CONCERT

KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT -CURTAIN CALL-BRILLIANT NIGHTS FOR THE NEW WORLD

舞台は“音楽の宿命的出会い”から“祝祭の競演”へ。

現代の音楽シーンにおいて圧倒的な反響を巻き起こしている玉置浩二のフルオーケストラとの競演。
その影響と評価は国内外(11月には香港公演を開催)にもおよび、とどまるところを知らない。そして、その待望の再演が2016年の新しい季節を彩る。
舞台は“音楽の宿命的出会い”から“祝祭の競演”へ。歓喜に満ちた世界が、玉置浩二の歌声とオーケストラの多彩な響きのなかで誕生する。
さらに、音楽の名手たちによる新しいオーケストラ作品も加わり、“祝祭の競演”を深い感動へと誘う。
そして、新しい世界に向かう玉置浩二の音楽に捧げる姿勢は、新しいことを始める勇気を与えてくれる。
輝く夜、オーケストラの響きの中で玉置浩二の限りなく切なく、優しい歌声が降り注ぐ。その大きな輝きと勇気は、貴方だけの夢の一夜を導くに違いない。

※東京、札幌、大阪、西宮、福岡公演は完売となりました。

 特製DVD:

現代の日本の音楽シーンに輝く名演と評されるに相応しい、「KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT」最終公演(2015年6月8日サントリーホール)の舞台を中心に特別編集。盟友、大友直人指揮による東京フィルハーモニー交響楽団との競演を存分にお楽しみいただきます。
さらに、初のフルオーケストラ公演に挑んだ、玉置浩二の思いを語る特別インタビューの他、全国公演の全貌に迫る貴重な映像も収録。
音楽ファン垂涎の特製DVDを全来場者の皆様にお届けします。
(なお、この特製DVDの一般発売の予定はございません)
※特典のお渡しは当日のみ。チケット1枚につき、1セットプレゼント。

-NHK BSプレミアム特集番組、「玉置浩二シンフォニックコンサートin香港」再放送決定-

放送日時:2016年3月12日(土)午前0:55〜2:24 ※3/11(土)の深夜 
NHK BSプレミアム
2015年11月13日、アジアワールド・エキスポ・アリーナ(香港)で開催された玉置浩二&香港シティポップオーケストラの舞台。華麗かつ迫力に満ちた玉置の歌声と演奏が8000人を超える香港の音楽ファンを魅了。 (本放送1月31日(日) )

テレビ大阪 特番放映決定!
「玉置浩二33年目の新境地~フルオーケストラと夢の競演~」
1月11日(月) 午後3:00~3:55 ※放送は終了いたしました。
http://www.tv-osaka.co.jp/onair/detail/2016/01/11/15/00/

 

※以下MOVIEは、2016年12月8日国際フォーラムA 玉置浩二公演(大友直人指揮東京フィルハーモニー交響楽団)より

MOVIE

SCHEDULE

東京:1月24日(日) Bunkamuraオーチャードホール 18:00開演(17:00開場) ※Sold Out 
札幌:2月1日(月) ニトリ文化ホール 19:00開演(18:00開場) ※Sold out 
名古屋:2月5日(金) 名古屋センチュリーホール 19:00開演(18:00開場) ※Sold out 
大阪:2月24日(水) フェスティバルホール 19:00開演(18:00開場) ※Sold Out
大阪:2月25日(木) フェスティバルホール 19:00開演(18:00開場) ※Sold Out
西宮:2 月28日(日) 兵庫県立芸術文化センター 大ホール 16:00開演(15:00開場) ※追加公演 ※Sold out 
西宮:3月21日(月・祝) 兵庫県立芸術文化センター 大ホール 16:00開演(15:00開場) ※追加公演 ※Sold out 
福岡:4 月5 日(火) 福岡シンフォニーホール(アクロス福岡) 19:00開演(18:00開場) ※Sold out 

