CONCERT

billboard classics SNOOPY Premium Symphonic Christmas Concert 2022

フルオーケストラで彩るスヌーピーの聖なる夜のコンサート
シリーズ3年目となる2022年、装いを新たにして
名古屋、東京、西宮にて開催決定!
ゲストボーカルに城田優を迎えて総勢80名が織りなす夢の豪華舞台!

 2020年に「ピーナッツ」生誕70周年を祝して初開催されたこのスヌーピーのコンサートシリーズも今年で3年目を迎えます。上演曲をはじめ特別ゲストスヌーピーのコーナーやスクリーンの映像、オリジナルグッズ販売などプレシャスなメニューも装いを新たにして、2022年のニューバージョンで皆様をお迎えします。3年目の登場となるゲストボーカルの城田優とともに、ピーナッツと馴染みのあるクリスマスソングや、ジャズとクラシックの名曲をたっぷりお楽しみください。

 国内外で活躍する栗田博文率いるフルオーケストラと宮本貴奈ジャズピアノトリオとの華麗でスリリングな競演、そして少年少女合唱団の心洗われる清冽な歌声が会場を夢の世界へと誘います。ピーナッツの世界観に包まれて、温かく穏やかで楽しいクリスマスシーズンの特別な一夜をお過ごし下さい。

グッズ一覧はコチラ

▶コンサートちらしはコチラ

<帝国ホテル大阪とのコラボレーションが決定!>

12/23宿泊限定!
「スヌーピー プレミアム・シンフォニック・クリスマスコンサート2022」西宮公演の鑑賞チケットと、スヌーピーファンに人気の「ドアマン・スヌーピー」ルームの前日宿泊がセットになったセットプランが登場!✨
スヌーピーの世界観に包まれて素敵な夜をお過ごしください✨
受付サイトはコチラ

<上演曲>
「クリスマス・タイム・イズ・ヒア」『スヌーピーのメリー・クリスマス』より
「Not My Father's Son」『キンキーブーツ』より *新曲
「Happy Christmas (War Is Over)」ジョン・レノン *新曲
他、全20曲予定

<リニューアル!スペシャルメニュー>
・特別コーナーにスヌーピーとチャーリー・ブラウンが登場
・コンサートオリジナルのスクリーン映像
・コンサートオリジナルグッズ販売

<SNOOPY公式サイトのコラムに掲載頂きました>
もうすぐ♪クリスマスコンサート!
記事はコチラから

<城田優独占インタビュー公開中>
記事はコチラから
「3年目を迎えるスヌーピーのオーケストラコンサート ゲストボーカルの城田優がPEANUTSの世界を作り上げていく、その想いを語る」

<城田優×宮本貴奈(pf.)対談を公開中>
視聴はコチラから
「どこを切り取っても素敵なコンサート。スヌーピーと一緒にハッピーな癒しをお届けしたい。」

SCHEDULE

2022年12月3日(土) 開場16:00 開演17:00 愛知県芸術劇場大ホール
2022年12月21日(水) 開場17:30 開演18:30 東京文化会館大ホール
2022年12月24日(土) 開場16:00 開演17:00 兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール

MOVIE

DETAIL

主催 【名古屋】ビルボードジャパン(阪神コンテンツリンク)、中京テレビ放送
【東京・西宮】ビルボードジャパン(阪神コンテンツリンク)
企画制作 ビルボードジャパン(阪神コンテンツリンク)
協賛 【西宮】大和ハウス工業株式会社
協力 PEANUTS WORLDWIDE LLC, ソニー・クリエイティブプロダクツ、アミューズ
後援 【名古屋】米国ビルボード、ZIP-FM
【東京・西宮】米国ビルボード
ゲストボーカル 城田優
指揮 栗田博文
ピアノ・音楽監修 宮本貴奈
ドラムス ジーン・ジャクソン
ベース パット・グリン
管弦楽/合唱団 【名古屋】セントラル愛知交響楽団/名古屋少年少女合唱団
【東京】東京フィルハーモニー交響楽団/横浜少年少女合唱団
【西宮】大阪交響楽団/神戸少年少女合唱団
司会 【名古屋・西宮】高木マーガレット
【東京】宮本絢子
 

 

TICKET

チケット

S席 12,000円 (税込・特製プログラム付)
A席 8,500円(税込)

