Billboard Classics

Concert informtionコンサート情報

イメージ

billboard classics 中村雅俊 Symphonic Live 2023-2024 ~WHAT’S NEXT~

つぎの景色へ
中村雅俊デビュー50周年に先駆け3年目のシンフォニックライブ開催決定

2021年よりスタートした中村雅俊とフルオーケストラのツアー。昨年2022年は「HARVEST」というサブタイトルを掲げ、実りの秋にふさわしい芳醇な音をフルオーケストラとともに奏でて、ツアーを完走した。3年目となる今年は「WHAT‘S NEXT」と題し、兵庫、東京の2公演を開催する。「われら青春!」で1974年にデビューした中村も、2024年にはデビュー50周年。これだけのキャリアを積んでもなお、次の景色を求めて歩みを進めていく。このシンフォニックライブはそのアニバーサリーへとつながる公演となるに違いない。
また、東京公演が開催される2月1日は、中村の73歳の誕生日。中村にとってもファンにとってもスペシャルな日をぜひ会場で。

◆中村雅俊コメント◆
またこの季節がやって来た。というのが実感です。
本当の季節とは違い、必ずやってくるものとは限らないので、
またパフォーマンスが出来る喜びに浸っています。
歌う事を生業としてから、やっと叶ったフルオーケストラとの出会い!
この出会いに感謝しながら、また歌をしみじみと、そして楽しみながら歌わせていただきます。

BillboardJAPAN News 公開中!

公演スケジュール

2023年12月21日(木) 開場16:15 開演17:00 会場 : 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
2024年2月1日(木) 開場16:00 開演17:00 会場 : すみだトリフォニーホール 大ホール

チケット情報・購入

<料金>
S席 11,000円(税込) 
A席 9,000円(税込)

----------------------------

エリア図面 【兵庫】 【東京】

----------------------------
<先行発売>
■プレイガイド先行(先着)
受付期間:
【兵庫】10月6日(金)~10月17日(火) ※受付終了
【東京】11月11日(土)~11月29日(水)
チケットぴあ
ローソンチケット
イープラス
----------------------------
<一般発売>
【兵庫】2023年10月21日(土)10:00~
【東京】2023年12月2日(土)10:00~ ※受付開始前
チケットぴあ
ローソンチケット
イープラス
----------------------------
<受付終了>
■オフィシャルFC「中村雅俊友の会サイト」先行(先着)
受付期間:
【兵庫】9月15日(金)10:00~10月1日(日)23:59 ※受付終了 
【東京】10月20日(金)10:00~11月7日(火)23:59 ※受付終了
----------------------------
■ビルボードライブ「Club BBL」会員先行(先着)
受付期間:
【兵庫】9月20日(水)15:00~9月24日(日)23:59 ※受付終了
 ※エントリー対象:2023年9月18日(月)23:59までにご入会が完了された方
【東京】10月27日(金)15:00~11月7日(火)23:59 ※受付終了
 ※エントリー対象:2023年10月25日(水)23:59までにご入会が完了された方

https://www.billboard-live.com/pg/membership/index.php/p/membership/m/login
※ClubBBL会員ご登録に関するお問合せ 
 ClubBBL事務局:03-3479-4141(平日12:00~17:00)
※電話番号の前に「186」を付けてダイヤルするなど、電話番号を通知しておかけください
----------------------------
■ローソンチケット独占先行(先着) 
受付期間:
【兵庫】9月25日(月)10:00~10月2日(月)23:59 ※受付終了
【東京】11月2日(木)10:00~11月7日(火)23:59 ※受付終了
受付URL:https://l-tike.com/nakamuramasatoshi-classics/(共通)
----------------------------

【兵庫】サウンドクリエーター 06-6357-4400 (平日12:00~15:00 土日祝休)
【東京】キョードー東京 0570-550-799(11:00~18:00/土日祝10:00~18:00)

◯チケット購入に際しての注意事項
※未就学児入場不可
※車椅子をご利用のお客様は、上記【お問合せ】先までお電話にてお問合せください。
※チケットはおひとり様1枚必要となります。チケットを紛失された方、または当日お忘れになった方はご入場できません。
※必ず公式サイトに掲載の注意事項をご確認の上、チケットをお求めください。
<ご来場のお客様へのお願い:https://billboard-cc.com/notice/>

コンサート概要

<主催・企画制作>
ビルボードジャパン(株式会社阪神コンテンツリンク)

<後援>
米国ビルボード
【兵庫】西宮市

<出演>
中村雅俊

<サポートミュージシャン>
大塚修司

<指揮>
円光寺雅彦

<管弦楽>
【兵庫】兵庫芸術文化センター管弦楽団
【東京】新日本フィルハーモニー交響楽団

プロフィール
イメージ

中村雅俊

1951年、宮城県牡鹿郡女川町生まれ。
1973年、慶應義塾大学在学中、文学座附属演劇研究所に入所。
1974年、NTV「われら青春!」の主役に抜擢されデビュー。
挿入歌「ふれあい」で歌手デビューし、売り上げが100万枚を超える。
今までに連続ドラマ34本を含め、主演作品は100本以上。歌手としてもコンスタントに曲を発表し、現在シングル55枚、アルバム41枚をリリース。デビューから毎年行う全国コンサートも1500回を超える。

