REPORT

Koji Tamaki Premium Symphonic Concert2月8日 横須賀公演レポート

billboard classics プレミアム・シンフォニック・コンサートに初登場!
実力派ヴォーカリストが挑むコンサート・ホールでの歌声の響きに酔いしれる夜

 玉置浩二の初のフルオーケストラ共演が話題となっているbillboard classics「KOJI TAMAKI Premium Symphonic concert」。
 全国主要都市で絶賛開催中の同ツアー、2月8日よこすか芸術劇場での初日公演をレポートします。

●初のフル・オーケストラとの共演は、20周年を迎える横須賀芸術劇場で

2月8日、玉置浩二は、横須賀芸術劇場の舞台に立った。ロック&ポップ系シンガーとオーケストラとの共演で好評を得ているシリーズ「billboard classics プレミアム・シンフォニック・コンサート」に初めて出演する、その初日である。会場は、馬蹄形のオペラ仕様の趣あるコンサート・ホール。大友直人指揮による東京フィルハーモニー交響楽団が演奏する《序曲》に続いて、ダンディなスーツで登場する。
 玉置浩二がフル・オーケストラとの共演でコンサートを行うのは初めて。ライヴにしても、レコーディングにしても、当日に至るまでのプロセスを大切にし、緻密に準備を重ねるアーティスト、という評判を共演経験のある人から聞いている。事前に読んだ大友直人さんとの対談では「オーケストラ・アレンジのデモに合わせて歌っていると、自分自身が感動して泣いてしまう」と語っている。その興奮をコンサートでどう見せてくれるのか。
 大友直人さんは、指揮者であると同時に「プレミアム・シンフォニック・コンサート」シリーズの音楽監修も務めている。その彼が前述の対談で、「敢えてドラムやベースなどのリズム隊を外しているので、ポップス系シンガーの方は、まずそこに不安を感じるようです」と語っているように、彼にとって当然の存在であるバンドはいない。異種の他流試合にひとりで臨むような状態である。
 プログラム一部の1曲目は、85年のヒット曲《悲しみにさよなら》、流麗なストリングスに導かれるようにして静かに歌い始める。キャリア30年以上を誇り、誰もが認める実力派のただならぬ緊張感が客席からもわかり、驚くと同時に、そこから音楽に対する彼の真摯な思いが伝わってくる。名曲であらためて感じるのは普遍的なメロディの美しさであり、ストーリーテリングなヴォーカルの存在感であり、同時にリズムのない難しさだ。何十年と歌ってきた自作曲のリズム、ポップスのリズムは、体に染みついているもの。それがない怖さは、例えるなら、灯台のない闇夜の真っ暗な海に漕ぎ出すようなものかもしれない。曲のアウトロで、オーケストラの演奏が静かに静かにフェイドアウトしていくなかで、《悲しみにさよなら》とシアトリカルに歌う。年齢的に成熟した今だから歌える《悲しみにさよなら》。
 前半は、安全地帯のヒット曲で構成。選曲は自身で行っているが、そのなかで少し意外だったのは、初期の代表曲《ワインレッドの心》を《じれったい》と《熱視線》のメドレーにしたこと。他には《碧い瞳のエリス》、《恋の予感》、《Friend》を歌う。これらの歌を通して強く感じたのは、オーケストラのアレンジが玉置浩二の歌を主役に引き立てるための伴奏にはなっていないこと。もっと言ってしまえば、双方が同じ位置に立ち、真っ向勝負をしながら、緻密に構築されたオーケストラのアレンジが56歳の彼に潜むまだ見ぬ可能性を引き出そうとしているようにさえ思える。そのなかでヴァイオリン、コントラバスなどのストリングスがリズムを奏で、ドラマティックに展開していく《恋の予感》で見事な一体感が生まれ、ピアノの伴奏で歌い始めた《Friend》でエネルギッシュな熱唱が爆発し、最後に彼の涙が見えたように感じた。
 これはすごいチャレンジ。対談で語っていた「この企画をいただいた時に“今の場所で甘んじていていいのか? この高みまで来ないか?”というメッセージをもらったような気がして」という言葉が思い出された。オーケストラのアレンジは、若手を含む4人の編曲者が担当しているが、本人から何かリクエストされたことも、やり直しを依頼されたこともなかったそうだ。表現は違うかもしれないが、提案されたものに真っ白な気持ちの自分、裸の自分を乗せて、彼らの色に染まろうとしたのだろう。その気迫から生まれるエモーショナルな熱唱に胸が熱くなる。