※枚数制限:お1人様各公演1申込のみ最大4枚まで
※未就学児入場不可

--------------

学生席 2,500円

※公演により取扱いプレイガイドは異なります
※枚数制限:お1人様各公演1申込につき1枚まで
※対象:中学生~大学生・専門学校生(社会人学生を除く)
※客席後方の座席になります
※各公演枚数限定となります

----------------------------

一般発売

2022年10月22日(土) 10:00~ 

【名古屋】
ローソンチケット Lコード:43370 ※学生席取り扱い
チケットぴあ Pコード:227-698
イープラス


【東京】
ローソンチケット Lコード:36633 ※学生席取り扱い
チケットぴあ Pコード:227-420
イープラス
キョードー東京 
楽天チケット 

【西宮】
ローソンチケット Lコード:55693
チケットぴあ Pコード:227-420 ※学生席取り扱い
イープラス
CNプレイガイド 

----------------------------

先行発売

■プレイガイド先行(抽選) ※受付終了

ローソンチケット  
チケットぴあ 
イープラス 
キョードー東京 
楽天チケット 
CNプレイガイド 

----------------------------


PEANUTS FRIENDS CLUB会員先行(抽選) ※受付終了
受付期間:9月29日(木)15:00~10月3日(月)23:59
当落確認・入金期間:10月5日(水)15:00〜10月10日(月祝)23:00

----------------------------

■城田優オフィシャルFC「LOVE & PEACE」先行(抽選) ※受付終了
受付期間:9月29日(木)12:00~10月3日(月)23:59
当落確認・入金期間:9月6日(木)15:00〜10月10日(月祝)23:00

----------------------------


■ビルボードライブ法人会員先行(抽選) ※受付終了
受付期間:9月29日(木)15:00~10月3日(月)23:59
当落確認・入金期間:10月5日(水)15:00〜10月10日(月祝)23:00
受付URL:https://l-tike.com/st1/bl-oftk246
※ビルボードライブ法人会員以外の方はお申込みできません。


----------------------------

■ビルボードライブ会員「Club BBL」先行(抽選) ※受付終了
受付期間:9月29日(木)15:00~10月3日(月)23:59
当落確認・入金期間:10月5日(水)15:00〜10月10日(月祝)23:00
受付URL:https://l-tike.com/st1/clubbbl-ticket5511

ClubBBL会員ご登録に関するお問合せ 
ClubBBL事務局:03-3479-4141(当面の間平日12:00~17:00)

----------------------------

■ローソンチケット独占先行(抽選) ※受付終了
受付期間:10月1日(土)15:00~10月5日(水)23:59
当落確認・入金期間:10月7日(金)15:00〜10月11日(火)23:00
受付URL:https://l-tike.com/snoopyxmas/

----------------------------

お問合せ

【名古屋】中京テレビクリエイション 052-588-4477 (平日11:00~17:00)
【東京】キョードー東京 0570-550-799 (平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00)
【西宮】キョードーインフォメーション 0570-200-888 (11:00〜18:00/日・祝休)

----------------------------

◯チケット購入に際しての注意事項


※車椅子をご利用のお客様は、上記【お問合せ】先までお電話にてお問合せください。
※チケットはおひとり様1枚必要となります。チケットを紛失された方、または当日お忘れになった方はご入場できません。
※公演の実施や収容率については政府の方針、感染状況等により判断いたします。
※チケット購入時にご登録の氏名、緊急連絡先等は必要に応じて保健所等の公的機関へ提供させていただく場合がございます。
※チケット購入の際は、必ず<ご来場のお客様へのお願い>に掲載している注意事項をご確認の上、チケットをお求めください。

当日は、政府および自治体等による感染拡大予防のための各種ガイドラインに基づき
感染予防地策を徹底し、お客様により良い公演をお届けできるよう、
また、安心してご来場いただけますよう、出演者・スタッフをはじめ関係者一同、全力で努めてまいります。
ご来場を予定されているお客様におかれましても手洗いおよび咳エチケットの徹底、消毒液のご利用など
感染予防及び拡散防止にご協力いただきますようお願い申し上げます。

