CONCERT

billboard classics
鈴木雅之 Premium Symphonic Concert 2022 featuring 服部隆之 ~DISCOVER JAPAN DX~

ラヴソングの王様、ビルボードクラシックスに初登場。


今年ソロ・デビュー35 周年を迎えた鈴木雅之。
2011年の東日本大震災をきっかけに、“今こそ歌う「日本のうた」再発見”として
カヴァーアルバム『DISCOVER JAPAN』をリリース。
オーケストラ・アレンジ で制作された過去 3 作品の集大成カヴァーベストアルバム
『DISCOVER JAPAN DX』から厳選された楽曲をもとに、同アルバムのサウンドプロデューサーでもある
服部隆之の指揮によるオーケストラ・アレンジでのシンフォニック・ツアーが
現実のものとして開催されることになった。

鈴木雅之の歌声と、服部隆之の生演奏の臨場感。
その場にいないと絶対に味わえないオーケストラ・アレンジをお楽しみいただきたい。

 

SCHEDULE

2022年11月10日(木) 開場17:30 開演18:30 札幌文化芸術劇場 hitaru
2022年11月16日(水) 開場17:30 開演18:30 福岡サンパレス ホテル&ホール
2022年11月22日(火) 開場17:30 開演18:30 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
2022年11月29日(火) 開場17:30 開演18:30 東京文化会館大ホール
2022年12月1日(木) 開場17:30 開演18:30 愛知県芸術劇場大ホール

DETAIL

主催 ビルボードジャパン(阪神コンテンツリンク)
企画・制作 ビルボードジャパン
後援 米国ビルボード、KBC九州朝日放送(福岡)
ソリスト 鈴木雅之
指揮 服部隆之
管弦楽 【札幌】札幌交響楽団
【福岡・名古屋】京都フィル・ビルボードクラシックスオーケストラ
【西宮】大阪交響楽団
【東京】東京フィルハーモニー交響楽団

 

TICKET

チケット

12,000円 (全席指定・税込) ※特製プログラム付き
※枚数制限:お1人様各公演1申込のみ最大4枚まで
※未就学児入場不可

----------------------------

先行発売

■鈴木雅之オフィシャルFC会員先行(抽選)
受付期間:7月1日(金)15:00~7月16日(土)23:59
MASAYUKI SUZUKI official web site

----------------------------

■ビルボードライブ法人会員先行(抽選)
受付期間:7月7日(木)15:00~7月17日(日)23:59
受付URL:https://l-tike.com/st1/bl-oftk144

----------------------------

■ビルボードライブ会員「Club BBL」先行(抽選)
受付期間:7月11日(月)15:00~7月18日(月祝)23:59
受付URL:https://l-tike.com/st1/clubbbl-ticket2274

ClubBBL会員ご登録に関するお問合せ 
ClubBBL事務局:03-3479-4141 (当面の間平日12:0017:00)

●Club BBL会員先行エントリーご希望の皆様へ●
エントリー対象となるClub BBL会員は
2022年7月6日(水)23:59までにご入会が完了された方となります。
https://www.billboard-live.com/pg/membership/index.php/p/membership/m/login

●ご注意ください●
※枚数制限:1公演につき、お1人様4枚まで
※ClubBBL会員年会費のご返金はいかなる場合でも承っておりませんので予めご了承ください。
※座席位置に関してのお問合せはご遠慮ください。

※ビルボードライブ予約センターでのチケット販売はございません
※Aから始まる会員番号は無料のゲスト会員のご登録です。
無料のゲスト会員ではエントリーできませんのでご注意ください。

ClubBBL会員ご登録に関するお問合せ 
ClubBBL事務局:03-3479-4141(当面の間平日12:00~17:00)

----------------------------

■ローチケプレイガイド最速先行(抽選)
2022年7月11日(月)15:00~7月18日(月祝)23:59

----------------------------

■一般プレイガイド先行(抽選)
2022年7月17日(日)15:00~7月27日(水)23:59

----------------------------

一般発売

2022年7月30日(土) 10:00~

----------------------------

注意事項

※未就学児入場不可
※車椅子をご利用のお客様は、下記【お問合せ】先までお電話にてお問合せください。
※チケット購入の際は必ず、こちらに掲載している注意事項をご確認の上、チケットをお求めください。
※チケットを紛失された方、または当日チケットをお忘れになった方はチケットがなければどのような場合でもご入場できません。
※本公演購入時にご登録の氏名、緊急連絡先等は、万が一来場者から新型コロナウイルス感染者が発生した場合など、必要に応じて保健所等の公的機関へ提供させていただく場合がございます。
※収容率は政府の方針、感染状況等により判断いたします。
※公演実施については今後の政府の方針により、変更になる場合もございます。