PROFILE

玉置 浩二

玉置 浩二

1958年生まれ。北海道出身のシンガーソングライター。1982年バンド「安全地帯」としてデビュー。「ワインレッドの心」、「恋の予感」、「悲しみにさよなら」など80年代の音楽シーンを席巻。ソロ活動で作詞も手がけ始め、「田園」をはじめとする多くのヒットを生み出す。 2012年には、オリジナルレーベル「SALTMODERATE」を発足。安全地帯とソロの活動を並行して行いながら、2014年、7年ぶりとなるオリジナル・ソロ・アルバム『GOLD』、そして同じ時代を共有してきたアーティストの名曲を歌ったアルバム『群像の星』をリリース。2015年・2016年、国内外の主要オーケストラと共演するビルボードクラシックス公演を実施。2016年6月、バルカン特別編成交響楽団に管弦楽作品「歓喜の歌」を謹呈。 同作品は10月、スイス・ジュネーブの国連欧州本部における平和祈念コンサートで演奏され、欧州初演を飾った。

オフィシャルサイト http://saltmoderate.com/

大友直人(音楽監修&指揮)

大友直人(音楽監修&指揮)

桐朋学園大学を卒業。指揮を小澤征爾、秋山和慶、尾高忠明、岡部守弘各氏に師事した。桐朋学園大学在学中からNHK交響楽団の指揮研究員となり、22歳で楽団推薦によりNHK交響楽団を指揮してデビュー。現在、群馬交響楽団音楽監督、東京交響楽団名誉客演指揮者、京都市交響楽団桂冠指揮者、琉球交響楽団ミュージックアドバイザー。また、2004年から8年間にわたり、東京文化会館の初代音楽監督を務めた。 在京オーケストラの定期演奏会にとどまらず、これまでにコロラド交響楽団、インディアナポリス交響楽団、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団などに招かれ、2012年にはハワイ交響楽団のオープニングコンサートを指揮、同年6月にはロレーヌ国立管弦楽団の定期公演に客演。絶賛を博し、欧米での活躍にも大きな期待が寄せられている。 第8回渡邊暁雄音楽基金音楽賞(2000年)、第7回齋藤秀雄メモリアル基金賞(2008年)を受賞。 

写真©Rowland Kirishima

栁澤寿男(指揮)

栁澤寿男(指揮)

 旧ユーゴを中心に活動する日本人指揮者。05-07年、マケドニア旧ユーゴ国立歌劇場首席指揮者。07年、国連暫定行政ミッション下のコソボフィル響首席指揮者に就任。同時に、サンクトペテルブルグ響、プラハ響、フラデツクラロヴェ響、西ボヘミア響、サラエボフィル、ベオグラード国立歌劇場、セルビア放送響、アルバニア放送響などに客演。07年、旧ユーゴの民族共栄を願ってバルカン室内管弦楽団を設立。09年、コソボ北部ミトロヴィッツァで国連開発計画、国際安全保障部隊、コソボ警察の尽力を得て開催された民族混成オーケストラによるコンサートは奇跡のコンサートとも言われ、日本の高等学校教科書「世界史A」(実教出版)にも記載されている。10年、ニューヨーク国連総会に付随するイベント「バルカン・リーダーズ・サミット」で演奏。11年、ウィーン楽友協会公演を実現。15年、World Peace Concertをスタートし世界各地でコンサートを行っている。国内では、新日フィル、日フィル、東フィル、東響、都響、シティフィル、札響、仙フィル、群響、名フィル、京響、大フィル、兵庫芸文管、日本センチュリー響、九響、アンサンブル金沢などに客演。現在、バルカン室内管弦楽団音楽監督、コソボフィル響首席指揮者、ベオグラード・シンフォニエッタ名誉首席指揮者、ニーシュ響首席客演指揮者。書籍に「バルカンから響け!歓喜の歌」(晋遊舎)。

©木之下晃

栗田博文(指揮)

栗田博文(指揮)