●一部は、安全地帯の曲、二部は、ソロの代表曲で構成されたプログラム

 20分の休憩の間、余韻に浸りながら、驚くほど言葉が途切れ途切れになり、うまく話せなかったMCを思い出して微笑ましい気持ちになる。ポップ系コンサートではMCの楽しさも観客に期待されるので、絶対にいつもは笑いで会場が湧きあがるようなおしゃべりをしているはず。それなのに観客が少し戸惑うほどの緊張感が漂うMC。でも、潔いのは曲間に自分の緊張を誤魔化すような不必要な言葉を挟まないこと。MCがないことで、コンサートに美しい流れが生まれている。
 プログラムの二部は、ソロの代表曲を集めた編成。東京フィルハーモニー交響楽団の演奏によるブラームス《ハンガリー舞曲第一番》に続いて、少し緊張が解れた表情の玉置浩二が登場する。若手の編曲者による《あこがれ》から始まり、《ロマン》、《GOLD》、《それ以外に何がある》と続く。ストリングスを中心にハープ、ピアノ、管楽器が優美な音色を奏で、そのサウンドをとらえて、気持ちよさそうな熱唱が会場を包む。
 いつもとは異なるスタイルのコンサートに緊張気味だったのは観客も同じかもしれない。叫ぶことはできないが、その分大きな拍手の渦が1曲ごとに倍増するように起きる。それが頂点に達したのが《サーチライト》、《MR.LONELY》、《メロディー》のメドレーだった。間をうまく使ったアレンジもよく、3曲それぞれが持つストーリーのイマジネーションを膨らませるのに十分効果的だった。
 二部の最後を飾ったのは《コール》。鳴り止まぬ拍手で、アンコールは、1996年のヒット曲《田園》。これはいつものコンサートでお約束なのだろう、イントロで手拍子が自然に湧き起こり、会場の空気が一変する。観客は、自分達が参加したいのだ。クラシックの常識からすると、歌と演奏に手拍子を合わせることはないけれど、オペラにだって観客が手拍子する演目があったりする。今後、このシリーズで観客が手拍子で、ポップ系コンサートと同じような一体感を味わえるようになったら、すごく素敵かもしれない。

●最後にはア・カペラも!6月まで続くツアーの進化系に期待!

 アンコールの2曲目、《夏の終りのハーモニー》を最初ア・カペラで、しかもマイクを使わずに歌い始める。声量たっぷりの玉置浩二の肉声が会場の隅々にまで届く。マイクを通さない肉声特有の剥き出しの素顔の親密感と神秘性、この相反する2つの感覚が組み合わさるから、心を揺さぶられるのだ。最後にまたア・カペラで締めくくり、会場はスタンディングオベーションで、いつまでも大きな拍手が鳴りやまない。不慣れな感じでカーテンコールに応じつつ、両手を何度も何度も胸の前で強く握りしめて、歓びを表現していた。
 billboard classics「玉置浩二 プレミアム・シンフォニック・コンサート2015」は、横須賀芸術劇場を皮切りに6月8日まで続くが、開催地によって組む指揮者とオーケストラが交替されていく。関西地区の2公演、2月27日、西宮・兵庫県立芸術文化センター、3月8日、大阪・フェスティバルホールでは柳澤寿男が指揮を執り、京都フィルハーモニー室内合奏団を中心に特別編成されたビルボードクラシックスオーケストラが演奏。3月11、12日の東京文化会館大ホールでは柳澤寿男の指揮で、再び東京フィルハーモニー交響楽団と共演する。3月26日の福岡シンフォニーホールは、山下一史指揮で、地元の九州交響楽団と組み、4月30日の札幌・ニトリ文化ホールでは札幌交響楽団を福岡公演に続いて山下一史が指揮する。最後の3公演は、東京で開催される。5月29、30日、東京文化会館大ホールで、2012年まで同会館の初代音楽監督を務めた大友直人が再びタクトを振り、日本フィルハーモニー交響楽団が演奏する。そして、フィナーレを飾るのは6月8日のサントリーホール。“世界一美しい響きを目指す”クラシック音楽の殿堂である同会場で、玉置浩二が自身の歌声をどう響かせるのか。ここで再び彼の肉声を聴いてみたいと思う。
 玉置浩二の「billboard classics プレミアム・シンフォニック・コンサート2015」は、一心に高みを求めるアーティストの姿と、彼の音楽への深き愛にたっぷり浸れるコンサート。きっと新しい経験が出来るはずだ。

text:服部のり子 intoxicate vol.114(2015.2.20発行号)

