CONCERT

Daiwa House presents
billboard classics
10th Anniversary festival

大和ハウス工業 特別協賛
ビルボードクラシックス
10周年記念フェスティバル開催決定!
~7組のアーティストとオーケストラによる春の祝典~
出演アーティスト 稲垣潤一、尾崎裕哉、CHEMISTRY、小柳ゆき、タケカワユキヒデ、NOKKO、八神純子

時代を超えて輝き続ける名曲の数々を 圧倒的な歌唱と、
壮大で美しいフルオーケストラの演奏で、 心ゆくまでお楽しみください。

-------------------------

公演フライヤーはこちら!

-------------------------

主な上演曲

稲垣潤一 ドラマティック・レイン
尾崎裕哉 卒業(東京)I LOVE YOU(兵庫)
CHEMISTRY You Go Your Way
小柳ゆき あなたのキスを数えましょう 〜You were mine〜
タケカワユキヒデ 銀河鉄道999 (The Galaxy Express 999)
NOKKO フレンズ
八神純子 みずいろの雨

(全14曲 上演時間120分予定。20分休憩含む)

SCHEDULE

2023年3月8日(水) 開場 17:30 開演 18:30 東京芸術劇場 コンサートホール
2023年3月29日(水)開場17:30 開演 18:30 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO 大ホール

MOVIE

DETAIL

主催・企画制作 ビルボードジャパン(阪神コンテンツリンク)
特別協賛 大和ハウス工業株式会社
後援 米国ビルボード
出演

【東京】稲垣潤一、尾崎裕哉、小柳ゆき、タケカワユキヒデ、NOKKO、八神純子
【兵庫】稲垣潤一、尾崎裕哉、CHEMISTRY、タケカワユキヒデ、NOKKO、八神純子

指揮 齋藤友香理
管弦楽 【東京】東京フィルハーモニー交響楽団
【兵庫】大阪交響楽団

 

TICKET

チケット

      8,800円(全席指定・税込)
ペア席 15,000円(全席指定・税込)

※特製プログラム付
※未就学児入場不可

--------------

学生席 3,500円(全席指定・税込)

※公演により取扱いプレイガイドは異なります
※枚数制限:お1人様各公演1申込につき1枚まで
※対象:中学生~大学生・専門学校生(社会人学生を除く)
※客席後方の座席になります
※各公演枚数限定となります


----------------------------


一般発売

2023年1月14日(土) 10:00~

【東京】
ローソンチケット Lコード:75216
チケットぴあ Pコード:233-942 ※学生席取り扱い
イープラス 
キョードー東京
東京芸術劇場ボックスオフィス

【兵庫】
ローソンチケット Lコード:51737
チケットぴあ Pコード:233-472 ※学生席取り扱い
イープラス
CNプレイガイド
兵庫県立芸術文化センターチケットオフィス 

----------------------------

先行発売

■プレイガイド先行(抽選)※受付終了

【東京】
キョードー東京 
チケットぴあ 
イープラス 
ローソンチケット   

【兵庫】
CNプレイガイド(先着) 
チケットぴあ 
イープラス 
ローソンチケット 

----------------------------

■アーティストオフィシャルFC会員先行(抽選) ※受付終了
受付期間:12月19日(月)15:00~12月25日(日)23:59

----------------------------


■ビルボードライブ法人会員先行(抽選) ※受付終了
受付期間:12月22日(木)15:00~12月25日(日)23:59
受付URL:https://l-tike.com/st1/bl-oftk327/
※ビルボードライブ法人会員以外の方はお申込みできません。

----------------------------

■ビルボードライブ会員「Club BBL」先行(抽選) ※受付終了
受付期間:12月22日(木)15:00~12月25日(日)23:59
受付URL:https://l-tike.com/st1/clubbbl-ticket0808/

●Club BBL会員先行エントリーご希望の皆様へ●
エントリー対象となるClub BBL会員は
2022年12月20日(火)23:59までにご入会が完了された方となります。
入会はこちら