1988年、第23回東京国際音楽コンクール指揮部門において第1位優勝を果たし、翌年、国内主要オーケストラを指揮しデビュー。1989年に渡欧。同年、第1回アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクール(イタリア)に入賞し国際的な評価を確立。1995年、第1回シベリウス国際指揮者コンクール(フィンランド)の最高位に輝く。同年、フィンランド放送交響楽団より招かれ、ヨーロッパデビューを果たし大好評を博す。国内外の活発な指揮活動とともに、国立音楽大学客員教授を務め、後進の指導にも力を注いでいる。クラシック音楽の古典から現代作品まで、幅広いレパートリーを持つほか、様々なジャンルとのコラボレーションも積極的に行っている。
栗田博文ブログ http://hirofumi-kurita.com/

東京フィルハーモニー交響楽団

東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立の日本で最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約130名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督チョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者にミハイル・プレトニョフを擁する。
Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティ コンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会を中心とする自主公演、新国立劇場等でのオペラ・バレエ演奏、『NHKニューイヤー・オペラコンサート』、NHK『名曲アルバム』、テレビ朝日『題名のない音楽会』、テレビ東京『東急ジルベスターコンサート』などの放送演奏により全国の音楽ファンに親しまれる存在として、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。
海外公演も積極的に行い、近年では2014年3月のアジア・欧米6か国を巡るワールド・ツアー、そして2015年12月には日韓国交正常化50周年を記念してチョン・ミョンフン指揮のもとソウルと東京の2都市でソウル・フィルハーモニー管弦楽団と合同で「日韓友情『歓喜の第九』」演奏会を行い、国内外の注目を集めた。
1989年からBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。また東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市および公益財団法人長岡市芸術文化振興財団と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

公式ウェブサイト http://www.tpo.or.jp/
公式Facebook https://www.facebook.com/TokyoPhilharmonic
公式twitter https://twitter.com/tpo1911

 

札幌交響楽団

札幌交響楽団

1961年に発足、北海道唯一のプロ・オーケストラとして、「札響」の愛称で親しまれている。透明感のあるサウンドとパワフルな表現力は雄大な北海道にふさわしいオーケストラとして広く知られている。歴代指揮者は名誉創立指揮者の荒谷正雄、ペーター・シュヴァルツ、岩城宏之、秋山和慶、尾高忠明などが務めた。現在、首席指揮者のマックス・ポンマーのほか、名誉音楽監督の尾高忠明、名誉指揮者のラドミル・エリシュカ、指揮者として佐藤俊太郎と垣内悠希を擁し、2017年4月から友情客演指揮者に広上淳一を迎えた。年に約120回のオーケストラ・コンサートを行うほか、積極的に地域活動に参加、年に約50回の小編成での教育福祉活動を行っている。海外公演はこれまでに、アメリカ、英国、ドイツ、イタリア、東南アジア、韓国、台湾を訪問、各地で好評を博した。レコーディングにも積極的で、尾高とのシベリウス、エリシュカとのドヴォルジャーク、ブラームス、チャイコフスキーなどがある。ポンマーともメンデルスゾーン、ブルックナー、シューマン、R. シュトラウスがリリースされ、専門誌、新聞で推薦盤に選ばれるなど、高い評価を得ている。
写真(c)Yasuo Fujii

ビルボードクラシックスオーケストラ

ビルボードクラシックスオーケストラ

ビルボードクラシックスが主宰する新しい音楽を創出に挑む演奏家たちによる特別編成オーケストラ。大友直人指揮福原美穂スペシャル・クラシックコンサート(2014年2月11日フェスティバルホール)では、
その豊潤な響きが観客を魅了した。近年、先鋭的音楽活動が注目されている京都フィルハーモニー室内合奏団を中核に編成。新しい音楽を開拓する意思のもと、関東・関西の主要オーケストラから選抜した俊英演奏家たちが集結。
写真:兵庫県芸術文化センター公演(2014年2月より) 指揮:柳澤寿男