----------------------------

お問合せ

【札幌】道新プレイガイド https://doshin-playguide.jp/ 0570-00-3871(10:00-17:00 日曜定休)
【福岡】キョードー西日本 http://www.kyodo-west.co.jp/ 0570-09-2424(平日・土 11:00-17:00)
【西宮】SOGO OSAKA http://www.sogoosaka.com/ 06-6344-3326(平日14:00-16:00)
【東京】SOGO TOKYO http://www.sogotokyo.com/ 03-3405-9999(月-土12:00-13:00 / 16:00-19:00)
【名古屋】サンデーフォークプロモーション http://www.sundayfolk.com/ 052-320-9100(全日 12:00〜18:00)

----------------------------

〇新型コロナウイルス感染予防対策について

※収容率は政府の方針、感染状況等により判断いたします。なお収容率100%で実施する場合、前後左右を空けずにお座りいただくことになりますので予めご了承ください。
※公演実施については今後の政府の方針により、変更になる場合もございます。

当日は、政府および自治体等による感染拡大予防のための各種ガイドラインに基づき
感染予防対策を徹底し、お客様により良い公演をお届けできるよう、
また、安心してご来場いただけますよう、出演者・スタッフをはじめ関係者一同、全力で努めてまいります。

ご来場を予定されているお客様におかれましては、
注意事項をご確認の上、チケットをお求め頂いたうえで、
新型コロナウイルス感染拡大予防の趣旨をご理解頂き、手洗いおよび咳エチケットの徹底、消毒液のご利用など
感染予防および拡散防止にご協力いただきますようお願い申し上げます。

ご来場のお客様へご協力のお願いと感染予防対策について

PROFILE

鈴木雅之

鈴木雅之

1980年「ランナウェイ」でシャネルズ、メジャー・デビュー
1983年 ラッツ&スターに改め「め組のひと」などのヒット曲を残す
1986年「ガラス越しに消えた夏」でソロ・デビュー
2011年 第53回輝く!日本レコード大賞「DISCOVER JAPAN」で優秀アルバム賞受賞
2016年 第58回輝く!日本レコード大賞「最優秀歌唱賞」受賞
2017年 第67回芸術選奨文部科学大臣賞(大衆芸能部門)受賞
2019年「ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花」が音楽配信ゴールドに認定
2020年「DADDY ! DADDY ! DO ! feat. 鈴木愛理」令和2年 アニソン大賞受賞。NHK「第71・72回NHK紅白歌合戦2年連続出場
2022年 ソロデビュー35周年記念カヴァー・ベスト・アルバム「DISCOVER JAPAN DX」リリース。
アニメ「かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-」OPテーマ「GIRI GIRI」鈴木雅之 feat.すぅは3期連続での起用となり話題を呼ぶ。

名実ともに「ラヴソングの王様」である

服部隆之

服部隆之

1965年生まれの作曲家。83年にフランスに留学、88年にパリ国立高等音楽院修了。帰国後は作曲家として映画や舞台、TVなどの音楽を手掛ける。映画『蔵』『誘拐』『ラヂオの時間』で、日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞。テレビドラマでは「NHK大河ドラマ新選組!」「NHK大河ドラマ真田丸」「NHK連続テレビ小説すずらん」「王様のレストラン」「HERO」「華麗なる一族」「半沢直樹」等。
映画「GODZILLA 怪獣惑星」「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」、「ドラえもんシリーズ」のほかミュージカル「オケピ!」、NHK教育テレビ「フックブックロー」の音楽担当。