●ご注意ください●
※枚数制限:1公演につき、お1人様4枚まで
※ClubBBL会員年会費のご返金はいかなる場合でも承っておりませんので予めご了承ください。
※座席位置に関してのお問合せはご遠慮ください。

※ビルボードライブ予約センターでのチケット販売はございません
※Aから始まる会員番号は無料のゲスト会員のご登録です。
無料のゲスト会員ではエントリーできませんのでご注意ください。

ClubBBL会員ご登録に関するお問合せ 
ClubBBL事務局:03-3479-4141(当面の間平日12:00~17:00)

----------------------------

■ローソンチケット独占先行(抽選) ※受付終了
受付期間:12月22日(木)15:00~12月25日(日)23:59
受付URL:https://l-tike.com/bbcf10th/

----------------------------

お問合せ

【東京】キョードー東京  0570-550-799(11:00~18:00/土日祝10:00~18:00)
【兵庫】キョードーインフォメーション 0570-200-888(11:00~18:00/日祝休)

----------------------------

◯チケット購入に際しての注意事項

※車椅子をご利用のお客様は、上記【お問合せ】先までお電話にてお問合せください。
※チケットはおひとり様1枚必要となります。チケットを紛失された方、または当日お忘れになった方はご入場できません。
※公演の実施や収容率については政府の方針、感染状況等により判断いたします。
※チケット購入時にご登録の氏名、緊急連絡先等は必要に応じて保健所等の公的機関へ提供させていただく場合がございます。
※チケット購入の際は、必ず<ご来場のお客様へのお願い>に掲載している注意事項をご確認の上、チケットをお求めください。

当日は、政府および自治体等による感染拡大予防のための各種ガイドラインに基づき
感染予防地策を徹底し、お客様により良い公演をお届けできるよう、
また、安心してご来場いただけますよう、出演者・スタッフをはじめ関係者一同、全力で努めてまいります。
ご来場を予定されているお客様におかれましても手洗いおよび咳エチケットの徹底、消毒液のご利用など
感染予防及び拡散防止にご協力いただきますようお願い申し上げます。

PROFILE

稲垣潤一

稲垣潤一

1953年7月9日生まれ。仙台市出身。
中学時代から本格的なバンド活動を始める。
高校卒業後、ライブハウス、ディスコ、米軍キャンプなど様々な場所でライブ活動をする中、
ドラムを叩きながらのボーカルというスタイルで注目を浴び、1982年「雨のリグレット」でデビュー。
「ドラマティック・レイン」(1982)や「夏のクラクション」(1983)、「クリスマスキャロルの頃には」(1992)他。
2016年から「コンセプトライブ」を行う。
「男と女」5作の中からセレクトしたアルバム、2019年8月「あの夏の風のように TWO HEARTS TWO VOICES」、2019年11月「オリオン瞬くあの街で TWO HEARTS TWO VOICES」を発売。
デビュー40周年を迎えた2022年1月に、ピアノとのコラボレーションアルバム「Forever Yours Vol.1」、11月に弦楽とのコラボレーションアルバム「Forever Yours Vol.2」、
3月30日には新曲2曲を収録した40周年企画アルバム「稲垣潤一meets林哲司」を発売。
【Twitter】稲垣潤一_Official Staff@JI_hotclub
【稲垣潤一HP】j-inagaki.net/

Photo  by Shin Watanabe

尾崎裕哉

尾崎裕哉

混迷の時代に希望と光を探し、歌を届けることを使命として、独自の存在感で輝き続けるシンガーソングライター。

1989年、東京生まれ。
2歳の時、父・尾崎豊が死去。母と共にアメリカに渡り、15歳までの10年間を米国ボストンで過ごす。慶應義塾大学大学院卒。2016年にDigital 1st Single『始まりの街』をリリース。2020年10月に1stフルアルバム『GOLDEN HOUR』をSMEレコーズより発表。2021年9月「BEHIND EVERY SMILE」発売。
フルオーケストラとの競演によるビルボードクラッシックスコンサート、弾き語りワンマンツアー「ONE MAN STAND」、バンドツアー「INTO THE NIGHT」と多様なスタイルでのライブ活動を行っている。尾崎裕哉オフィシャルサイト www.hiroyaozaki.com
尾崎裕哉がDJを務めるラジオ番組「Night Time Dreamers」はFM COCOLO 毎週木曜21時〜22時放送中。

