音楽会』『東急ジルベスターコンサート』『NHK紅白歌合戦』『いないいないばあっ!』などの放送演奏の他、各地学校等での訪問コンサート等により、全国の音楽ファンに親しまれる存在として、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。海外公演も積極的に行い、国内外から高い評価と注目を集めている。2020~21年のコロナ禍における取り組みはMBS『情熱大陸』、NHK BS1『BS1スペシャル 必ずよみがえる~魂のオーケストラ 1年半の闘い~』などのドキュメンタリー番組で取り上げられた。
1989年よりBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

公式ウェブサイト:https://www.tpo.or.jp/
Facebook:/TokyoPhilharmonic/
Twitter:@tpo1911
Instagram:tokyophilharmonicorchestra
Youtube:
@tokyophilharmonicorchestra5039


back to list