CONCERT

モナコ少年合唱団 日本公演2016日本・モナコ友好10周年記念

地中海の宝石、モナコの少年たちが歌う天上の音楽。

日本との国交樹立10周年の祝祭の舞台で、
世にも美しい憧れの国でグレース公妃の心をとらえたエンジェル・ヴォイスが披露されます。
海の輝きに包まれた天使の歌声が貴方の夏の一夜を彩ります。

◆プログラム
シャルパンティエ:善良で忠実に主にお仕えし
ペルゴレージ:悲しみの母は立っていた、燃え上がらせてください
メンデルスゾーン:おお主よ、汝はわれを見出したまえり
フォーレ:小ミサ曲、アヴェ・ヴェルム・コルプス、子守唄~ドリー組曲より
ロジャース:映画『サウンド・オブ・ミュージック』より 私のお気に入り/ド・レ・ミの歌
ほか(※曲目・曲順は変更になる場合がございます。 )

SCHEDULE

東京:7月22日(金) 19:00開演(18:30開場) 紀尾井ホール ※終演

PROFILE

モナコ少年合唱団

モナコ少年合唱団

 豊かな文化と天国のような風景を持つローマ・カトリックの国モナコ公国の少年合唱団は、世界的に有名なウィーン少年合唱団、パリ木の十字架合唱団と比類なき実力を持つ。その起源は18世紀アントワーヌ1世の治世にまで遡ることができる。1904年にモンシニョール・ペルショが音楽監督を務めるようになって以来、ヨーロッパにおける教会音楽の復活の一躍を担い、またその後はルネッサンス音楽を歌うことによって、ヨーロッパでも有数の合唱団といわれるようになる。1974年にピエール・デュバが音楽監督に任命されると、世界中でツアーをするようになる。それに伴って、メンデルスゾーンの歌曲からシャンソンまでとレパートリーの幅も広がった。特にフランス南部に近いという地理的状況から、フランスものを得意としている。「リトル・シンガーズ・モナコ」と呼ばれ、モナコの国民から愛される少年合唱団は、レニエ3世王子から、モナコの歌う若き文化大使と命名された。試験に合格した8歳以上の少年たち最大36名によって構成される合唱団は年3回のツアーを行っている。これまでにイタリア、スペイン、ドイツ、ポーランド、デンマーク、ベルギー、オランダ、スイス、オーストリア、エジプト、アメリカ、カナダ、日本、韓国、東ティモールなど、30か国以上を訪れている。

TICKET

チケット料金 S:5,500円 A:4,500円 小中学生:3,500円(全席指定・税込)
※小中学生券は、ムジカキアラ、紀尾井ホールチケットセンターのみ取扱いとなります。
※曲目・曲順は変更になる場合がございます。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。
一般チケット販売 チケット販売中
◆チケットぴあ http://ticket.pia.jp/ 0570-02-9999 (Pコード294-407)
◆ローソンチケット http://l-tike.com/ 0570-084-003 (Lコード75441)
◆イープラス http://eplus.jp/monaco
◆紀尾井ホールチケットセンター 03-3237-0061
◆ムジカキアラ 03-6431-8186(平日10~18時)
プレイガイド
先行予約
プレイガイド先行予約は終了しました。
お問合せ ムジカキアラ 03-6431-8186(平日10~18時)

DETAIL

主催 ビルボードジャパン
企画制作 ビルボードジャパン、ムジカキアラ
後援 在日モナコ公国大使館、モナコ政府観光会議局
協力 ピー・エム・シー株式会社
開催日時 2016年7月22日(金) 19:00開演(18:30開場) 
会場  紀尾井ホール
出演 モナコ少年合唱団
音楽監督&ピアノ ピエール・ドゥバ
プログラム シャルパンティエ:善良で忠実に主にお仕えし
ペルゴレージ:悲しみの母は立っていた、燃え上がらせてください
メンデルスゾーン:おお主よ、汝はわれを見出したまえり
フォーレ:小ミサ曲、アヴェ・ヴェルム・コルプス、子守唄~ドリー組曲より
ロジャース:映画『サウンド・オブ・ミュージック』より 私のお気に入り/ド・レ・ミの歌
ほか

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。