REPORT

MISATO WATANABE Premium Symphonic Concert 5/22東京公演レポート

渡辺美里がオーケストラと出逢う日

 2016年5月22日(日)、東京・渋谷のBunkamuraを舞台に、渡辺美里とフルオーケストラの競演、billboard classics「MISATO WATANABE Premium Symphonic Concert」が幕を開けた。
 
 オーチャードホールのステージに東京フィルハーモニー交響楽団の名手たちが席に着くと、マエストロ栁澤寿男が登場、観客の温かい拍手に迎えられ一礼した後に、「序曲」の演奏が厳かに始まる。ストリングスが渡辺美里の代表曲「My Revolution」のテーマを輝かしく演奏し、その後流れるように「エーデルワイス」の耳に親しいメロディが続く。オーケストラのみのオーヴァチュア(「序曲」)が終わり、聴衆の期待が最高潮に高まった瞬間、黒を基調にシックでエレガントな衣装をまとった渡辺美里が舞台へ登壇した。
 
 最初の曲は「My Favorite Things」。管楽器と戯れるように英詩を紡ぎだす美里の声は、ジャズ・スタンダードでもあるこの名曲を時に軽やかに、時に力強く歌い、冒頭から会場に集まった人々を虜にした。続いて「ゴッドファーザー愛のテーマ」。情感たっぷりに歌う美里とオケが、一転してシリアスな大人の音を創出する。赤と紫を交差するように混ぜた、ステージを彩る照明が、ヴィジュアルからも美里の導く映画の世界を完成させる。オーボエの軽やかな音色に導かれてはじまった「素顔」では、指揮の柳澤とコンタクトを取りながら、オーケストラの豊潤な響きをまとった歌を聴衆へと届けていく。
 
 渡辺美里の“My Favorite Songs”(私の好きな歌)と称して構成された本公演第一部、最後を飾った曲は「The Rose」。焦りや苛立ちがつのっていた高校生の頃、すごく励まされた曲で、オーケストラとのコンサートがあれば絶対やりたかったと語る、彼女の想い入れが深い一曲だそうだ。ピアノのイントロから、歌い終わった後の大きな拍手まで、会場が一体となって至福の時を体験した。
 
 休憩をはさみ、オーケストラ演奏によるチャイコフスキー作曲「歌劇エフゲニー・オネーギンよりポロネーズ」。栁澤のしなやかで力強い指揮に導かれ、東京フィルの溌剌とした演奏が繰り広げられる。そのファンファーレから、渡辺美里のオリジナル曲“My Songs”より構成される第二部への期待が高まる。
 
 深紅の衣装に身をつつんだ美里が登場し「10 years」を歌い始める。弦楽器のみをバックにつけ、しっとりと声を響かせると、観客はその歌声に聞き入った。次の「My Revolution -第二章-」では、ゆっくりとしたテンポで彼女の代表曲をやさしく歌い上げる。遠くホルンが響く冒頭から、ストリングスが少しずつ音を上げていき、クライマックスではオーケストラが会場の隅まで響き渡った。指揮の栁澤とぴったりと息の合った歌を聴かせる渡辺美里。静かな余韻を残した数秒後、盛大な拍手がホールをつつんだ。
 
 「パジャマ・タイム」「始まりの詩、あなたへ」と、美里とオーケストラのゴージャスな競演は続く。「今夜がチャンス」では、巧みなオーケストレーションが光るアップテンポの曲で、自然に大きな手拍子が巻き起こり、美里も体でリズムを取って楽しげに声を張り上げて観客へ応えた。色彩豊かな照明が、会場の一体感を高める。
 
 第二部が終了しても、会場の熱気は変わらないまま、大きな拍手に迎えられ、アンコール(「ここから」他)が始まる。
日本ポップス界の先端を走り続け、世代を超えて愛される渡辺美里。昨年30周年を迎え「今年は新しいスタート」と高らかに宣言。美里の大きな未来に向かうステージが、新しいオーケストラとの出逢いの日から始まる。

◆次回公演
[川崎]2016年6月26日(日) ミューザ川崎シンフォニーホール 17:00開演
[大阪]2016年7月8日(金) フェスティバルホール 19:00開演
[大宮]2016年7月28日(木) 大宮ソニックシティ 19:00開演
[横浜]2016年9月24日(土) 横浜みなとみらいホール 大ホール 17:00開演

