CONCERT

KOKIA Heart touching music Symphonic Concert 2016

-2016聖ヴァレンタインデーを彩るKOKIAの音世界-

2016年2月14日聖ヴァレンタインデー、誓う日を寄せる日に。
この日、東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールの音楽空間にKOKIAの歌声がオーケストラの響きのなかで優しく降り注ぎます。

2014年12月、KOKIAの自身初のフルオーケストラ公演の大きな感動から一年。
待望のKOKIAとオーケストラによる音楽のファンタジーが再び誕生します。
管弦楽は、欧州で活躍中の栁澤寿男指揮による日本を代表するオーケストラ東京フィルハーモニー交響楽団。
新たなオーケストラアレンジ曲を加えたKOKIAの珠玉の作品群が、新しい生命となってファンタジックな音世界を導きます。
そして、KOKIAが紡ぐシンフォニーの音色が人々の心の奥を彩ります。

★2014年12月、東京芸術劇場でのKOKIA初のフルオーケストラ公演のレポートはこちら
 →http://billboard-cc.com/classics/2014/08/kokia-falling-in-love-with-the-orchestra report/

MOVIE

SCHEDULE

2016年2月14日(日) Bunkamura オーチャードホール 昼公演15:30 夜公演19:00 ※終演

PROFILE

KOKIA

KOKIA

音楽・芸術を愛した祖父母の影響で多くの芸術に慣れ親しんで育つ。中でも音楽の世界に強く惹かれ、幼い頃より自然とピアノで曲を作るようになる。3歳からヴァイオリンを始め、高校・大学と桐朋学園で声楽を専攻。クラシックを学ぶ一方、自らが作詞・作曲をした楽曲を通して、音楽の持つ素晴らしさやその可能性をたくさんの人に伝えたいと感じ、大学在学中の1998年にデビュー。早くから海外での評価も高く、変幻自在なその歌声は「ボーダーレスな歌声」としてヨーロッパでも支持をされ活動の場を世界に広げている。シンプルで心に残るメッセージを大事にしている彼女の歌は、多くの人に音楽を通して「love & peace」を問いかけている。
KOKIAオフィシャルサイト http://www.kokia.com

栁澤寿男(指揮)

栁澤寿男(指揮)

 旧ユーゴを中心に活動する日本人指揮者。05-07年、マケドニア旧ユーゴ国立歌劇場首席指揮者。07年、国連暫定行政ミッション下のコソボフィル響首席指揮者に就任。同時に、サンクトペテルブルグ響、プラハ響、フラデツクラロヴェ響、西ボヘミア響、サラエボフィル、ベオグラード国立歌劇場、セルビア放送響、アルバニア放送響などに客演。07年、旧ユーゴの民族共栄を願ってバルカン室内管弦楽団を設立。09年、コソボ北部ミトロヴィッツァで国連開発計画、国際安全保障部隊、コソボ警察の尽力を得て開催された民族混成オーケストラによるコンサートは奇跡のコンサートとも言われ、日本の高等学校教科書「世界史A」(実教出版)にも記載されている。10年、ニューヨーク国連総会に付随するイベント「バルカン・リーダーズ・サミット」で演奏。11年、ウィーン楽友協会公演を実現。15年、World Peace Concertをスタートし世界各地でコンサートを行っている。国内では、新日フィル、日フィル、東フィル、東響、都響、シティフィル、札響、仙フィル、群響、名フィル、京響、大フィル、兵庫芸文管、日本センチュリー響、九響、アンサンブル金沢などに客演。現在、バルカン室内管弦楽団音楽監督、コソボフィル響首席指揮者、ベオグラード・シンフォニエッタ名誉首席指揮者、ニーシュ響首席客演指揮者。書籍に「バルカンから響け!歓喜の歌」(晋遊舎)。

©木之下晃

東京フィルハーモニー交響楽団

東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立の日本で最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約130名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督チョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者にミハイル・プレトニョフを擁する。
Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティ コンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会を中心とする自主公演、新国立劇場等でのオペラ・バレエ演奏、『NHKニューイヤー・オペラコンサート』、NHK『名曲アルバム』、テレビ朝日『題名のない音楽会』、テレビ東京『東急ジルベスターコンサート』などの放送演奏により全国の音楽ファンに親しまれる存在として、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。
海外公演も積極的に行い、近年では2014年3月のアジア・欧米6か国を巡るワールド・ツアー、そして2015年12月には日韓国交正常化50周年を記念してチョン・ミョンフン指揮のもとソウルと東京の2都市でソウル・フィルハーモニー管弦楽団と合同で「日韓友情『歓喜の第九』」演奏会を行い、国内外の注目を集めた。
1989年からBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。また東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市および公益財団法人長岡市芸術文化振興財団と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

公式ウェブサイト http://www.tpo.or.jp/
公式Facebook https://www.facebook.com/TokyoPhilharmonic
公式twitter https://twitter.com/tpo1911

 

TICKET

チケット価格 本公演は終演いたしました
8,800円(全席指定/消費税込) 
 ※特製プログラム付
 ※未就学児の入場はお断りします。
お問い合わせ ミュージックステーション 052-734-3461(11:00~18:00 水曜定休)

DETAIL

主催 ビルボードジャパン
企画制作 ビルボードジャパン、公益財団法人東京フィルハーモニー交響楽団
協力 株式会社オーディオテクニカ
Kトレーディング、anco、5/R Hall&Gallery 音楽ホール
開催日時 2016年2月14日(日) 昼公演15:30開演 夜公演19:00開演【公演は終了いたしました。】
会場 Bunkamura オーチャードホール
出演 KOKIA
指揮 栁澤寿男
管弦楽 東京フィルハーモニー交響楽団

PHOTOS

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。