CLASSIC

「ソニックシティ オープン30周年記念」INNOVATION OPERA ストゥーパ ~新卒塔婆小町~

ソニックシティ30周年

世界的指揮者、西本智実の総合プロデュースによるINNOVATION OPERAが、
いよいよ2018年冬、大宮公演が実現する。

西本智実指揮による音楽(歌手、合唱、オーケストラ)の組み合わせで上演される新しい演出のオペラが、
ソニックシティ・オープン30周年記念として大宮公演が実現。

公演情報→https://www.sonic-city.or.jp/?p=13374

主催 公益財団法人埼玉県産業文化センター
協力 ビルボードジャパン
※「西本智実x中井美穂によるスペシャルトーク」実施

【NEWS】
◎yahooニュース
日本オケ初の中国招聘コンサートツアー決定!
西本智実が国内でも同プロより公演を指揮!!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00000002-pia-ent

【公演チラシ】 

0828ストゥーパ大宮チラシ・ウラ

SCHEDULE

2018年12月1日(土)14:00開演 大宮ソニックシティ大ホール (JR大宮駅徒歩3分) ※SoldOut 終演

あらすじ

高野山を下り都に向かう若い僧(尾上右近)と、年嵩の従僧(村井國夫)の前に現れたのは
卒塔婆に腰掛ける老婆(佐久間良子)。「仏を象った卒塔婆に腰掛けるとは・・・」
僧が説教するも逆に老婆に論破されてしまう。

老婆はかつてその美貌と知性で数多の殿御を虜にした“小野小町”と名乗るのだった。
やがて、僧と従僧の目に映るその姿は徐々に輝きを増し艶かしく、、、、
次第に“小町”に魅せられてゆく僧。

その様子を傍らで見ていた従僧は、かつて“小野小町”に恋い焦がれ、想い遂げられず息絶えた
我が身に宿る“深草少将”を嘆き、激しく“小町”を責める。

やがて季節や時空さえも狂いだし“小野小町”、“深草少将”、“僧”の情念の世界が繰り広げられる。
そして僧は、悟りへの道を自ら断ち“小町”に呑み込まれてゆく・・・。

PROFILE

西本智実Tomomi Nishimoto

<!--:ja-->西本智実<!--:--><!--:en-->Tomomi Nishimoto<!--:-->

イルミナート芸術監督。

広州大劇院名誉芸術顧問。岸和田市立浪切ホール芸術ディレクター。大阪音楽大学客員教授。松本歯科大学名誉博士。大阪国際文化大使第1号。平戸名誉大使第1号。
東洋文庫ミュージアム諮問委員。
ロシア国立交響楽団、サンクトペテルブルクミハイロフスキー歌劇場で外国人として初めて指揮者ポストに就き、英国ロイヤルフィル始め各国を代表するオーケストラ、歌劇場より招聘。2010年にはカーネギーホールにてアメリカ響を指揮し高い評価を得て、その活動は世界約30カ国に及ぶ。
平城遷都1300年、高野山開創1200年記念演奏会、ラクイラ音楽ホール落成コンサート、「日ブラジル外交関係樹立120周年」記念コンサート、2015年日韓国交正常化50周年記念コンサート、日中平和友好条約締結40周年記念公演等歴史的な演奏会を指揮。2018年末~2019年始、中国主要7都市招聘8公演にイルミナートフィルハーモニーオーケストラを導き成功させる。
2013年より【ヴァチカン国際音楽祭】に招聘され、2014年にはアーノンクール氏と共に【名誉賞】が最年少授与。国家戦略担当大臣より感謝状など受賞多数。
芸術監督として舞台演出した『音舞台 泉涌寺』(MBS放送)は、ニューヨークのUS国際映像祭TV パフォーミング アーツ部門で銀賞を受賞。ワールド メディアフェスティバル ドキュメンタリー芸術番組部門で銀賞を受賞。
芸術監督として制作する各演目は再演が続いている。
2007年ダボス会議を主催する『世界経済フォーラム』のヤング・グローバルリーダーに選出。2015年と2016年G7サミットの海外向けテレビCMに起用。ハーバード大学ケネディ公共政策大学院"エグゼクティブ教育"にアメリカの3つの財団から奨学金研修派遣され修了。

西本智実公式HP  https://www.tomomi-n.com/

Tomomi Nishimoto is the current Artistic Director/Principal Conductor
of the IlluminArt Philharmonic Orchestra.
She concurrently serves as the Music Partner with the Japan Philharmonic Orchestra,
Music Director and the Principal Conductor of the Royal Chamber Orchestra,
and the Visiting Professor at Osaka College of Music (Nishimoto’s Alma Mater) as of 2014.
She also serves as the very first honorary ambassador
of the city of Hirado in Nagasaki Prefecture
and as the Osaka International Cultural Ambassador for the city of Osaka.

