REPORT

TATUYA ISHII PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2016 REPORT~石井竜也30TH ANNIVERSARY~ライブレポート

SCHEDULE

2016年2月11日(木) Bunkamuraオーチャードホール

-石井竜也×オーケストラ、ドラマチックな響きの競演が心の芯を揺らす-

表現とともに日本の音楽シーンの最先端を走ってきた石井竜也。2月11日、石井とフルオーケストラとの競演が日本の都市芸術の中心、Bunkamuraオーチャードホールで実現した。舞台は、石井竜也自作の天使のオブジェがライトアップされた幻想的な空間に変容。その中に、栁澤寿男指揮による東京フィルハーモニー交響楽団が登場。

 まずは、盟友、千住明編曲による石井の代表曲の旋律が重なる序曲がこの演奏会の幕開けを導く。そして、いよいよ石井が登場、『THE WING OF DREAMS~夢の翼~』『Pink ChampagneNight』『LOVELY SMILE』『Party Joke』・・・、石井竜也の世界がオーケストラの多彩な響きの中で新しい生命となって次々と披露される。

「自分が当たり前だと思っていた今までの世界とはまったく別の方向からパンチを食らわされたような、今日の東京フィルの柔らかい演奏 物凄い包容力、感性や技術的なことが、自分の一個一個の鍵から溢れ『最初に戻れ!』と言われたような感じがした」

 『君がいるだけで』、『浪漫飛行』を始めとする、米米CLUBの往年のヒット曲から、ソロのバラード曲『HORIZON』『幻想の理想』『君に戻ろう』等、 全17曲を歌いあげた。舞台上で魅せる、色褪せることなく、限りなく甘く、色気を感じさせる石井竜也の歌声と身体の動き。聴衆は永遠に魅了され続けるかのように酔い、珠玉の作品に宿る生命の輝きを導くかのように歌詞を一言一言、丁寧に歌う石井の姿が観客の心の芯を揺さぶった。そして、栁澤寿男指揮東京フィルハーモニー交響楽団の壮大で華麗な響きの中に生まれる歌声が、石井竜也独特のドラマチックなアートの世界を創出した。

 「音楽ってなんて人を感動させられることができるんだろう。今自分が携わってるんだということを、素直に喜べる、そんな瞬間の連続だった」

最後は石井竜也の往年の大ファンと称する指揮者栁澤寿男との信頼関係による絶妙な空気感、最後に二人で手を繋ぎ、大きく腕を上げた。

「最近いろんな創作活動を行い、自分が音楽家であることを忘れがちだった時期に、今回の機会を与えていただき、後ろから叩かれたような気がした。自分がずっと歌い続けてきた曲が、まったく違う装いで演奏されること、オーケストラの練習と本番の音の違いに驚き、思い知らされた。いろんな意味でいいショックを受けた。今回このような機会をくれたビルボードジャパンと音楽を愛する全てのファンに『ありがとう』と感謝の言葉以外、思いつかない」

この日は、石井竜也の圧倒的な存在感、日本が誇るエンターテイナーであり、シンガーであることをあらためて確信せられた舞台であった。そして、次回は3月2日、世界的クラシック専用ホールとして知られるサントリーホール。日本を代表する指揮者のひとり、大友直人指揮による東京フィルハーモニー交響楽団との共演が実現する。

 

PROFILE

石井竜也

石井竜也

石井竜也 / TATUYA ISHII

茨城県出身。高校卒業後、画家を目指し上京。'85年米米CLUBとしてデビュー。グループの活動を経て、映画監督、各種プロデュース、オブジェ創作などを含め、音楽活動を軸にソロ・アーティストして活動中。

'01年9・11のアメリカ同時多発テロをきっかけに、'02年から愛と平和を願うアート・インスタレーション「GROUND ANGEL」を主宰、'11年の東日本大震災発生からは被災者支援を軸とした活動を行っている。'15年にはアーティスト活動30周年を、今年'17年にはソロデビュー20周年の節目を迎え、新しいことに精力的に挑戦し続けている。

