CLASSIC

西本智実指揮 組曲「宿命」~映画『砂の器』公開40周年記念~  待望の東京公演、再び!

音楽の多様な可能性を創出するビルボードジャパンでは、
公益財団法人日本フィルハーモニー交響楽団との共同制作によって、
今秋、日本映画史上の最高傑作のひとつ、映画「砂の器」のテーマ曲、組曲『宿命』の全曲演奏会を開催します。
同公演は、本年3月30日東京及び6月22日大阪公演(両公演とも完売)における大きな反響をうけ、
今春公演と同じく、西本智実指揮日本フィル、ピアノ演奏外山啓介という最高の布陣で開催します。

芥川也寸志監修、菅野光亮氏作曲によるピアノと管弦楽のための組曲『宿命』は、
映画音楽のみならず現代の日本音楽史に輝く名曲として知られています。
本公演ではこの不朽の映画音楽、組曲『宿命』を現代の日本のクラシック音楽界を代表する音楽の担い手(指揮:西本智実、
ピアノ:外山啓一、管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団によって披露します。
また、組曲『宿命』の演奏会は、音楽表現の領域を越え、
映画「砂の器」が描いた父と子の絆と厳しい運命の背景を現代社会に改めて示すものとも考えています。
公開から40年の歳月を経て、なお多くの映画・音楽ファンの記憶に強く刻まれている映画「砂の器」。
本公演の開催は、組曲『宿命』の美しくも哀しい旋律が改めて現代の人々の心に響くものと信じます。

※当日券のお知らせ
当日券のご予約を受け付けます
ミュージックステーション 052-734-3461 ※受付11:00~18:00 土日も受け付けます

SCHEDULE

昭和女子大学人見記念講堂コンサートホール 2014年 11月2日(日) 14:30開場、15:00開演、17:00終演(予定) ※公演当日、CD組曲「宿命」の販売を行います。
当日お買い求めいただいた方には、西本智実さん直筆サイン会と公演ポスターをプレゼントいたします。
お楽しみに!

PROFILE

西本智実

西本智実

 イルミナート芸術監督兼首席指揮者、ロイヤルチェンバーオーケストラ音楽監督兼首席指揮者、日本フィルミュージックパートナー。大阪音楽大学客員教授、松本歯科大学名誉博士。平戸名誉大使第1号、大阪国際文化大使第1号。 名門ロシア国立響及び国立歌劇場で指揮者ポストを外国人で初めて歴任、世界約30ヶ国の名門オーケストラ、名門歌劇場、国際音楽祭より指揮者として招聘。2013年よりヴァチカン国際音楽祭に毎年招聘され、2014年にはヴァチカンの音楽財団より【名誉賞】が最年少で授与。国家戦略担当大臣より感謝状、出光音楽賞など 受賞多数。
 2004年『Newsweek JAPAN』「世界が尊敬する日本人100人)」に選出、2007年ダボス会議のヤンググローバルリーダーに選出。2015年エルマウ(ドイツ)・2016年伊勢志摩G7サミットに向け、日本政府が海外へ日本国を広報するテレビCM及び日本国政府公式英文広報誌に国際的に活躍している日本人として起用。ハーバード大学院(ケネディスクール)"エグゼクティブ教育"にアメリカの3つの財団より奨学金研修派遣され修了。
 BSジャパン毎週日曜日午前10時30分~「ミステリアス・ジャパン」のナビゲーター、音楽・指揮を務めている。

西本智実公式HP http://www.tomomi-n.com/
写真:塩澤秀樹

外山啓介(ピアノ)

外山啓介(ピアノ)