PROFILE

玉置浩二

玉置浩二

1958年生まれ。北海道出身のシンガーソングライター。1982年バンド「安全地帯」としてデビュー。「ワインレッドの心」、「恋の予感」、「悲しみにさよなら」など80年代の音楽シーンを席巻。ソロ活動で作詞も手がけ始め、「田園」をはじめとする多くのヒットを生み出す。 デビュー30周年である2012年には、オリジナルレーベル「SALTMODERATE」を発足。安全地帯とソロの活動を並行して行いながら、2014年、7年ぶりとなるオリジナル・ソロ・アルバム『GOLD』、そして同じ時代を共有してきたアーティストの名曲を歌ったアルバム『群像の星』をリリース。
オフィシャルサイト http://www.saltmoderate.com/

大友直人(音楽監修&指揮者)

大友直人(音楽監修&指揮者)

桐朋学園大学を卒業。指揮を小澤征爾、秋山和慶、尾高忠明、岡部守弘各氏に師事した。桐朋学園大学在学中からNHK交響楽団の指揮研究員となり、22歳で楽団推薦によりNHK交響楽団を指揮してデビュー。現在、群馬交響楽団音楽監督、東京交響楽団名誉客演指揮者、京都市交響楽団桂冠指揮者、琉球交響楽団ミュージックアドバイザー。また、2004年から8年間にわたり、東京文化会館の初代音楽監督を務めた。 在京オーケストラの定期演奏会にとどまらず、これまでにコロラド交響楽団、インディアナポリス交響楽団、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団などに招かれ、2012年にはハワイ交響楽団のオープニングコンサートを指揮、同年6月にはロレーヌ国立管弦楽団の定期公演に客演。絶賛を博し、欧米での活躍にも大きな期待が寄せられている。 第8回渡邊暁雄音楽基金音楽賞(2000年)、第7回齋藤秀雄メモリアル基金賞(2008年)を受賞。 

写真©Rowland Kirishima

東京フィルハーモニー交響楽団

東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立。日本のオーケストラとして最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約140名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。桂冠名誉指揮者はチョン・ミョンフン。2015年4月よりミハイル・プレトニョフを特別客演指揮者に、アンドレア・バッティストーニを首席客演指揮者に迎えた。
Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティ コンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会を中心とする自主公演、レギュラーオーケストラである新国立劇場を中心としたオペラ・バレエ演奏、NHKにおける『ニューイヤー・オペラコンサート』『名曲アルバム』をはじめ、他の放送演奏など、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。
海外公演も積極的に行い、最近では2013年12月韓国・大邱市の招聘による日本から唯一のアジア・オーケストラ・フェスティバル出演、2014年3月にはアジア・欧米6か国を巡るワールド・ツアー、そして2015年12月には日韓国交正常化50周年を記念してチョン・ミョンフン指揮のもとソウルと東京の2都市でソウル・フィルハーモニー管弦楽団と合同で「日韓友情『歓喜の第九』」演奏会を行い、国内外の注目を集めた。
1989年からBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。また東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

公式ウェブサイト http://www.tpo.or.jp/
公式Facebook https://www.facebook.com/TokyoPhilharmonic
公式twitter https://twitter.com/tpo1911

 

DETAIL

 主催  ビルボードジャパン
 特別協賛  メルセデス・ベンツ日本株式会社
 後援  米国ビルボード
FM ヨコハマ
 協力  グレートデン、カリントファクトリー
キョードー東京
 企画制作  ビルボードジャパン
 日時、会場  横須賀:2月8日(日)17:00開演 横須賀芸術劇場 
 出演 玉置浩二 
 音楽監修、指揮  大友直人
 管弦楽  東京フィルハーモニー交響楽団
   

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。