兵庫芸術文化センター管弦楽団

兵庫芸術文化センター管弦楽団

阪神・淡路大震災からの復興のシンボルとしてオープンした兵庫県立芸術文化センターの専属オーケストラとして2005年9月に設立。楽団員の在籍期間は最長3年。日本をはじめ、ヨーロッパ、アメリカなどでオーディションを行い、世界各地から将来有望な若手演奏家を集め、様々な公演を通じオーケストラ奏者としての経験を積み、優秀な人材を輩出するアカデミーの要素も持つ、世界でも類を見ない新しいシステムのオーケストラである。芸術監督は世界的に活躍する指揮者である佐渡裕が創設時より務め、地元に愛されるオーケストラとして地域に密着した活動を行っている。定期会員数は4,500名を超え、定期演奏会の回数は9回27公演と国内でもトップクラスである。その他、名曲、ファミリー、ポップス等のコンサートや室内楽シリーズ、県内中学1年生を対象とした「わくわくオーケストラ教室」、毎年夏の芸術監督プロデュース・オペラでの演奏など、多彩な活動を展開している。2006年関西元気文化圏賞ニューパワー賞、2011年神戸新聞平和賞、2017年ミュージック・ペンクラブ賞受賞。通称PAC(パック)オーケストラ。
http://hpac-orc.jp

日本センチュリー交響楽団

日本センチュリー交響楽団

〜あなたの夢、音にのせて〜日本センチュリー交響楽団(旧・大阪センチュリー交響楽団)は、1989年に活動を開始。創立以来、アンサンブルの緻密さ、古典から現代作品に至るまで柔軟かつ高い演奏能力で評価を得ている。初代常任指揮者であるウリエル・セガル(現名誉指揮者)に続いて、1997年4月からは高関健が常任指揮者を務めた。2003年4月から首席指揮者に小泉和裕を迎えるとともに定期演奏会は2005年4月に100回を数えた。2008年4月からは小泉和裕を音楽監督に、沼尻竜典を首席客演指揮者に迎え、創立20周年となる2009年度には両指揮者による記念公演を行った。2011年4月、名称を日本センチュリー交響楽団に変更し新たなスタートを切った。2014年4月から飯森範親が首席指揮者、アラン・ブリバエフが首席客演指揮者として就任し、楽団は創立25周年を迎える。大阪での定期演奏会をはじめ、近年ではさまざまな地域でも特別演奏会を行っている。その他にも「タッチ・ジ・オーケストラ(青少年のためのオーケストラ体感コンサート)」、特別支援学校コンサート、病院での室内楽コンサートなどセンチュリーならではの多彩な活動、また、センチュリー・ユースオーケストラの運営、大学からのインターンシップ生の受入れや中学生の職業体験授業など教育プログラムにも力を入れている。 「優れた演奏により地域の力を発信する」「オーケストラによる感動と癒しを提供する」「優れた才能を発掘し次世代の育成に寄与する」「国際相互理解や平和に積極的に貢献する」の4つの理念をもとに、演奏を通して多くの人びとの心に明るい夢が広がることを願い、新しい時代のオーケストラとして発展を目指している。
オフィシャル・ウェブサイト http://www.century-orchestra.jp

九州交響楽団

九州交響楽団

1953年発足、1973年からプロオーケストラとして活動開始。初代常任指揮者・石丸寛(現・永久名誉音楽監督)から、森正、安永武一郎(現・永久名誉指揮者)、フォルカー・レニッケ、黒岩英臣、小泉和裕、山下一史、大山平一郎、秋山和慶と受け継がれ、20134月から小泉和裕が音楽監督に就任。指揮者陣には、桂冠指揮者に秋山和慶、首席客演指揮者に小林研一郎を擁してさらなる充実を図っている。1990年の釜山公演をはじめ"アジアにひらかれた福岡"にふさわしい演奏活動、青少年育成のための演奏活動など、九州各地で年間約130回の演奏会を行っている。さらに、福祉施設でのアウトリーチ活動など、社会貢献活動も積極的に展開。
これまでに、福岡市文化賞、西日本文化賞、文部大臣地域文化功労賞、福岡県文化賞などを受賞。2006年から「九響シリーズ」のCDが発売されている。

TICKET

チケット価格 ●特製DVD付チケット価格:13,500円(税込・全席指定)※特製DVD付
●1/24東京公演のみ:15,000円(税込・全席指定)※特製DVD&特製クリアファイル付
※DVD内容:2015年6月8日サントリーホール公演(大友直人指揮東京フィルハーモニー交響楽団)の演奏を特別編集。玉置浩二スペシャルインタビュー付  
※DVDの一般販売の予定はございません。
※特典のお渡しは当日のみ。チケット1枚につき、1セットプレゼント。