PROFILE

城田優

<!--:ja-->城田優<!--:-->

1985年12月26日生まれ   エンターティナー
2003年に俳優デビュー以降、ドラマ、映画、舞台、音楽など幅広いジャンルで活躍。代表作に、ドラマ「ROOKIES」「交渉人〜THE NEGOTIATOR〜」大河ドラマ「天地人」連続テレビ小説「純と愛」「TOKYO MER~走る緊急救命室~」、連続テレビ小説「カムカムエブリバディ」(語り手)、映画「亜人」「新解釈・三國志」「コンフィデンスマン JP 英雄編」等。ディズニー作品の実写版「シンデレラ」、「2分の1の魔法」の日本語吹き替えを担当。
舞台では2010年にミュージカル「エリザベート」で第65回文化庁芸術祭「演劇部門」新人賞、2018年ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』で第43回菊田一夫演劇賞を受賞、2021年ミュージカル「NINE」で第28回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞するなど数々の賞を受賞。2016 年に「アップル・ツリー」で演出家デビュー。演出・主演作品に、2019年版ミュージカル「ファントム」ミュージカル「カーテンズ」、プロデュース作品に、米倉涼子との初舞台共演&共同プロデュースで贈るエンターテインメントショー「SHOW TIME」IMY(山崎育三郎・尾上松也とのユニット)オリジナル舞台作品「あいまい劇場 其の壱『あくと』」がある。現在上演中のミュージカル「キンキーブーツ」にローラ役で出演。「ファントム」の再演が、2019年に続いて城田優演出、主演で2023年夏に決定した。

栗田博文(指揮)

<!--:ja-->栗田博文(指揮)<!--:-->

1988年、第23回東京国際音楽コンクール指揮部門において第1位優勝を果たし、翌年、国内主要オーケストラを指揮しデビュー。1989年に渡欧。同年、第1回アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクール(イタリア)に入賞し国際的な評価を確立。1995年、第1回シベリウス国際指揮者コンクール(フィンランド)の最高位に輝く。同年、フィンランド放送交響楽団より招かれ、ヨーロッパデビューを果たし大好評を博す。国内外の活発な指揮活動とともに、国立音楽大学客員教授を務め、後進の指導にも力を注いでいる。クラシック音楽の古典から現代作品まで、幅広いレパートリーを持つほか、様々なジャンルとのコラボレーションも積極的に行っている。
栗田博文ブログ http://hirofumi-kurita.com/

 

 

宮本貴奈(ピアノ、音楽監修)

<!--:ja-->宮本貴奈(ピアノ、音楽監修)<!--:-->

ピアニスト・作曲家。ジャズ、ポップスから弾き語り、オーケストラまで幅広く活躍。米英20年在住、約30カ国で演奏。
バークリー音大&ジョージア州立大修士卒。エドマンジャズピアノ大会で全米優勝、参加作が米グラミー2部門ノミネート。「アトランタベストジャズ」「 ジョージア州で最も影響力のある女性」他、受賞多数。
2013年帰国、佐藤竹善、八神純子、サラ・オレイン、May J.、小野リサ等と共演。アレンジ・プロデュース、オーケストラ編曲、音楽監督、劇版音楽まで幅広く手がける。国立音大講師。2020年【ワンダフル・ワールド】発表、ミュージックペンクラブ音楽賞全ポピュラー部門最優秀作品賞受賞。

ジーン・ジャクソン/Gene Jackson(ドラムス)

ジーン・ジャクソン/Gene Jackson(ドラムス)

米国ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれ。1979年にボストンのバークリー音楽大学でBranford Marsalis、Cyrus Chestnut, Jeff Wattsなど多くの有名なジャスアイコンと共に学ぶ。ベテランジャズギタリストKevin Eubanksのバンドに参加しながら、1987年にNew Yorkに移り、プロドラマーとしてのキャリアを積み重ねていった。Dave Holland、Christian Mcbride、Andrew Hill、Terence Blanchard、Hugh Masekela、Diane Reevesなど、世界のトップジャズミュージシャンと共演し、数多くの世界ツアーやジャズフェスティバル、150を超えるレコーディングに参加。その中でも注目すべき活動は、1991年のHerbie Hancock & Wayne Shorter Quartet、1993年から2000年までHerbie Hancock Trio&Quartetへの参加である。2018年ジーン・ジャクソンがリーダーを務めるTrio NuYorxのアルバム【Power Of Love】をWhirlwind Recordingsからリリース。現在プリンス・クラウス音楽院(オランダ)と洗足学園で指導にも力を注いでいる。

パット・グリン/Pat Glynn(ベース)

パット・グリン/Pat Glynn(ベース)