After graduating from the Osaka College of Music with a Bachelor of Music in Composition,
she went abroad to study Opera and Symphony Conducting
at the Saint Petersburg State Conservatory in Russia.
She later becomes the first foreigner to serve as the Principal Guest Conductor
for both the State Symphony Orchestra of Russia (Svetlanov Symphony Orchestra)
and the St. Petersburg Mussorgsky State Academic Opera and Ballet Theatre.
While she continues to expand her European activities
through successful performances with ensembles that include:
British Royal Philharmonic Orchestra, Bruckner Orchestra Linz,
Monte Carlo Philharmonic Orchestra, Hungarian State Opera House, the Prague State Opera,
and the Odessa National Academic Theater of Opera and Ballet.
Nishimoto is making her presence known in the United States as well.
She made her American debut by conducting the American Symphony Orchestra at the Carnegie Hall. From 2011 on, she is regularly invited to the Westchester Philharmonic Orchestra in the United States.
Her activities in Asia include performances in Hong Kong, South Korea, and Taiwan,
along with major orchestras within Japan.

Nishimoto has also been invited to perform at numerous music festivals,
including Split Summer Festival, Dubrovnik Summer Festival, Prague Proms, and Vilnius Music Festival.

Recently, Nishimoto has also been experimenting with new genre of music
by taking in traditional aspects of Japanese cultures.
She has already performed a collaboration of opera and traditional Japanese theatre,
as well as the restoration performance of long lost Min'yō tunes.

Aside from music, Nishimoto is active as a member of the Young Global Leader
at the World Economic Forum held in Davos annually.
In 2012, she completed the Harvard Kennedy School’s Executive Education Program
in public leadership as a fully funded fellow.

In November 2013, Nishimoto lead the IlluminArt Philharmonic at the Vatican Music Festival.
Following on this success, she has plans to unfold her activities in Brazil and in Southeast Asia in 2014.

Nishimoto continues to garner worldwide reputations through her global tours and activities.

Official site http://www.tomomi-n.com/

 

佐久間良子

<!--:ja-->佐久間良子<!--:-->

東京都出身。東映第四期ニューフェース。
映画「故郷は緑なりき」でデビュー。「五番町夕霧楼」でサンケイ新聞社シルバースター主演女優賞と京都映画主演女優賞を、「湖の琴」でNHK主演女優賞を受賞。「人生劇場 飛車角」「細雪」ほか、130本以上の映画に出演。
テレビでは「徳川の夫人たち」「皇女和宮」「天璋院篤姫」等、数多くの作品に出演し、特にNHK大河ドラマ「おんな太閤記」では、ねね役で女性初となる主演を務め平均視聴率30%超えで多くの視聴者を魅了した。1982年松尾芸能賞(テレビ優秀賞)受賞。
舞台では初舞台にして4ヶ月のロングランとなった三島由紀夫原作「春の雪」や「桜の園」「椿姫」「長崎ぶらぶら節」等多数 「唐人お吉」では文部省芸術祭賞と菊田一夫演劇大賞を受賞。

趣味の書道では1975年日展に入選、2000年毎日書道展で毎日賞受賞。2008年ニューヨークの日本クラブにて書道展開催、2011年文化庁長官賞。2012年旭日小綬章。

村井國夫

<!--:ja-->村井國夫<!--:-->

1944年9月20日生まれ、佐賀県出身。俳優座養成所を経て、映画、テレビ、舞台などで長年にわたり活躍中。2012年に第19回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。また、『スター・ウォーズ』や『インディ・ジョーンズ』などのハリソン・フォードを中心に声優としても様々な吹き替えを担当。近年の主な出演作として、映画では「美女と野獣」モーリス役吹き替え(17)、『東京喰種トーキョーグール』(17)、TVでは「アンナチュラル」(18/TBS)「リバース」(17/TBS)、「真昼の悪魔」(17/CX)、舞台では「ダブリンの鐘つきカビ人間」(15)、「8月の家族たちAugust:OsageCounty」(16)、「ハムレット」、音楽劇「魔都夜曲」(17)、「戲伝写楽2018」、「砦」主演(18)、などがある。