※未就学児童入場不可
一般チケット発売日

西宮追加公演: Sold out
◆チケットぴあ http://ticket.pia.jp/ 0570-02-9999(Pコード:289-024)
◆ローソンチケット http://l-tike.com/ 0570-084-005 (Lコード:55416)
◆イープラス http://eplus.jp/
◆CNプレイガイド http://www.cnplayguide.com/ 0570-08-9999
◆芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255

ClubBBL
先行抽選販売 

 

[西宮公演]
ClubBBL会員先行抽選受付は終了いたしました。
≪確認用URL≫ http://l-tike.com/clubbbl-ticket11/
※ビルボードライブ予約センターでのチケット販売はございません。

※東京、札幌、名古屋、大阪、福岡公演受付終了
確認用URL:http://l-tike.com/c-bbl2016koji-t/

■Club BBL会員登録に関するお問合せ
「クラブ・ビー・ビー・エル」事務局 03-3479-4141 (平日10:00~19:00/土日祝定休)

お問合せ先 【東京】 キョードー東京  0570-550-799(平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00)www.kyodotokyo.com 
【札幌】 道新文化事業社 道新プレイガイド 011-241-3871(9:30~18:00年末年始除く)
http://doshin-playguide.jp/
【名古屋】 サンデーフォークプロモーション  052-320-9100 
http://www.sundayfolk.com
【大阪・西宮】 キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00~18:00) 
www.kyodo-osaka.co.jp
【福岡】 キョードー西日本 092-714-0159 
http://www.kyodo-west.co.jp

DETAIL

主催 ビルボードジャパン
北海道新聞・道新文化事業社(札幌)
テレビ大阪(大阪、西宮)
FBS福岡放送(福岡)
企画制作 ビルボードジャパン
東京フィルハーモニー交響楽団(東京)
札幌交響楽団(札幌)
ビルボードクラシックスオーケストラ(名古屋)
兵庫芸術文化センター管弦楽団(大阪、2/28西宮)
日本センチュリー交響楽団(3/21西宮)
九州交響楽団(福岡)
後援、協力 後援:
米国ビルボード
テレビ愛知(名古屋)
FM COCOLO(大阪、西宮)
協力:
Kiss FM KOBE(西宮)
開催日時、
会場
東京:1月24日(日) Bunkamuraオーチャードホール 18:00開演(17:00開場)  ※Sold out 【終了いたしました。】
札幌:2月1日(月) ニトリ文化ホール 19:00開演(18:00開場) ※Sold out 【終了いたしました。】
名古屋:2月5日(金) 名古屋センチュリーホール 19:00開演(18:00開場) ※Sold out 【終了いたしました。】
大阪:2月24日(水)、25日(木) フェスティバルホール 19:00開演(18:00開場) ※Sold out 【終了いたしました。】
西宮:2 月28日(日) 16:00開演(15:00会場)※Sold out 【終了いたしました。】
    3月21日(月・祝) 16:00開演(15:00開場)※Sold out 【終了いたしました。】
福岡:4 月5 日(火) 福岡シンフォニーホール(アクロス福岡) 19:00開演(18:00開場) 
演奏曲 「玉置浩二プレミアムシンフォニクコンサート2015」演奏作品に加え、新しいオーケストラ作品(「行かないで」「夢のつづき」)を演奏予定。
※曲目は変更となる可能性がございます。
出演 玉置浩二
指揮 大友直人(東京、大阪、2/28西宮)
栗田博文(札幌)
栁澤寿男(名古屋、3/21西宮、福岡)
管弦楽 東京フィルハーモニー交響楽団(東京)
札幌交響楽団(札幌)
ビルボードクラシックスオーケストラ(名古屋)
兵庫芸術文化センター管弦楽団(大阪、2/28西宮)
日本センチュリー交響楽団(3/21西宮)
九州交響楽団(福岡)

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。