CLASSIC

INNOVATION OPERA ストゥーパ ~新卒塔婆小町~

世界的指揮者、西本智実。 西本の総合プロデュースによるINNOVATION OPERA『ストゥーパ~新卒塔婆小町~』が、

世界初演(2017年10月)を経ていよいよ今春、東京公演が実現する。
名優、佐久間良子、そして俊英、中山優馬、青山達三ら俳優陣の演劇と、
西本智実指揮による音楽(歌手、合唱、オーケストラ)の組み合わせで上演される新しい演出のオペラが誕生する。

能の名作「卒塔婆小町」を題材に西本が脚色した革新的オペラ「ストゥーパ」。
従僧の小町への悲恋は、老女小町をみるみる若返らせ、二人は永遠の時の狭間を彷徨う。
やがて若い僧も小町に激しい恋心を抱いてゆく…。
虫の声や和楽器の音も西洋楽器で奏でる東洋と西洋の融合や、
輪廻転生を表現すべく小町が時間を逆行してゆく様など、西本演出の幽玄な世界はまさにイノベーションと言える。

 西本演出による2014年京都南座のオペラ「蝶々夫人」、2015年京都泉涌寺音舞台、井上八千代の舞による「ボレロ」に続き、
 600年の伝統に息づく能と西洋音楽の融合に挑む「ストゥーパ」が新しい舞台芸術の可能性を示す。
※「ストゥーパ」=サンスクリット語で“卒塔婆”の語源

※各公演「西本智実x中井美穂によるスペシャルトーク」実施

 

【公演チラシ】 

本チラシ-オモテ本チラシ-ウラ

◆NEWS◆
西本智実氏が芸術監督兼首席指揮者をつとめる
「イルミナートフィルハーモニーオーケストラ」と「イルミナート合唱団」が、2017年12月23日付けで、
ヴァチカンの音楽財団より 【ヴァチカン国際音楽祭 名誉パートナーオーケストラ&合唱団】の称号が授与されました。

 

 

 

 

SCHEDULE

2018年4月21日(土)昼公演13:00開演 夜公演17:00開演
東京文化会館 大ホール(JR上野駅公園口徒歩1分) ※終演

あらすじ

諸国遍歴の修行僧の前に現れたのは、卒塔婆に腰掛ける老婆(佐久間良子)。
「仏を象った卒塔婆に腰掛けるとは・・・」
僧(中山優馬)と従僧(青山達三)が説教するも逆に老婆に論破されてしまう。
老婆はかつてその美貌と知性であまたの殿御を虜にした名高き“小野小町”と名乗るのだった。
やがて、僧の目に映る老婆は次第に輝きを増し艶かしく・・・

小野小町と僧の運命的な悲恋の物語が、管弦楽と歌声の響きのなかで綴られる。

PROFILE

西本智実

西本智実

 イルミナート芸術監督兼首席指揮者、ロイヤルチェンバーオーケストラ音楽監督兼首席指揮者、日本フィルミュージックパートナー。岸和田市立浪切ホール芸術ディレクター。大阪音楽大学客員教授、松本歯科大学名誉博士。平戸名誉大使第1号、大阪国際文化大使第1号。
 名門ロシア国立響及び国立歌劇場で指揮者ポストを外国人で初めて歴任、世界約30ヶ国の名門オーケストラ、名門歌劇場、国際音楽祭より指揮者として招聘。2013年よりヴァチカン国際音楽祭に毎年招聘され、2014年にはヴァチカンの音楽財団より【名誉賞】が最年少で授与。国家戦略担当大臣より感謝状、出光音楽賞など 受賞多数。
 2004年『Newsweek JAPAN』「世界が尊敬する日本人100人)」に選出、2007年ダボス会議のヤンググローバルリーダーに選出。2015年エルマウ(ドイツ)・2016年伊勢志摩G7サミットに向け、日本政府が海外へ日本国を広報するテレビCM及び日本国政府公式英文広報誌に国際的に活躍している日本人として起用。ハーバード大学院(ケネディスクール)"エグゼクティブ教育"にアメリカの3つの財団より奨学金研修派遣され修了。
 BSジャパン「ミステリアス・ジャパン」(毎週土曜 朝7:30~放送)のナビゲーター、音楽・指揮を務めている。NHKラジオ第一『NHKマイあさラジオ「サタデーエッセー」』レギュラーゲスト。

西本智実公式HP http://www.tomomi-n.com/
写真:塩澤秀樹

佐久間良子

佐久間良子

東京都出身。東映第四期ニューフェース。
映画「故郷は緑なりき」でデビュー。「五番町夕霧楼」でサンケイ新聞社シルバースター主演女優賞と京都映画主演女優賞を、「湖の琴」でNHK主演女優賞を受賞。「人生劇場 飛車角」「細雪」ほか、130本以上の映画に出演。
テレビでは「徳川の夫人たち」「皇女和宮」「天璋院篤姫」等、数多くの作品に出演し、特にNHK大河ドラマ「おんな太閤記」では、ねね役で女性初となる主演を務め平均視聴率30%超えで多くの視聴者を魅了した。1982年松尾芸能賞(テレビ優秀賞)受賞。
舞台では初舞台にして4ヶ月のロングランとなった三島由紀夫原作「春の雪」や「桜の園」「椿姫」「長崎ぶらぶら節」等多数 「唐人お吉」では文部省芸術祭賞と菊田一夫演劇大賞を受賞。

