REPORT

Salyu with 小林武史 Premium Symphonic Concert 東京公演によせて

SCHEDULE

東京:2015年10月12日(祝・月) Bunkamuraオーチャードホール 17:00開演(16:00開場)

Salyu&小林武史×フルオーケストラ、
さらに深化した音楽世界を創出した東京公演を終えた二人が、
コンサートに寄せたコメントを発表。

「Salyu with 小林武史 Premium Symphonic Concert」
10/12 Bunkamuraオーチャードホールにて、ソールドアウトとなった東京公演が開催された。
指揮者、栗田博文と東京フィルハーモニー交響楽団という名手らとの競演によって、初演の西宮公演からさらに進化した音楽世界を創出。
約2000人の観客を魅了した2人が東京公演を終えコメントを発表した。

◆◇◆◇◆◇◆◇

【Salyuコメント】

オーケストラとの共演。
今日までに兵庫、東京と、二回の舞台を踏ませていただきました。
この新たな音楽体験に刺激を受けて、心が弾むような精神的充実を実感しています。
同時に、この得がたい貴重な機会を与えてくださったBillboard Classicsの皆様へ感謝の想いでいっぱいです。

先日10月12日の東京公演では、実は
私の誕生日がその翌日に迫っていたのですが、本番の舞台にて、東京フィルハーモニー交響楽団の皆様から即興によるバースデーソングの演奏を頂戴しました。このような温かいお心遣いが、私の心にはクラシックとポップスという分野の壁をほぐしてくださっているかのように映りました。マエストロ、そして楽団の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

この共演も、残り一公演。
ここで歌う喜びを噛みしめながら、音楽の美しさ、楽しさを追求する舞台としていきたいと思います。
是非ご来場ください。

【小林武史コメント】

とにかくあと1本で終わってしまうというのが、残念であり勿体ないという気がしております。
それくらいSalyuの歌声、編曲を駆使したオーケストラと、そして一応僕が作ってきた楽曲も含めさせてもらって
本当に素晴らしいコラボが実現しているのです。
こうなれば最終日の川崎も思う存分楽しまさせていただきます。

◆◇◆◇◆◇◆◇

最終公演となる次回の会場はミューザ川崎シンフォニーホール。
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者兼芸術監督を務める、現代最高の指揮者サイモン・ラトルより
「世界屈指の音響を誇る名ホール」と評された会場で、名門東京フィルハーモニーオーケストラを指揮するのは山下一史。
かのカラヤンのアシスタントを務めた経験のある、現代日本を代表する指揮者のひとりである山下が、
Salyu、小林武史と組み、ファイナルステージでどのような音楽を生み出すのか注目が高まる。

 ◆◇◆ 次回公演 ◆◇◆ 
川崎:2015年10月24日(土) ミューザ川崎シンフォニーホール 17:00開演(16:00開場)

PHOTOS

PROFILE

Salyu

Salyu

2000年4月、Lily Chou-Chouとしてデビューを果たし、彼女の歌が全編にフィーチャーされた岩井俊二監督作品、映画『リリイ・シュシュのすべて』が公開される。2003年には映画「kill bill」で、「回復する傷」がタランティーノ監督の強いリクエストにより劇中歌として採用される。2004年、日本を代表する音楽プロデューサー小林武史プロデュースのもとSalyu としてデビュー。圧倒的な表現力と深みのある独特の歌声で作品を多数発表し、2006年にはBank Band with Salyuとして「to U」をリリース。Mr.Children桜井和寿とのデュエットで、圧倒的な声の存在感が注目を集める。2008年には日本武道館にて単独公演を成功。2011年にはCornelious(小山田圭吾)との共同プロデュースによる『s (o)un(d)beams』をsalyu × salyu名義で発表。国内外問わず多くの音楽ファン、クリエーターから注目されると共に、前衛的な作品が海外からも注目を集め、ロンドン、バルセロナ、バンコク、オーストラリアと海外公演やフェスに多数出演を果たし、大きな話題となる。2014 年には台湾、香港公演を行い両公演ともにソールドアウト。アジア圏からの注目度も高い。2018年には13年ぶりにBank Band with Salyu名義で「MESSAGE-メッセージ-」を発表。2019年2月には3度目となるフルオーケストラコンサート「billboard classics Salyu with 小林武史 premium symphonic concert 2019」を開催し、話題を集める。
HP http://salyu.jp/
Instagram
http://www.instagram.com/salyu_official/

小林武史

小林武史

音楽家。日本を代表する数多くのアーティストのレコーディング、プロデュースを手がける。映画音楽においても、その突出した世界観によって数々の作品を生み出す。映画と音楽の独創的コラボレーションで知られる「スワロウテイル」「リリイ・シュシュのすべて」では、ジャンルを越えた活動を展開。

2003年に非営利団体「ap bank」を設立し、自然エネルギーや食の循環を目指していく試みなど、さまざまな活動を行っている。2011 年の東日本大震災からは被災地での復興支援活動へ注力し、その発展形として 2017 年にアートと音楽と食の総合祭 “ Reborn-Art Festival ”を宮城県石巻市でスタートさせている。

http://www.reborn-art-fes.jp

栗田博文(指揮)

栗田博文(指揮)

1988年、第23回東京国際音楽コンクール指揮部門において第1位優勝を果たし、翌年、国内主要オーケストラを指揮しデビュー。1989年に渡欧。同年、第1回アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクール(イタリア)に入賞し国際的な評価を確立。1995年、第1回シベリウス国際指揮者コンクール(フィンランド)の最高位に輝く。同年、フィンランド放送交響楽団より招かれ、ヨーロッパデビューを果たし大好評を博す。国内外の活発な指揮活動とともに、国立音楽大学客員教授を務め、後進の指導にも力を注いでいる。クラシック音楽の古典から現代作品まで、幅広いレパートリーを持つほか、様々なジャンルとのコラボレーションも積極的に行っている。
栗田博文ブログ http://hirofumi-kurita.com/

東京フィルハーモニー交響楽団

東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立の日本で最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約130名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督チョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者にミハイル・プレトニョフを擁する。
Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティ コンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会を中心とする自主公演、新国立劇場等でのオペラ・バレエ演奏、『NHKニューイヤー・オペラコンサート』、NHK『名曲アルバム』、テレビ朝日『題名のない音楽会』、テレビ東京『東急ジルベスターコンサート』などの放送演奏により全国の音楽ファンに親しまれる存在として、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。
海外公演も積極的に行い、近年では2014年3月のアジア・欧米6か国を巡るワールド・ツアー、そして2015年12月には日韓国交正常化50周年を記念してチョン・ミョンフン指揮のもとソウルと東京の2都市でソウル・フィルハーモニー管弦楽団と合同で「日韓友情『歓喜の第九』」演奏会を行い、国内外の注目を集めた。
1989年からBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。また東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市および公益財団法人長岡市芸術文化振興財団と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

公式ウェブサイト http://www.tpo.or.jp/
公式Facebook https://www.facebook.com/TokyoPhilharmonic
公式twitter https://twitter.com/tpo1911

 

DETAIL

   
主催  ビルボードジャパン
後援 米国ビルボード

企画制作

ビルボードジャパン、東京フィルハーモニー交響楽団

開催日時
会場

東京:2015年10月12日(祝・月) Bunkamuraオーチャードホール 17:00開演(16:00開場) 
出演 Salyu、小林武史
指揮 栗田博文
管弦楽 東京フィルハーモニー交響楽団
   

TICKET

チケット料金  7,800円(全席指定・消費税込) 
 ※特製プログラム付
 ※未就学児童入場不可

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。