CONCERT

MISATO WATANABE Premium Symphonic Concert

 

1985年デビュー以来、女性ソロシンガーとして日本初となるスタジアム公演を実現するなど日本ポップスの先端を走り続けてきた渡辺美里
先駆者として時代をリードした渡辺美里の30年は、日本の音楽シーンの軌跡と重なる。
その輝きのなかで、未来を見つめる凛とした美里のスタイルは、珠玉の作品群とともに世代を越えた多くの音楽ファンの心を虜にしてきた。

そして、2016年5月、30年の歳月を越えて新しいフルオーケストラとの競演に挑む。
現代のクラシック界の名手たちによる旋律とともに新しい扉を開く渡辺美里。
初夏の光のなかで響く彼女の歌声は聴衆を明日に向かう夢に導くに違いない。

 

-渡辺美里、フルオーケストラ公演に向けてビデオメッセージを公開 演奏予定曲も発表-
http://www.billboard-japan.com/d_news/

-渡辺美里「横浜音祭り2016」への意気込みを語る!(28.4.12記者発表会)-
https://www.youtube.com/watch?v=jsbzwTrswgA
(横浜音祭り2016ホームページhttp://yokooto.jp/)

<演奏曲目>
「10 years」、「My Revolution-第2章-」、「パジャマタイム」「今夜がチャンス」「サマータイムブルース」、
「My Favorite Things」(映画 サウンド・オブ・ミュージック より)、「素顔」(映画 Fより)
「夢やぶれて」(ミュージカル レ・ミゼラブルより)、「The Way We Were」(映画 追憶 より)

 

SCHEDULE

東京:5月22日(日) Bunkamuraオーチャードホール 16:00開場、17:00開演 ※終演
川﨑:6月26日(日) ミューザ川崎シンフォニーホール 16:00開場、17:00開演 ※終演
大阪:7月08日(金) フェスティバルホール 18:00開場、19:00開演 ※終演
大宮:7月28日(木) 大宮ソニックシティ 18:00開場、19:00開演 ※終演
横浜:9月24日(土) 横浜みなとみらいホール 大ホール 16:00開場、17:00開演 ※終演

美里、40代最後はオーケストラの響きの中で。~そして、真夏の祝祭の舞台へ~

7月8日、大阪・フェスティバルホール。ホールに降り注ぐオーケストラサウンドのなか、渡辺美里の渾身の熱唱が観客を魅了した「渡辺美里プレミアム・シンフォニック・コンサート」。「My Revolution –第2章-」「10years」「パジャマタイム」など美里の代表作品がオーケストラサウンドとともに披露された。そして、「夢やぶれて(『レ・ミゼラブル』)」、「My Favourite Things(『サウンド・オブ・ミュージック』)」「The Way We Were(『追憶』)」など、美里が自ら選曲した映画、ミュージカルの名曲を歌い上げた。デビュー30周年を超えた美里の新しい舞台に惜しみない拍手が続いた。

実はこのコンサートは渡辺美里にとって40代最後のコンサート。そのステージの最中、「思い出深いフェスティバルホールで、皆さんとともに40代最後のコンサートを迎えられたことを嬉しく思います」と満面の笑顔で語った。

そして、いよいよ50歳を迎え、美里の新たなる音楽シーンの幕開けとなる”祝祭の美里バースデーコンサート”が開催される。

7月28日、大宮ソニックシティ。美里による”真夏の音楽の祭典”を彷彿させる舞台が誕生する。美里が生まれた季節をテーマとした特別プログラムが実現。季節の中心である夏、その切ない思いを綴る名曲、「サマータイムブルース」がオーケストラの華麗な旋律に導かれて祝祭の舞台を飾る。

真夏の夜、聴衆ひとり一人と思い出と、美里の祝祭の夏の舞台が重なる。今夏、音楽ファンと美里のまさにスペシャルな出会いが、美里の50代ファーストコンサートに誕生する。