イメージ

円光寺 雅彦(指揮)

桐朋学園大学指揮科卒業。指揮を斎藤秀雄氏、ピアノを井口愛子氏に師事。ウィーン国立音楽大学に留学し、オトマール・スウィトナー氏に師事。
1981年9月に帰国後、東京フィルハーモニー交響楽団副指揮者に就任。1986年より同団指揮者となり、1991年3月までその任を務める。その後も1989年より1999年3月まで10シーズンにわたり仙台フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者として、1998年5月より2001年4月まで札幌交響楽団正指揮者として、2011年4月から2019年3月までは名古屋フィルハーモニー交響楽団正指揮者として、数多くの公演をともにしながらオーケストラの飛躍的な発展に貢献してきた。
NHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、広島交響楽団、九州交響楽団をはじめとするほとんどの国内オーケストラ、海外では1992年スメタナホールにおけるプラハ交響楽団定期演奏会への客演をはじめ、1994年BBCウェールズ交響楽団、1995年ノルウェーのベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団、1998年1月フランス・ブルターニュ管弦楽団に客演。深い音楽性と適確な指揮、トークを交えた誰にでも親しめるコンサートで多くの聴衆を魅了している。
近年では玉置浩二、石丸幹二、中村雅俊など各界を代表する歌手たちとのコラボレーションも積極的に行い、「NHK名曲アルバム」「おーいニッポン」「あなたが主役~音楽のある街で」「あなたの街で夢コンサート」「コズミック フロント☆NEXT」等の番組にも定期的に出演するなど、幅広い活躍を続けている。

 

 

イメージ

大塚修司(サポートミュージシャン)

Composer Arranger  Music Producer Keyboards Guitar Voice
10代からバンド活動を始めコンサート活動をする その後スタジオミュージシャンとして色々なアーティストのサポート レコーディングをするようになり25才の時に中村雅俊に出会う。
それから現在まで中村雅俊のサポートを続け楽曲提供、レコーディングアレンジ、 一年も欠かさず開催されるコンサートではMusic Producerとして全てのアレンジを手掛け 中村と二人三脚でコンサートを作り続けている。

イメージ

兵庫芸術文化センター管弦楽団

阪神・淡路大震災からの復興のシンボルとしてオープンした兵庫県立芸術文化センターの専属オーケストラとして2005年9月に設立。楽団員の在籍期間は最長3年。日本をはじめ、ヨーロッパ、アメリカなどでオーディションを行い、世界各地から将来有望な若手演奏家を集め、様々な公演を通じオーケストラ奏者としての経験を積み、優秀な人材を輩出するアカデミーの要素も持つ、世界でも類を見ない新しいシステムのオーケストラである。芸術監督は世界的に活躍する指揮者である佐渡裕が創設時より務め、地元に愛されるオーケストラとして地域に密着した活動を行っている。定期会員数は4,500名を超え、定期演奏会の回数は9回27公演と国内でもトップクラスである。その他、名曲、ファミリー、ポップス等のコンサートや室内楽シリーズ、県内中学1年生を対象とした「わくわくオーケストラ教室」、毎年夏の芸術監督プロデュース・オペラでの演奏など、多彩な活動を展開している。2006年関西元気文化圏賞ニューパワー賞、2011年神戸新聞平和賞、2017年ミュージック・ペンクラブ賞受賞。通称PAC(パック)オーケストラ。
http://hpac-orc.jp

イメージ

新日本フィルハーモニー交響楽団

1972年、小澤征爾、山本直純の「一緒に音楽をやろう!」という掛け声の下、自主運営のオーケストラとして創立。1997年、墨田区に移転。すみだトリフォニーホールを本拠地とし、日常の練習と公演を行うという日本初の本格的フランチャイズを導入。定期演奏会や特別演奏会の他、墨田区の学校の音楽授業、鑑賞教室、福祉施設等での演奏活動等、地域に根ざした演奏活動も精力的に行っている。
1999年、小澤征爾が桂冠名誉指揮者に就任、歴代の指揮者には、初代音楽監督・小泉和裕(1975年~1979年)、第2代音楽監督・井上道義(1983年~1988年)、第3代音楽監督・クリスティアン・アルミンク(2003年~2013年)、第4代音楽監督・上岡敏之(2016年~2021年)。その他、ダニエル・ハーディングがMusic Partner of NJP(2010年~2016年) 、インゴ・メッツマッハーがConductor in Residence(2013年~2015年)を務めた。新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラの音楽監督に久石譲(2004年~)、また新日本フィルのMusic Partner(2020年~)も務めている。受賞歴に2006年第3回三菱信託音楽賞奨励賞、2009年第18回三菱UFJ信託音楽賞、同年第22回ミュージック・ペンクラブ音楽賞等。
2023年4月より佐渡裕が第5代音楽監督に就任。街・ホール・オーケストラが一体となった音楽活動を行う。

公式ウェブサイト:www.njp.or.jp
公式ツイッター:@newjapanphil
公式Facebook:/newjapanphil
公式Instagram: /newjapanphil


写真©大窪道治

back to list