札幌交響楽団

札幌交響楽団

1961年発足。北海道唯一のプロ・オーケストラとして「札響」の愛称で親しまれ、2021年には60周年を迎えた。透明感のあるサウンドとパワフルな表現力は、国内はもとより海外でも評価が高い。例年の年間公演回数は約120回。さらに小編成でのアウトリーチ活動にも積極的に取り組んでいる。海外ではこれまでにヨーロッパ、アメリカ、アジア諸国を訪問し、各地で好評を博した。歴代指揮者には、名誉創立指揮者の荒谷正雄、ペーター・シュヴァルツ、岩城宏之、秋山和慶、尾高忠明、マックス・ポンマー、ラドミル・エリシュカなどがいる。現在、スイス出身の首席指揮者マティアス・バーメルト、名誉音楽監督の尾高忠明、友情指揮者の広上淳一、正指揮者の川瀬賢太郎を擁する。
公式ウェブサイト https://www.sso.or.jp/
©️ Y. Fujii

 

 

京都フィル・ビルボードクラシックスオーケストラ

<!--:ja-->京都フィル・ビルボードクラシックスオーケストラ<!--:-->

近年、サラ・ブライトマンや玉置浩二をはじめとする先鋭的音楽活動が注目されている京都フィルハーモニー室内合奏団を中核に特別編成。

京都フィルハーモニー室内合奏団は1972年に結成。一人一人がソリストの個性派揃いのプロの合奏団。定期公演、特別公演、室内楽コンサート、子供のためのクラシック入門コンサート等を主催すると同時に、各地ホール・教育委員会・鑑賞団体・テレビ・ラジオ・芸術祭等に多数出演している。「クオリティは高く、ステージは楽しく」というポリシーを持った京フィルは、クラシック音楽の他に様々なジャンルの音楽もセンスある編曲を施して演奏し、多くの聴衆を魅了している。

 国内外の演奏家や指揮者と共演する一方、狂言、文楽人形、津軽三味線、尺八等の日本の伝統芸能とのコラボレーションや、俳優、タレント、落語家、漫才師等の異分野との共演も積極的におこない、“挑戦する室内オーケストラ”と大好評を博している。

大阪交響楽団

大阪交響楽団

1980年「大阪シンフォニカ-」として創立。初代音楽監督・常任指揮者に小泉ひろしを迎える。 創設者である、永久名誉楽団代表・敷島博子が『聴くものも、演奏するものも満足できる音楽を!』を提唱。いつも聴衆を“熱く”感動させるその演奏は、「魂の叫び」「情熱の音」と評されている。

2001年1月に、楽団名を「大阪シンフォニカ-交響楽団」に、2010年4月「大阪交響楽団」に改称した。

1992年1月にトーマス・ザンデルリンクを音楽監督・常任指揮者に迎え、オーケストラとしての基礎を築いた。その後、曽我大介、大山平一郎、児玉宏、外山雄三の歴代シェフのもと、楽団は大きく発展を遂げてきた。また、2022年4月、新指揮者体制として、山下一史(常任指揮者)、柴田真郁(ミュージックパートナー)、髙橋直史(首席客演指揮者)の3名が就任、さらなる楽団の飛躍が期待されている。

2006年4月、大和ハウス工業株式会社 代表取締役会長 CEO(当時) 樋口武男氏が運営理事長を経て、2018年11月公益社団法人大阪交響楽団理事長に就任。2020年10月に大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長 CEO 芳井敬一氏に理事長をバトンタッチした。

楽団公式ホームページ(https://sym.jp)(2022年4月現在)


©飯島隆

東京フィルハーモニー交響楽団

東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立。日本で最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約160名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督にチョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者にミハイル・プレトニョフを擁する。Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティ コンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会や「渋谷/平日/休日の午後のコンサート」等の自主公演、新国立劇場等でのオペラ・バレエ演奏、『名曲アルバム』『NHKニューイヤーオペラコンサート』『題名のない音楽会』『東急ジルベスターコンサート』『NHK紅白歌合戦』などの放送演奏の他、各地学校等での訪問コンサート等により、全国の音楽ファンに親しまれる存在として、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。海外公演も積極的に行い、国内外から高い評価と注目を集めている。2020~21年のコロナ禍における取り組みはMBS『情熱大陸』、NHK BS1『BS1スペシャル 必ずよみがえる~魂のオーケストラ 1年半の闘い~』などのドキュメンタリー番組で取り上げられた。
1989年よりBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

公式ウェブサイト https://www.tpo.or.jp/
Facebook /TokyoPhilharmonic/
Twitter @tpo1911
Instagram tokyophilharmonicorchestra

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。