尾上右近

<!--:ja-->尾上右近<!--:-->

歌舞伎俳優。屋号は音羽屋。1992年、江戸浄瑠璃清元宗家・七代目清元延寿太夫の次男として東京都に生まれ、曽祖父の六代目尾上菊五郎に憧れて幼い頃から歌舞伎俳優を目指す。
7歳の時に歌舞伎座「舞鶴雪月花」の松虫で初舞台。12歳で新橋演舞場「人情噺文七元結」長兵衛娘お久ほかで二代目尾上右近を襲名。名子役と呼ばれた時代から着実に経験を積み、次代を担う実力派の一人として活躍の場を広げ、2018年1月には浄瑠璃方の名跡・七代目清元栄寿太夫を襲名。
歌舞伎俳優と江戸浄瑠璃の太夫を両立させる「前例のない」新たな挑戦を始める。
同年4月、5月はそれぞれ松竹座、御園座でのスーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』にて、市川猿之助とダブルキャストで主人公ルフィとハンコックの二役を演じ好評を博し、7月には、初めての現代劇
「ウォーター・バイ・ザ・スプーンフル」に主演。2015年から毎年続ける自主公演「研の會」も毎度の好評を博し、チケットは即日完売。
母方の祖父は俳優の鶴田浩二。2017年1月と7月に国立劇場奨励賞、2018年1月同優秀賞。同年に松尾芸能賞新人賞を受賞。

イルミナートフィルハーモニーオーケストラIlluminArt Philharmonic Orchestra

<!--:ja-->イルミナートフィルハーモニーオーケストラ<!--:--><!--:en-->IlluminArt Philharmonic Orchestra<!--:-->

ヴァチカン国際音楽祭名誉パートナーオーケストラ。
芸術監督西本智実のもと、受賞歴を多く持つ国内外のオーケストラ首席経験者などの奏者で結成、国籍・国境を超越する既成概念から抜け出した新しいスタイルのオーケストラ。
2013年アジアのオーケストラとして史上初めてヴァチカンで演奏、2014年より毎年ウィーンフィルと共にメインオーケストラとして招聘されており、【ローマ教皇代理ミサ】はヴァチカン放送より約35ヶ国中継されている。 2018年末~2019年始、中国から招聘され主要7都市8公演を成功させる。
京都南座でのオペラ『蝶々夫人』、『泉涌寺音舞台』《国際テレビ賞:2016年US国際映像祭(娯楽:テレビ・パフォーミングアーツ部門銀賞)及び2016年ワールドメディア・フェスティバル(ドキュメンタリー芸術番組銀賞)》、『高野山開創1200年記念法要演奏会』、『帝国ホテル芸術祭』、『平戸市世界遺産記念公演』、『薬師寺世界遺産公演』、「INNOVATION OPERA『ストゥーパ~新卒塔小町』」など、伝統と革新総合芸術を世界へ発信。【日韓国交正常化50周年記念公演】【ベトナムホーチミン劇場公演】アジア諸国の委嘱作品世界初演等々、アジア文化の新しい融合も発信、幅広い活動をしている。 NHK-FM夏季特別番組「長崎 祈りの音色」では、西本指揮イルミナートの演奏が取り上げられ、平成30年度文化庁芸術祭ラジオドキュメンタリー部門で優秀賞を受賞。テレビやCMにも出演多数。

 イルミナート公式HP  http://illuminartphil.com 
イルミナート公式Twitter   https://twitter.com/IlluminArtPhil

写真:新井秀幸

TICKET

チケット価格

S席8,000円 完売  A席7,000円   B席 6,000円 Ys席3,000円(全席指定・税込) 

【ホールメンバーズ特別価格・埼玉県民特別価格(定価の半額)】
S席4,000円 完売  A席3,500円   B席 3,000円 Ys席1,500円(全席指定・税込) 
※未就学児入場不可

一般発売 --------------------------------------------------------------
2018年8月29日(水)AM10:00より発売開始

◆ソニックシティホール  048-647-7722
◆ソニックシティチケットポート  048-647-4001 
--------------------------------------------------------------

お問合せ (公財)埼玉県産業文化センター TEL048-647-7722 (9:00~18:00/日曜・祝日を除く)

DETAIL

 

主催 公益財団法人埼玉県産業文化センター
企画制作 株式会社オフィスTEN
協力 松竹株式会社、ビルボードジャパン
開催日時 2018年12月1日(土) 14:00 開演
※「西本智実x中井美穂によるスペシャルトーク」実施
会場 大宮ソニックシティ 大ホール(JR大宮駅徒歩3分)
芸術監督・脚本・
作曲補・指揮
西本智実
出演

小野小町  佐久間良子
従僧      村井國夫
僧           尾上右近
舞踊      玄玲奈

 管弦楽 イルミナートフィルハーモニーオーケストラ
 合唱 イルミナート合唱団
埼玉県立伊奈学園総合高等学校音楽部
スペシャルトーク 中井美穂
   
ステージ写真
クレジット

撮影:塩澤秀樹(2017年10月1日 富山オーバード・ホール公演)

PHOTOS

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。