石井竜也オフィシャルサイト https://www.t-stone.com
公式facebook   https://www.facebook.com/tatuyaishii0922/
公式Twitter https://twitter.com/tatuyaishii0922
公式スタッフTwitter https://twitter.com/tatuyaishii_st

栁澤寿男(指揮)

栁澤寿男(指揮)

 旧ユーゴを中心に活動する日本人指揮者。05-07年、マケドニア旧ユーゴ国立歌劇場首席指揮者。07年、国連暫定行政ミッション下のコソボフィル響首席指揮者に就任。同時に、サンクトペテルブルグ響、プラハ響、フラデツクラロヴェ響、西ボヘミア響、サラエボフィル、ベオグラード国立歌劇場、セルビア放送響、アルバニア放送響などに客演。07年、旧ユーゴの民族共栄を願ってバルカン室内管弦楽団を設立。09年、コソボ北部ミトロヴィッツァで国連開発計画、国際安全保障部隊、コソボ警察の尽力を得て開催された民族混成オーケストラによるコンサートは奇跡のコンサートとも言われ、日本の高等学校教科書「世界史A」(実教出版)にも記載されている。10年、ニューヨーク国連総会に付随するイベント「バルカン・リーダーズ・サミット」で演奏。11年、ウィーン楽友協会公演を実現。15年、World Peace Concertをスタートし世界各地でコンサートを行っている。国内では、新日フィル、日フィル、東フィル、東響、都響、シティフィル、札響、仙フィル、群響、名フィル、京響、大フィル、兵庫芸文管、日本センチュリー響、九響、アンサンブル金沢などに客演。現在、バルカン室内管弦楽団音楽監督、コソボフィル響首席指揮者、ベオグラード・シンフォニエッタ名誉首席指揮者、ニーシュ響首席客演指揮者。書籍に「バルカンから響け!歓喜の歌」(晋遊舎)。

©木之下晃

東京フィルハーモニー交響楽団

東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立の日本で最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約130名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督チョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者にミハイル・プレトニョフを擁する。
Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティ コンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会を中心とする自主公演、新国立劇場等でのオペラ・バレエ演奏、『NHKニューイヤー・オペラコンサート』、NHK『名曲アルバム』、テレビ朝日『題名のない音楽会』、テレビ東京『東急ジルベスターコンサート』などの放送演奏により全国の音楽ファンに親しまれる存在として、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。
海外公演も積極的に行い、近年では2014年3月のアジア・欧米6か国を巡るワールド・ツアー、そして2015年12月には日韓国交正常化50周年を記念してチョン・ミョンフン指揮のもとソウルと東京の2都市でソウル・フィルハーモニー管弦楽団と合同で「日韓友情『歓喜の第九』」演奏会を行い、国内外の注目を集めた。
1989年からBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。また東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市および公益財団法人長岡市芸術文化振興財団と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

公式ウェブサイト http://www.tpo.or.jp/
公式Facebook https://www.facebook.com/TokyoPhilharmonic
公式twitter https://twitter.com/tpo1911

 

DETAIL

主催・企画制作 ビルボードジャパン、東京フィルハーモニー交響楽団
 制作協力 Z+music
 後援 米国ビルボード,TOKYO FM、ニッポン放送
 開催日時/会場 2016年2月11日(祝・木) Bunkamuraオーチャードホール 18:00開演
★次回公演
2016年3月2日(水) サントリーホール 19:00開演
2016年4月24日(日) 東京文化会館大ホール 18:00開演
 出演 石井竜也
 音楽監修 大友直人
 指揮 大友直人(3月・4月公演)、栁澤寿男(2月公演)
 管弦楽 2月公演:東京フィルハーモニー交響楽団
3月公演:東京フィルハーモニー交響楽団
4月公演:東京フィル・ビルボードクラシックスオーケストラ
   
   

PHOTOS

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。