CHEMISTRY

CHEMISTRY

堂珍嘉邦、川畑要による男性デュオ。オーディションバラエティ番組「ASAYAN」の男子ボーカリストオーディションで選ばれ、ヴォーカルデュオ“CHEMISTRY”としてシングル「PIECES OF A DREAM」で2001年3月7日デビュー。2021年にデビュー20周年を迎え、2022年2月にはベストアルバム「The Best & More 2001~2022」を発売。日本武道館にて20周年記念ライブを敢行するなど20周年イヤーを成功に収め、現在もライブやリリースなど精力的に活動している。

小柳ゆき

小柳ゆき

1999年「あなたのキスを数えましょう~You were mine~」でデビュ-。
同曲は45週連続チャートインするロングヒットを記録。2ndオリジナルアルバム「EXPANSION」はミリオンセラーを記録。
オリジナル作品に加え、カバー作品でもチャート1位を記録し注目を集める。
近年ではオーケストラと共演し、2018年に初のフル・オーケストラ単独公演を開催するなどライブを中心に活動。
2019年に20周年を迎え、デビュー曲を手掛けた中崎英也氏との20年ぶりのタッグが実現し「Prelude」をリリース。
2020年7月に13年ぶりとなるオリジナルアルバム「SPHERE~球宇宙~」をリリース。
2022年8月には19年ぶりのカバーアルバム「RARE TASTY」をリリース。
Eveの「廻廻奇譚」やOfficial髭男dismの「Cry Baby」など話題の楽曲から、浅川マキの「朝日楼」という長年愛される名曲達をカバーした作品となっている。

タケカワユキヒデ

タケカワユキヒデ

1952年10月22日埼玉生まれ。音大教授の父を持ち、5歳からバイオリン、10歳から作曲を始める。1975年、東京外国語大学在学中に全曲英語詞のアルバム「走り去るロマン」でソロアーティストとしてデビュー。 翌76年にゴダイゴ結成。ボーカルと作曲を担当し「ガンダーラ」「モンキーマジック」「銀河鉄道999」「ビューティフルネーム」など、数多くのヒット曲を生む。80年代以降もヒットメーカーとして、アーティストへの楽曲提供や、映画音楽にCMソング・主題歌等を数多く手掛ける。現在は音楽活動の他、エッセイなどの執筆活動、テレビ・ラジオ番組への出演や講演・コンサート活動と幅広く活躍中。
2006年には結成30周年を機にゴダイゴも恒久的再始動を宣言する。

NOKKO

NOKKO

1984年 REBECCAのボーカルとしてデビュー。「フレンズ」がミリオンセラーを記録し一躍トップアーティストとして名を広める。バンド解散後はソロとして活躍し、代表曲となる「人魚」を発表。2015年にはREBECCAが20年ぶりに再結成。横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナでのライブを大成功させ、NHK紅白歌合戦への出場も果たす。以降もソロとして多くの歌番組やイベントなどへの出演を続ける中、2017にはREBECCAとして28年ぶりのライブツアーを開催し、超満員の武道館2days公演含め各地で大熱狂のライブを繰り広げた。また、このツアーの為に制作された新曲「恋に堕ちたら」をREBECCAとして17年ぶりにシングルリリースし話題に。2022年には、REBECCAとしてビルボードライブ東京、横浜および大阪での「Billboard Live 15th Anniversary Premium Live」を開催し、圧倒的な存在感を見せつけた。