米国ニュージャージー州出身。ニューヨークを主な拠点とし約10年間ブロードウェイミュージカルやジャズクラブ(ブルーノート、スモールズ、タウンホール、ビターエンドなど)でサム・リヴァース、ボビー・ヴィントン、シガー・ロスといったアーティスト達と演奏を共にし、キャリアを重ねた。2007年に来日してからは、エディ・ヘンダーソン、エリック・アレキサンダー、松田聖子、今井美樹、八神純子といった国内外のアーティスト達と共演。さらに様々なミュージシャンのレコーディングに参加し活動の場を広げ、自身初のリーダーアルバム【Who`s On Bass】(ピアノ:サイラス・チェスナット、ドラム:カール・アレーン)をリリースした。レイクランド大学ジャパンキャンパスで音楽を教えている。

セントラル愛知交響楽団

<!--:ja-->セントラル愛知交響楽団<!--:-->

1983年に発足。2021年4月に愛知県より認定を受け公益社団法人となる。2019年4月から常任指揮者に名古屋出身の角田鋼亮が就任。定期演奏会、コンチェルトシリーズ、「第九」演奏会等の自主公演の他、バレエ、オペラ等の依頼公演にも数多く出演。独自の構成によるプログラム、幅広いレパートリーを生かした学校公演、演奏者と聴衆の距離を縮めるような室内楽公演にも積極的に取り組んでいる。海外(2007年中国・2009年タイ・2017年韓国)でも公演し成功を収める。2022年度からは「超!有名曲シリーズ」「Wコンチェルトシリーズ」などをスタートし、2023年の40周年に向け意欲的な試みを企画している。

名古屋少年少女合唱団

名古屋少年少女合唱団

1966年創立。1997年スイス・ヌーシャテル国際合唱フェスティバル児童合唱部門1位。2009年CD「お月さまこんばんは」(株)フォンテックより発売。2016年 CD第2作目「わらべうたづくし」(株)フォンテックより発売。2016年 8月創立50周年コンサート開催2022年 1月6日55周年コンサート開催予定。音楽監督:水谷俊二海外遠征として、2003年ラトビア・リガ国際児童少女合唱フェスティバル出演。2013年ロシア・サンクトペテルブルク国際合唱祭、第9回コンペティション出場。現代音楽・民族音楽、両カテゴリーで1位獲得。合わせて聴衆賞受賞。2018年、チェコで行われた第16回ヤングボヘミアプラハ国際青少年音楽祭に出演し1位獲得。2019年7月ゴンドワナ世界合唱祭に招待される。オペラとしては2018年名古屋城天守閣前特設ステージで行われた野外オペラ「トスカ」に出演。
1980年 名古屋市芸術奨励賞受賞
1997年 愛知県芸術文化選奨文化賞受賞

東京フィルハーモニー交響楽団

東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立。日本で最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約160名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督にチョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者にミハイル・プレトニョフを擁する。Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティ コンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会や「渋谷/平日/休日の午後のコンサート」等の自主公演、新国立劇場等でのオペラ・バレエ演奏、『名曲アルバム』『NHKニューイヤーオペラコンサート』『題名のない音楽会』『東急ジルベスターコンサート』『NHK紅白歌合戦』などの放送演奏の他、各地学校等での訪問コンサート等により、全国の音楽ファンに親しまれる存在として、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。海外公演も積極的に行い、国内外から高い評価と注目を集めている。2020~21年のコロナ禍における取り組みはMBS『情熱大陸』、NHK BS1『BS1スペシャル 必ずよみがえる~魂のオーケストラ 1年半の闘い~』などのドキュメンタリー番組で取り上げられた。
1989年よりBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

公式ウェブサイト https://www.tpo.or.jp/
Facebook /TokyoPhilharmonic/
Twitter @tpo1911
Instagram tokyophilharmonicorchestra

