CONCERT

20th Anniversary MAI KURAKI premium symphonic concert 2019

新しい時代に向かう倉木麻衣、4年ぶりのフルオーケストラ共演が実現

2019年春、倉木麻衣のデビュー20周年公演が世界的なバレエ&オペラ公演で知られる舞台で実現する。(東京文化会館&兵庫県立芸術文化センター)
1999年、ミリオンセラー「Love, Day After Tomorrow」とともに鮮烈なデビューを飾り、以来、
圧倒的な歌唱力と卓越した表現力で日本のポップスシーンの先端を走る倉木麻衣。
20周年記念では、国内外の音楽ファン待望の4年ぶりとなるフルオーケストラとの共演が実現。
音楽監督&指揮の藤原いくろうによる多彩な管弦楽の旋律が倉木の華麗でダイナミックな音世界を導き、彼女の名曲から最新作品の数々が披露される。
時代を代表するディーヴァとしての名声を獲得した倉木が挑む新しいオーケストラ公演。
注目の音楽空間に降り注ぐオーケストラの響きと輝きのなかで新しい時代に向かう歌姫、倉木麻衣が登場。
情熱溢れる歌唱と美の競演が祝祭の大舞台に誕生する。

SCHEDULE

東京:2019年4月20日(土)16:00開演 東京文化会館 大ホール (JR上野駅公園口徒歩1分)
西宮:2019年5月1日(水・祝)16:00開演 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール(阪急神戸線「西宮北口」駅直結 徒歩2分)

PROFILE

倉木麻衣

倉木麻衣

1999年10月、16歳で"Mai-K"名義の『Baby I Like』で全米デビュー。同年12月8日『Love, Day After Tomorrow』で倉木麻衣、日本デビュー。
デビューからミリオンヒットを立続けに記録し、1stアルバム『delicious way』では400万枚を突破。

近年では「渡月橋 〜君 想ふ〜」が大ヒット、日本ゴールドディスク大賞
「Best 5 Songs Download」受賞。2018年12月よりデビュー20周年YEARに突入した。
シンフォニックライブは2012年「Mai Kuraki Symphonic Live -0pus 1-」を皮切りにシリーズとして開催、指揮者 藤原いくろうとの名コンビで繰り広げられる豪華絢爛なオーケストラとのコラボレーションは会を重ねるごとに話題に。

また2016年には日露文化交流公演として、ロシアのサンクトペテルブルクで開催された<日露文化交流~日本の春~10周年記念>スペシャルコンサートに出演、ロシアが誇るマリインスキー劇場で地元オーケストラと共演し、同会場でのポップス系日本人歌手出演が初ということもあり話題を呼んだ。

藤原いくろう

藤原いくろう

「音楽にジャンルは無い!」と語る藤原はクラシックからロックまで幅広いジャンルを融合するオーケストレーションを得意とし国内外の多くのオーケストラとの共演を果している。

20代の時にレコーディングを機に渡ったモスクワで指揮者コンスタンチン・D・クリメッツ氏と出会い、その後の指揮法をはじめ音楽活動に多大な影響を受けることになる。モスクワやサンクトペテルブルグでのコンサート、レコーディングなど、その後もロシアとの親交は厚い。

指揮者、ピアニストとしてステージ出演をしながら、コンサートのプロデュース、アーティストへの楽曲提供、映画のサウンドトラック制作などその活動は多岐にわたり、とりわけ音楽監督としてポップスアーティスト(YOSHIKI、LUNA SEA、KIRITO、倉木麻衣、絢香、甲斐バンドなど)とオーケストラとのシンフォニックコンサートを数多く手がけ高い評価を得ている。

ASKAとは2008年の「ASKAシンフォニック・アジアツアー」以来のコラボレーションとなり、藤原は「10年間でさらにブラッシュアップしたサウンドでASKAワールドをサポートしたい!」と意気込んでいる。