八神純子

八神純子

1978年に「思い出は美しすぎて」でのデビュー、「みずいろの雨」「ポーラー・スター」「パープル タウン~ You Oughta Know By Now」など数々のヒット曲を生み出した。一時中断した音楽活動を2011年より再開以来、昨年9月に20作目になるオリジナルアルバム「TERRA — here we will stay」を発表した。全国各地での様々な編成でのコンサート、渋谷Bunkamura オーチャードホールでのスペシャルコンサート「ヤガ祭り」、「キミの街へ」、「Billboard Live」そして、オーケストラとの「Billboard Classics」,「プレミアム・シンフォニックコンサート」などの様々なコンサート活動を続けている。2022年8月には、日本人として初めて、米国にて「Women Songwriters Hall of Fame」に殿堂入りを果たした。

齋藤友香理

齋藤友香理

桐朋学園大学卒業。指揮を黒岩英臣、高関健、梅田俊明の各氏に師事。小澤征爾から指揮研修生に選ばれてSKF松本での《ヘンゼルとグレーテル》でデビュー。
2013 年からドレスデンでG.C.ザンドマン教授に師事。2015 年、ブザンソン国際指揮者コンクールで聴衆賞とオーケストラ賞を同時受賞。その後はリール国立管を指揮し欧州デビューし、ウィーンのトーンキュンストラー管も指揮。バイエルン州立歌劇場のワーグナー《パルジファル》で、K.ペトレンコのアシスタントを務めた。
国内では読売日響、東京響、東京フィル、日本フィル、新日本フィル、群馬響、大阪フィル、日本センチュリー響、大阪響、兵庫県立芸術文化センター管、九州響を指揮。

東京フィルハーモニー交響楽団

東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立。日本で最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約160名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督にチョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者にミハイル・プレトニョフを擁する。Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティ コンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会や「渋谷/平日/休日の午後のコンサート」等の自主公演、新国立劇場等でのオペラ・バレエ演奏、『名曲アルバム』『NHKニューイヤーオペラコンサート』『題名のない音楽会』『東急ジルベスターコンサート』『NHK紅白歌合戦』『いないいないばあっ!』などの放送演奏の他、各地学校等での訪問コンサート等により、全国の音楽ファンに親しまれる存在として、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。海外公演も積極的に行い、国内外から高い評価と注目を集めている。2020~21年のコロナ禍における取り組みはMBS『情熱大陸』、NHK BS1『BS1スペシャル 必ずよみがえる~魂のオーケストラ 1年半の闘い~』などのドキュメンタリー番組で取り上げられた。
1989年よりBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

公式ウェブサイト https://www.tpo.or.jp/
Facebook /TokyoPhilharmonic/
Twitter @tpo1911
Instagram tokyophilharmonicorchestra
Youtube
  @tokyophilharmonicorchestra5039


大阪交響楽団

<!--:ja-->大阪交響楽団<!--:-->

1980年「大阪シンフォニカ-」として創立。初代音楽監督・常任指揮者に小泉ひろしを迎える。 創設者である、永久名誉楽団代表・敷島博子が『聴くものも、演奏するものも満足できる音楽を!』を提唱。いつも聴衆を“熱く”感動させるその演奏は、「魂の叫び」「情熱の音」と評されている。
2001年1月に、楽団名を「大阪シンフォニカ-交響楽団」に、2010年4月「大阪交響楽団」に改称した。
1992年1月にトーマス・ザンデルリンクを音楽監督・常任指揮者に迎え、オーケストラとしての基礎を築いた。その後、曽我大介、大山平一郎、児玉宏、外山雄三の歴代シェフのもと、楽団は大きく発展を遂げてきた。また、2022年4月、新指揮者体制として、山下一史(常任指揮者)、柴田真郁(ミュージックパートナー)、髙橋直史(首席客演指揮者)の3名が就任、さらなる楽団の飛躍が期待されている。
2006年4月、大和ハウス工業株式会社 代表取締役会長 CEO(当時) 樋口武男氏が運営理事長を経て、2018年11月公益社団法人大阪交響楽団理事長に就任。2020年10月に大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長 CEO 芳井敬一氏に理事長をバトンタッチした。
楽団公式ホームページ(https://sym.jp)(2022年4月現在)
©飯島隆

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。