横浜少年少女合唱団

<!--:ja-->横浜少年少女合唱団<!--:-->

1965年(昭和40年)8月、みなとヨコハマを代表する合唱団の育成を目的に、当時の横浜市教育委員会や横浜市小・中学校音楽教育研究会の有志によって創立。以来、山下公園に浮かぶ日本郵船氷川丸船内ホールを練習場に、今日まで歌い続けてきた。現在、約100名の団員が所属し、毎週土曜日に練習を続けている。演奏活動は、毎年6月2日の横浜開港記念式典をはじめ、公の機関が主催する行事に参加。秋には、定期演奏会も開催している。また、2009年のサンクトペテルブルグ「春のジャパンフェスティバル」に参加するなど、数年毎に海外公演を行い、中国、ドイツ、カナダ、オーストラリア、ロシア、ハンガリーと交流を深めている。2015年12月には日韓国交正常化50周年記念事業の一環で韓国に招聘され演奏会を行った。そのほか、玉置浩二をはじめとする数々のアーティストライブにもコーラス出演するなど活躍の幅を広げている。
2017年 NHK地域放送文化賞、横浜文化賞受賞

大阪交響楽団

大阪交響楽団
1980年「大阪シンフォニカ-」として創立。初代音楽監督・常任指揮者に小泉ひろしを迎える。 創設者である、永久名誉楽団代表・敷島博子が『聴くものも、演奏するものも満足できる音楽を!』を提唱。いつも聴衆を“熱く”感動させるその演奏は、「魂の叫び」「情熱の音」と評されている。
2001年1月に、楽団名を「大阪シンフォニカ-交響楽団」に、2010年4月「大阪交響楽団」に改称した。
1992年1月にトーマス・ザンデルリンクを音楽監督・常任指揮者に迎え、オーケストラとしての基礎を築いた。その後、曽我大介、大山平一郎、児玉宏、外山雄三の歴代シェフのもと、楽団は大きく発展を遂げてきた。また、2022年4月、新指揮者体制として、山下一史(常任指揮者)、柴田真郁(ミュージックパートナー)、髙橋直史(首席客演指揮者)の3名が就任、さらなる楽団の飛躍が期待されている。
2006年4月、大和ハウス工業株式会社 代表取締役会長 CEO(当時) 樋口武男氏が運営理事長を経て、2018年11月公益社団法人大阪交響楽団理事長に就任。2020年10月に大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長 CEO 芳井敬一氏に理事長をバトンタッチした。
楽団公式ホームページ(https://sym.jp)(2022年4月現在)
©飯島隆

神戸少年少女合唱団

神戸少年少女合唱団

1992年、子ども達の豊かな心と感性を育てるために創立。現在神戸市内にて幼児から高校生までが活動。
ジャズダンスや演技レッスンなどを取り入れ、"歌って踊る合唱団"として様々なコンサートに出演。演奏活動として、2000年より合唱とミュージカルのジョイントコンサートを定期的に開催。多くの創作ミュージカル作品を発表。
2015年より関西二期会と灘区民ホール共同オペラ、「ヘンゼルとグレーテル」「子どもと魔法」「カルメン」「魔笛」「小さな煙突掃除」「パリアッチ」等のオペラに毎年出演。
また「バッハ受難曲」などの宗教曲をはじめ、童謡「はたらく車4」の収録参加、兵庫県立芸術文化センタープロデュース"サウンドシアターX-1"や兵庫県舞台芸術フェスティバルのコンサート参加など、多岐にわたり活動。昨年より小中学校向け合唱のための映像教材の制作にも取り組んでいる。
2022年に創立30周年記念コンサートを開催予定。

高木マーガレット(名古屋、西宮公演司会)

高木マーガレット(名古屋、西宮公演司会)

ハワイ生まれ・テキサス育ち。
国際基督教大学教養学部卒業。
卒論のテーマは、「American Culture in PEANUTS」。
メディア・カルチャー・コミュニケーション学と言語教育学のダブルメジャー。
卒業後はTBS系列の静岡放送でアナウンサーとして入社。
テレビ、ラジオ、イベントの司会などで活躍。
退社後はバイリンガルアナウンサーとして日本と海外で活動の場を広げた。タレント業にプラスしてYouTubeチャンネル「MAGGIE'S CHANNEL #TRENDIFUL」の起ち上げ、SNSマーケティング、英語指導、英語教材監修、アナウンサー試験対策講師も行っている。

宮本絢子(東京公演司会)

宮本絢子(東京公演司会)

J-WAVEのラジオパーソナリティーを中心に、トークショーや大規模イベントの司会、ナレーションやCM声の語り、トークを専門領域に20年以上活躍中。
今を生きる世代と共に悩み、笑い合い、一人一人が本来の自分を生きることをゴールに、
Be YOU! プロジェクトを展開中。Be YOU!ポッドキャストも好評配信中。

https://www.beyou-selfhelp.com

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。