趣味の書道では1975年日展に入選、2000年毎日書道展で毎日賞受賞。2008年ニューヨークの日本クラブにて書道展開催、2011年文化庁長官賞。2012年旭日小綬章。

中山優馬

中山優馬

大阪府出身。


2008
4NHK連続テレビドラマ「バッテリー」にてドラマ初出演にして初主演。
「サマーなら笑って踊けてJohnnys SUMMARY 2008」で初舞台を踏む。
20097月に中山優馬w/B. I. ShadowNYC (NYC boys)として【悪魔な恋】でCDデビュー。
同年「NYC boys」でNHK紅白歌合戦に出場。12年ソロデビューを果たす。
以降、音楽、テレビドラマや映画、舞台に多数出演し幅広く活躍している。
近年の主な出演作に、映画「ホーンテッド・キャンパス」(16)、
ドラマ「連続ドラマW 北斗—ある殺人者の回心」(17WOWOW)、
舞台「ABKAI 2017〜石川五右衛門外伝〜」(17)など。

 今後、20182月・3月に舞台「Endless SHOCK」への出演を控えており、
20183月には映画「曇天に笑う」の公開が予定されている。

青山達三

青山達三

1945年兵庫県出身 劇団青俳、現代人劇場を経て、幅広く活躍。

主な出演作:「鹿鳴館」「元禄港歌」「リチャード三世」「NIHNAGAWAマクベス」「パーマ屋すみれ」「十二夜」「るつぼ」「夏の夜の夢」「カリギュラ」「お気に召すまま」「屋根の上のヴァイオリン弾き」

イルミナートフィルハーモニーオーケストラ

イルミナートフィルハーモニーオーケストラ

ヴァチカン国際音楽祭名誉パートナーオーケストラ。
芸術監督西本智実のもと、受賞歴を多く持つ国内外のオーケストラ首席経験者などの奏者で結成、国籍・国境を超越する既成概念から抜け出した新しいスタイルのオーケストラ。
2013年アジアのオーケストラとして史上初めて【ヴァチカン国際音楽祭】【枢機卿ミサ】で演奏。2014年より毎年ウィーンフィルと共にメインオーケストラとして招聘されている。
京都南座ではオペラ『蝶々夫人』全幕を京都の芸舞妓衆と共演、泉涌寺音舞台、高野山開創1200年記念法要演奏会、帝国ホテル芸術祭等、各地の伝統芸能との新しい融合により日本文化を世界へ発信。2015年日韓国交正常化50周年記念の公演、アジア諸国の作品世界初演、2017年には文化融合作品 INNOVATION OPERA「ストゥーパ~新卒塔婆小町~」を制作初演し2018年の再演も決定している。テレビやCMにも出演多数。

イルミナート公式HP  http://illuminartphil.com 
イルミナート公式Twitter   https://twitter.com/IlluminArtPhil   
写真:新井秀幸

TICKET

チケット価格

S席8,800円 A席7,800円   B席 6,800円(全席指定・税込) 
※未就学児入場不可
一般発売 --------------------------------------------------------------
2018年2月17日(土)AM10:00より発売開始

◆劇場窓口(座席選択可)
・東京文化会館チケットサービス 10:00~19:00(休館日を除く)

◆インターネット(座席選択可)
チケットぴあ (Pコード:103-770)
ローソンチケット (Lコード:74713)
イープラス  

◆電話受付
・東京文化会館チケットサービス(オペレーター対応/座席選択可)
 03-5685-0650(10:00~18:00)
・チケットぴあ(自動音声/座席選択不可)0570-02-9999(Pコード:103-770)
・ローソンチケット(自動音声/座席選択不可)0570-084-003(Lコード:74713)
---------------------------------------------------------------

お問合せ  03-3593-3221(平日11:00~18:00)

DETAIL

 

主催 ビルボードジャパン、オフィスTEN
企画制作 オフィスTEN
開催日時 2018年4月21日(土) 昼公演13:00 開演(12:15開場)
           夜公演17:00 開演(16:15開場)
※各公演「西本智実x中井美穂によるスペシャルトーク」実施
会場 東京文化会館 大ホール(JR上野駅公園口 徒歩1分)
芸術監督
台本・指揮
西本智実
出演

小野小町  佐久間良子
僧           中山優馬
従僧      青山達三
舞踊      玄玲奈
公達      テノールI 杉江恭輔
      テノールII 濱田翔
      バスI   小仁所良一
      バスII   石井基幾

 管弦楽 イルミナートフィルハーモニーオーケストラ
 合唱 イルミナート合唱団
スペシャルトーク 中井美穂
   
   
ステージ写真
クレジット

撮影:塩澤秀樹(2017年10月1日 富山オーバード・ホール公演)

PHOTOS

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。