東京フィルハーモニー交響楽団

東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立の日本で最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約130名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督チョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者にミハイル・プレトニョフを擁する。
Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティ コンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会を中心とする自主公演、新国立劇場等でのオペラ・バレエ演奏、『NHKニューイヤー・オペラコンサート』、NHK『名曲アルバム』、テレビ朝日『題名のない音楽会』、テレビ東京『東急ジルベスターコンサート』などの放送演奏により全国の音楽ファンに親しまれる存在として、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。
海外公演も積極的に行い、近年では2014年3月のアジア・欧米6か国を巡るワールド・ツアー、そして2015年12月には日韓国交正常化50周年を記念してチョン・ミョンフン指揮のもとソウルと東京の2都市でソウル・フィルハーモニー管弦楽団と合同で「日韓友情『歓喜の第九』」演奏会を行い、国内外の注目を集めた。
1989年からBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。また東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市および公益財団法人長岡市芸術文化振興財団と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

公式ウェブサイト http://www.tpo.or.jp/
公式Facebook https://www.facebook.com/TokyoPhilharmonic
公式twitter https://twitter.com/tpo1911

 

ビルボードクラシックスオーケストラ

ビルボードクラシックスオーケストラ

ビルボードクラシックスが主宰する新しい音楽の創出に挑む演奏家たちによる特別編成オーケストラ。2015年以来、玉置浩二・八神純子・福原美穂プレミアム・シンフォニック・コンサートにおいて高いパフォーマンスを発揮。その豊潤な響きが観客を魅了し続けている。近年、サラ・ブライトマンとの共演をはじめとする先鋭的音楽活動が注目されている京都フィルハーモニー室内合奏団を中核に編成。新しい音楽を開拓する意思のもと、関東・関西の主要オーケストラから選抜した俊英演奏家たちが集結。
写真:兵庫県芸術文化センター公演(2014年2月より) 指揮:柳澤寿男

TICKET

チケット価格 チケット:8,900円(税込・全席指定)
※特製プログラム付
※特典のお渡しは、公演当日のみ。チケット1枚に付き1セットのプレゼント。 
※未就学児童入場不可
※本公演は、開演中の客席へのご入場を制限させていただきます。予めご了承下さい。
プレイガイド先行 3/1(金)15:00より各プレイガイドにて受付開始
※東京、西宮ともに
Club BBL会員先行 ●Club BBL会員先行抽選受付●
エントリー期間:3/1(金)15:00~3/10(日)23:59まで
受付URL:後日HPにて発表
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
●Club BBL会員先行抽選エントリーご希望の皆様へ●
エントリー対象となるClub BBL会員は、
2019/2/7(木)23:59までにご入会が完了された方となります。
https://www.billboard-live.com/pg/membership/index.php/p/membership/m/login
●ご注意ください●
※枚数制限:お1人様4枚まで
※ビルボードライブ予約センターでのチケット販売はございません。
※Aから始まる会員番号は無料のゲスト会員のご登録です。
無料のゲスト会員ではエントリーできませんのでご注意ください。
※席位置に関するお問い合わせはご遠慮ください。
※2019/3/5(火)はClubBBL会員の年会費自動更新日となります。
対象更新月が「2月」の会員様はクレジットカード情報のご確認をお願いいたします。自動更新が失敗した場合、エントリー対象外となります。

ClubBBL会員についてのお問合せ:03-3479-4141(平日10:00~19:00 土日祝定休)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

一般発売 3月23日(土)AM10:00発売開始
お問合せ 東京:H.I.P. 03-3475-9999(平日10:00~18:00 土・日・祝祭日休み)
西宮:キョードーインフォメーション 0570-200-888 (10:00~18:00)

DETAIL

主催・企画制作 ビルボードジャパン 
後援 米国ビルボード、J-WAVE(東京)、FM802(西宮)
開催日時・会場 東京:4月20日(土)16:00開演 東京文化会館 大ホール 
西宮:5月1日(水・祝)16:00開演 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
出演 倉木麻衣
指揮 藤原いくろう
管弦楽 ビルボードクラシックスオーケストラ(東京)
兵庫芸術文化センター管弦楽団(西宮)

PHOTOS

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。