MOVIE

PROFILE

渡辺美里Watanabe Misato

<!--:ja-->渡辺美里<!--:--><!--:en-->Watanabe Misato<!--:-->


1985年デビュー。翌年「My Revolution」がチャート1位となり、同年8月女性ソロシンガーとして日本初となるスタジアム公演を、西武スタジアムにて成功させる。以降20年連続公演という前人未到の記録を達成し、渡辺美里の活動の中でも代名詞的な存在となる。2005年西武スタジアムに終止符を打った翌年からは、毎年「美里祭り」と題して様々な都市でライブを開催。
渡辺美里の活動は音楽だけにとどまらず、ラジオのパーソナリティー、ナレーション、2012年、2014年はミュージカル「アリス・イン・ワンダーランド」でハートの女王を演じるなど,様々な分野にチャレンジし続けている。デビュー30周年を迎えたは昨年は47都道府県52公演ツアーを開催。今年1月9日には31年目のスタートとなるライブを横浜アリーナで行った。

大友直人(指揮)

大友直人(指揮)

桐朋学園在学中にNHK交響楽団を指揮してデビュー以来、日本のクラシック音楽界をリードし続けている。これまでに日本フィル正指揮者、大阪フィル専属指揮者、東京交響楽団常任指揮者、京都市交響楽団常任指揮者、群馬交響楽団音楽監督を歴任。現在東京交響楽団名誉客演指揮者、京都市交響楽団桂冠指揮者、琉球交響楽団音楽監督、高崎芸術劇場芸術監督。
国外においてはロイヤルストックホルム管弦楽団、フランス国立ロレーヌ管弦楽団、オーケストラカンヌ、ルーマニア国立放送交響楽団、インディアナポリス響、コロラド響に等に度々招かれており、ハワイ響には旧ホノルル響時代から20年以上にわたり招かれている。
また、東京文化会館の初代音楽監督として東京音楽コンクールの基盤を築いたほか、数々の自主制作の企画を成功に導いた。
小澤征爾、森正、秋山和慶、尾高忠明、岡部守弘らに学ぶ。NHK交響楽団指揮研究員時代にはサヴァリッシュ、ヴァント、ライトナー、ブロムシュテット、シュタインらに学び、タングルウッドミュージックセンターではバーンスタイン、プレヴィン、マルケヴィチらにも指導を受けた。
大阪芸術大学教授。京都市立芸術大学、洗足学園大学各客員教授。

©Rowland Kirishima

栁澤寿男(指揮)

栁澤寿男(指揮)

2005-2007年、マケドニア旧ユーゴ国立歌劇場首席指揮者。
2007年、UNMIK国連コソボ暫定行政ミッション下のコソボフィル響首席指揮者に就任。
同時に、サンクトペテルブルク響、プラハ響、サラエボフィル、セルビア放送響、ベオグラード国立歌劇場、アルバニア放送響等に客演。2007年、バルカン半島(特に旧ユーゴスラヴィア)の民族共栄を願って、バルカン室内管弦楽団を設立。2016年、国連欧州本部総会議場(在ジュネーヴ国際機関日本政府代表部・国連欧州本部主催)で演奏を披露。2019年には、コソボの芸術・文化の発展とバルカン室内管弦楽団を通した地域和平への尽力によりコソボ大統領勲章(文化功労賞)を叙勲される。
日本国内では、新日本フィル、日本フィル、東京フィル、東京都響、東京響、東京シティ・フィル、札幌響、仙台フィル、群馬響、名古屋フィル、京都市響、大阪フィル、日本センチュリー響、関西フィル、兵庫芸術文化センター管、九州響、アンサンブル金沢等に客演。
現在、バルカン室内管弦楽団音楽監督、コソボフィルハーモニー交響楽団首席指揮者、ベオグラード・シンフォニエッタ名誉首席指揮者、東北ユースオーケストラ指揮者、京都フィルハーモニー室内合奏団ミュージックパートナー。著書に「バルカンから響け!歓喜の歌(晋遊舎)」。

©木之下晃

 

 

東京フィルハーモニー交響楽団

東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立。日本のオーケストラとして最古の歴史をもち、メンバー約160名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督チョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者ミハイル・プレトニョフ。自主公演の他、新国立劇場他でのオペラ・バレエ演奏、NHK他における放送演奏など、高水準の演奏活動を展開。また、海外公演も積極的に行い、国内外から高い注目を集めている。
1989年からBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