札幌市出身。5才からピアノを始める。 2004年、第73回日本音楽コンクール第1位。併せて増沢賞、井口賞、野村賞、河合賞、聴衆賞を受賞。2006年、東京藝術大学卒業。2008年よりドイツ(ハノーファー音楽演劇大学)留学を経て、2011年東京藝術大学大学院を修了。洗足学園音楽大学非常勤講師。2007年1stアルバム『CHOPIN:HEROIC』をリリース。サントリーホールを始め全国各地で行なわれたデビューリサイタルが完売するなど、新人としては異例のスケールでデビュー。 2008年2ndアルバム『インプレッションズ』のリリースと同時に、全国でリサイタル・ツアーを行ない各地満席。2009年ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団とショパンのピアノ協奏曲を共演。3rdアルバム『ラフマニノフ』をリリース(「レコード芸術」誌特選盤に選出)。2010年、4枚目のアルバム『幻想ポロネーズ』をリリース、同時にショパン生誕200年を記念するオール・ショパン・プログラムでのリサイタル・ツアーを全国で実施。12月31日には「東急ジルベスターコンサート」に出演(テレビ東京系にて全国ネット生中継)。2011年、過去4枚のアルバムから選曲した『外山啓介BEST』を発売し、全国各地でベートーヴェン・プログラムによるリサイタル・ツアーを実施。2012年Kitaraホール(札幌)でのニュー・イヤー・コンサートに出演、リサイタル・ツアーではムソルグスキー「展覧会の絵」をメインにすえたプログラムを全国で展開。2013年フィリアホール(横浜)のニュー・イヤー・コンサートに出演、ベルギーにてフランダース交響楽団定期演奏会に出演しヨーロッパ・デビュー、NHK交響楽団との共演がNHK Eテレにて全国放送される。7月には最新CD『展覧会の絵』をリリース、「レコード芸術」誌特選盤に選出された。 これまでに、NHK交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団、札幌交響楽団、など多くのオーケストラと共演している。植田克己、ガブリエル・タッキーノ、マッティ・ラエカリオ、吉武雅子の各氏に師事。 その繊細で色彩感豊かな独特の音色を持つ演奏は各方面から注目を浴びている。
外山啓介オフィシャルサイト http://www.keisuke-toyama.com

日本フィルハーモニー交響楽団

日本フィルハーモニー交響楽団
1956年6月創立、楽団創設の中心となった渡邉曉雄が初代常任指揮者を務める。当初より幅広いレパートリーと斬新な演奏スタイルで、ドイツ・オーストリア系を中心としていた当時の楽壇に新風を吹き込み、大きなセンセーションを巻き起こした。2011年に創立55周年を迎えている。この歴史と伝統を守りつつ、さらなる発展を目指し、質の高い音楽をお届けする「オーケストラ・コンサート」、音楽との出会いを広げる「エデュケーション・プログラム」、音楽の力で様々なコミュニティに貢献する「リージョナル・アクティビティ(地域活動)」という三つの柱で活動を行っている。ロシアの名匠、首席指揮者アレクサンドル・ラザレフ、桂冠指揮者小林研一郎、正指揮者山田和樹、首席客演指揮者ピエタリ・インキネン、ミュージック・パートナー西本智実を軸に据えた充実した指揮者陣を中心に、さらなる演奏力の向上をめざし、"音楽を通して文化を発信"していく。2011年4月より、聴衆からの募金をもとにボランティア活動「被災地に音楽を」を開始、その数は100公演を超える。 オフィシャル・ウェブサイト http://www.japanphil.or.jp

DETAIL

主催 ビルボードジャパン
企画制作 ビルボードジャパン、日本フィルハーモニー交響楽団
特別協力 松竹株式会社、松竹音楽出版株式会社
開催会場  昭和女子大学人見記念講堂コンサートホール
 開催時期  2014年11月2日(日)開場午後2時半、開演午後3時、終演午後5時(予定)
 指揮  西本智実
 ピアノ  外山啓介
 管弦楽  日本フィルハーモニー交響楽団
 演奏曲 菅野光亮:ピアノと管弦楽のための組曲『宿命』
芥川也寸志:「弦楽器のためのトリプティーク」
ラフマニノフ:前奏曲作品3-2「鐘」、前奏曲作品23-4、ヴォカリーズ(リチャードソン編曲)他

TICKET

本公演は終了しました。

チケット価格 S7800円、A6800円、B 売り切れ 税込(全席指定)
 一般販売

※当日券のお知らせ
当日券のご予約を受け付けます
ミュージックステーション 052-734-3461 ※受付11:00~18:00 土日も受け付けます

9月13日(土)午前10:00~  一般販売

【チケットぴあ】
Pコード:243-369
0570-02-9999 
<Web> http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1440755&rlsCd=001&lotRlsCd=

【イープラス】
<Web> http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002094953P0050004P006001P0030009

【ローソン】
Lコード:32169
0570-084-003
<Web>  http://l-tike.com/
 ※お問合せ:0570-000-777
 ※ローソン・ミニストップ店頭Loppiでの直接購入可能
 ※0570から始まる電話番号は、一部携帯電話、PHS、IP電話、CATV電話からはご
  利用になれません

【カンフェティ】
<web> http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=26153&

【CNプレイガイド】
0570-08-9990
受付時間 年中無休10:00~18:00
<web> http://www.cnplayguide.com/tomomi_n/

 

 お問い合わせ先  ミュージックステーション 052-734-3461 (11:00~18:00 水曜定休)

 

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。