指揮:大友直人(大阪公演)、栁澤寿男(川崎、大宮、横浜公演)
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団(川崎、大宮、横浜公演)、大阪フィルハーモニー交響楽団(大阪)

PROFILE

渡辺美里

渡辺美里


1985年デビュー。翌年「My Revolution」がチャート1位となり、同年8月女性ソロシンガーとして日本初となるスタジアム公演を、西武スタジアムにて成功させる。以降20年連続公演という前人未到の記録を達成し、渡辺美里の活動の中でも代名詞的な存在となる。2005年西武スタジアムに終止符を打った翌年からは、毎年「美里祭り」と題して様々な都市でライブを開催。
渡辺美里の活動は音楽だけにとどまらず、ラジオのパーソナリティー、ナレーション、2012年、2014年はミュージカル「アリス・イン・ワンダーランド」でハートの女王を演じるなど,様々な分野にチャレンジし続けている。デビュー30周年を迎えたは昨年は47都道府県52公演ツアーを開催。今年1月9日には31年目のスタートとなるライブを横浜アリーナで行った。

栁澤寿男(指揮者)

栁澤寿男(指揮者)

 旧ユーゴを中心に活動する日本人指揮者。05-07年、マケドニア旧ユーゴ国立歌劇場首席指揮者。07年、国連暫定行政ミッション下のコソボフィル響首席指揮者に就任。同時に、サンクトペテルブルグ響、プラハ響、フラデツクラロヴェ響、西ボヘミア響、サラエボフィル、ベオグラード国立歌劇場、セルビア放送響、アルバニア放送響などに客演。07年、旧ユーゴの民族共栄を願ってバルカン室内管弦楽団を設立。09年、コソボ北部ミトロヴィッツァで国連開発計画、国際安全保障部隊、コソボ警察の尽力を得て開催された民族混成オーケストラによるコンサートは奇跡のコンサートとも言われ、日本の高等学校教科書「世界史A」(実教出版)にも記載されている。10年、ニューヨーク国連総会に付随するイベント「バルカン・リーダーズ・サミット」で演奏。11年、ウィーン楽友協会公演を実現。15年、World Peace Concertをスタートし世界各地でコンサートを行っている。国内では、新日フィル、日フィル、東フィル、東響、都響、シティフィル、札響、仙フィル、群響、名フィル、京響、大フィル、兵庫芸文管、日本センチュリー響、九響、アンサンブル金沢などに客演。現在、バルカン室内管弦楽団音楽監督、コソボフィル響首席指揮者、ベオグラード・シンフォニエッタ名誉首席指揮者、ニーシュ響首席客演指揮者。書籍に「バルカンから響け!歓喜の歌」(晋遊舎)。

©木之下晃

東京フィルハーモニー交響楽団

東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立。日本のオーケストラとして最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約140名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。桂冠名誉指揮者はチョン・ミョンフン。2015年4月よりミハイル・プレトニョフを特別客演指揮者に、アンドレア・バッティストーニを首席客演指揮者に迎えた。
Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティ コンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会を中心とする自主公演、レギュラーオーケストラである新国立劇場を中心としたオペラ・バレエ演奏、NHKにおける『ニューイヤー・オペラコンサート』『名曲アルバム』をはじめ、他の放送演奏など、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。
海外公演も積極的に行い、最近では2013年12月韓国・大邱市の招聘による日本から唯一のアジア・オーケストラ・フェスティバル出演、2014年3月にはアジア・欧米6か国を巡るワールド・ツアー、そして2015年12月には日韓国交正常化50周年を記念してチョン・ミョンフン指揮のもとソウルと東京の2都市でソウル・フィルハーモニー管弦楽団と合同で「日韓友情『歓喜の第九』」演奏会を行い、国内外の注目を集めた。
1989年からBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。また東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

公式ウェブサイト http://www.tpo.or.jp/
公式Facebook https://www.facebook.com/TokyoPhilharmonic
公式twitter https://twitter.com/tpo1911

 

DETAIL

主催、企画制作 ビルボードジャパン
開催日時、会場 東京:5月22日(日) Bunkamuraオーチャードホール 17:00開演 ※終演しました。
出演 渡辺美里
指揮 栁澤寿男
管弦楽 東京フィルハーモニー交響楽団

PHOTOS

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。