公式ウェブサイト https://www.tpo.or.jp/
フェイスブック /TokyoPhilharmonic/
ツイッター @tpo1911
インスタグラム tokyophilharmonicorchestra

©上野隆文

 

 

大阪フィルハーモニー交響楽団Osaka Philharmonic Orchestra

<!--:ja-->大阪フィルハーモニー交響楽団<!--:--><!--:en-->Osaka Philharmonic Orchestra<!--:-->

1947年、朝比奈 隆を中心に「関西交響楽団」という名称で生まれ、1950年社団法人化、1960年には改組、現在の名称になった。創立から2001年までの55年間、朝比奈 隆が指揮者を務めた。2003年4月から2012年3月まで大植英次が音楽監督を務め、2012年4月に桂冠指揮者に就任。これまでに、遠山信二、外山雄三、若杉 弘、秋山和慶、手塚幸紀、大友直人等、名指揮者達と専属契約を結んだほか、内外の一流音楽家と共演してきた。
「定期演奏会」は、フェスティバルホールで、年10回、毎回2公演を開催している。また、大阪以外の全国各地域の文化振興にも貢献しており、数回にわたるヨーロッパ、カナダ、アメリカ、韓国、台湾での演奏旅行では各地で絶賛を博した。

TICKET

チケット価格 8,800円(全席指定・税込)
※特製プログラム付
※未就学児童入場不可
一般チケット発売日

横浜公演

◆ヨコオトチケットセンター http://www.kanagawa-geikyo.com/ 045-453-5080 
◆チケットぴあ http://t.pia.jp/ 0570-02-9999 (Pコード:299-159)
◆ローソンチケット http://l-tike.com/ 0570-08-4003 (Lコード:71316)
◆イープラス http://eplus.jp
◆楽天チケット http://r-t.jp
◆キョードー東京 http://kyodotokyo.com/ 0570-550-799

東京、川崎、大阪、大宮公演 ※終演

お問い合わせ先 [東京、川崎、大宮、横浜公演]
キョードー東京 0570-550-799 (平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00) www.kyodotokyo.com 
※HPにおいて、一定の期間におきまして、お問い合わせをSOGO TOKYOと表示しておりましたが、キョードー東京に変更となりました。ご了承ください。

[大阪]
キョードーインフォメーション 0570-200-888 (10:00~18:00) 
www.kyodo-osaka.co.jp

ClubBBL
先行販売
(横浜)
<対象公演>9/24 横浜音祭り2016 
ビルボードライブClubBBL会員先行ローソンチケット抽選受付期間:終了
確認用URL:http://l-tike.com/clubbbl-kn/

■Club BBL会員登録に関するお問合せ
「クラブ・ビー・ビー・エル」事務局 03-3479-4141 (平日10:00~19:00/土日
祝定休)

 ClubBBL
先行販売
(5月~7月公演)
 <対象公演>5月~7月公演
ビルボードライブClubBBL会員先行ローソンチケット抽選受付期間:終了
≪確認用URL≫ http://l-tike.com/clubbbl-ticket11/

DETAIL

主催 ビルボードジャパン
共催 横浜アーツフェスティバル実行委員会(横浜)
企画制作 ビルボードジャパン、東京フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団
後援 米国ビルボード、ニッポン放送、TOKYO FM(東京、川崎、大宮)、
FMヨコハマ(川崎)、NACK5(大宮)、FM COCOLO(大阪)、 MBS(大阪)
開催日時
/会場
[東京]2016年5月22日(日) Bunkamuraオーチャードホール 17:00開演 
[川崎]2016年6月26日(日) ミューザ川崎シンフォニーホール 17:00開演
[大阪]2016年7月8日(金) フェスティバルホール 19:00開演
[大宮]2016年7月28日(木) 大宮ソニックシティ 19:00開演
[横浜]2016年9月24日(土) 横浜みなとみらいホール 大ホール 17:00開演
出演 渡辺美里
指揮  大友直人(大阪公演)、栁澤寿男(東京、川崎、大宮、横浜公演)
管弦楽 東京フィルハーモニー交響楽団(東京、川崎、大宮、横浜公演)、大阪フィルハーモニー交響楽団(大阪)
   

PHOTOS

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。