REPORT

KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 with KUMAMOTO 公演レポートTHE GRAND RENAISSANCE -CURTAIN CALL- 

ビルボードクラシックスでは、2018年4月28日、熊本県立劇場にて初めての玉置浩二オーケストラ公演を開催致しました。
本公演は、玉置浩二氏の熊本地震復興への強い意思のもと、日本を代表する指揮者・山下一史氏指揮による、
九州交響楽団との共演によって実現したものです。
さらに、熊本の春を彩る舞台では、地元のNHK熊本児童合唱団との共演も披露されました。
本公演に先立ち、2016・2017年度玉置浩二オーケストラ公演全33公演における熊本地震被災者支援くまもん募金全2,437,950円を、
熊本県及び熊本市に寄付させていただきました。
玉置浩二氏及び全国の熊本と音楽を愛する皆様に心より御礼申し上げます。

「本日のコンサートで素晴らしい音楽を直接私達に届けて頂き感動と感謝の気持ちで一杯です。玉置さんの歌声でさらに復興に向けて頑張ろうと熊本に大きなエネルギーを頂きました。本当に沢山の愛をありがとうございました。 熊本市長 大西一史」

熊本日日新聞

※公演の翌々日、4/30に地元紙の熊本日日新聞に関連記事が掲載されました。

2018年 くまモン募金 寄付のお知らせ
「玉置浩二 Premium Symphonic Concert 2018 THE GRAND RENAISSANCE -CURTAIN CALL-」の会場、
2018年3月2日~4月13日の全国総計8公演において、総計796,160円の募金をお預かりいたしました。
これらを4月25日に熊本県と熊本市へ、各398,080円を寄付させて戴きました。
ご協力賜りました全国の熊本と音楽を愛する来場者の皆様、
そして玉置浩二氏に心より感謝申し上げます。
ビルボードジャパン

 

KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 THE GRAND RENAISSANCE -CURTAIN CALL-特別公演』
with KUMAMOTO 
熊本特別公演 公演レポート
玉置浩二、オーケストラとともに熱唱、「愛を熊本のために」

4月28日、熊本で玉置浩二とオーケストラのコンサートが開催された。
舞台は、地震被災から復活を遂げた熊本県立劇場コンサートホール。
玉置が自身の作品全18曲を熊本の聴衆へ向け熱唱した。
2015年より国内外のオーケストラとの共演で日本の音楽シーンに新しい軌跡を築いた玉置浩二。
熊本地震後の2年間余は、全31公演のコンサートにおいて、被災者支援の募金を呼びかけ続けた(募金は熊本県と熊本市に寄付)。
その集大成となった熊本公演では、特別料金でのチケットを販売、さらに特製DVDが来場者全員にプレゼントされた。
そして、「清く正しく美しく」では、NHK熊本児童合唱団80名との共演が実現。
続く、「悲しみにさよなら」では、「愛をふたりのために」を「愛を熊本のために」と歌詞を変えて歌い上げ、
会場からは万感の思いに満ちた大きな拍手が沸き上がった。
アンコールは「田園」と「メロディー」。熊本を想い、寄り添う玉置の歌声が復興の道を力強く歩む熊本へのエールとして届き、
観客はスタンディングオベーションで応えた。

主催:ビルボードジャパン(阪神コンテンツリンク)
後援:熊本日日新聞社、くまもと県民テレビ、熊本放送、テレビくまもと、FMK、FM791
特別協力:ホテル日航熊本 協力:キョードー西日本

日時:2018年4月28日(土)開演18:00 (開場17:00)
会場:熊本県立劇場コンサートホール
指揮:山下一史 管弦楽:九州交響楽団
合唱:NHK熊本児童合唱団
チケット:特別料金¥5,000(税込・全席指定)
*特典DVD&特製プログラム付 *未就学児童入場不可

 

2017年 くまモン募金・九州豪雨災害義援金 寄付に御礼申し上げます。
玉置浩二氏の協力のもと、2017年夏、全国主要都市で開催致しました「玉置浩二 プレミアム シンフォニック コンサート 2017 -THE GRAND RENAISSANCE- (5月~8月)」公演において、「くまモン募金」及び「平成29年九州北部豪雨災害義援金」を実施させていただきました。本公演にご来場のお客様から賜りました募金総額827,393円を、熊本県及び福岡市に寄付をさせていただきました。ご協力いただいた皆様に改めて感謝申し上げます。
ビルボードジャパン(株式会社阪神コンテンツリンク)
・くまモン募金 351,154円(東京・西宮・大阪公演)

※蒲島郁夫熊本県知事より御礼状を頂きました。
くまもん募金感謝状

・平成29年九州北部豪雨災害義援金 476,239円(福岡・名古屋・札幌・横浜) は
福岡市へ寄付させていただきました。

なお、玉置浩二氏には、各公演会場において東日本大震災被災者支援チャリティー、熊本地震被災者支援チャリティー活動にご尽力いただいております。
主催者として心より感謝申し上げます。

ビルボードジャパン

SCHEDULE

【特別公演】熊本:4/28(土)熊本県立劇場コンサートホール 開演18:00 ※終演

MOVIE

PROFILE

玉置 浩二

玉置 浩二

1958年生まれ。北海道出身のシンガーソングライター。1982年バンド「安全地帯」としてデビュー。「ワインレッドの心」、「恋の予感」、「悲しみにさよなら」など80年代の音楽シーンを席巻。ソロ活動で作詞も手がけ始め、「田園」をはじめとする多くのヒットを生み出す。 2012年には、オリジナルレーベル「SALTMODERATE」を発足。安全地帯とソロの活動を並行して行いながら、2014年、7年ぶりとなるオリジナル・ソロ・アルバム『GOLD』、そして同じ時代を共有してきたアーティストの名曲を歌ったアルバム『群像の星』をリリース。2015年・2016年、国内外の主要オーケストラと共演するビルボードクラシックス公演を実施。2016年6月、バルカン特別編成交響楽団に管弦楽作品「歓喜の歌」を謹呈。 同作品は10月、スイス・ジュネーブの国連欧州本部における平和祈念コンサートで演奏され、欧州初演を飾った。

オフィシャルサイト http://saltmoderate.com/

山下一史(指揮)

山下一史(指揮)

84年桐朋学園大学卒業後、ベルリン芸術大学に留学。86年デンマークで開かれたニコライ・マルコ国際指揮者コンクールで優勝。85年~89年までカラヤンのアシスタントをつとめ、急病のカラヤンの代役をジーンズ姿で務め話題となる。以降、ヘルシンボリ交響楽団(スウェーデン)首席客演指揮者、オーケストラ・アンサンブル金沢プリンシパル・ゲスト・コンダクター、九州交響楽団常任指揮者を歴任。また、02年より大阪音大ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団常任指揮者を務め、08年4月より同団名誉指揮者に就任。06年より仙台フィルハーモニー管弦楽団の指揮者として迎えられ、R.シュトラウス「英雄の生涯」、リムスキー=コルサコフ「シェエラザード」のCD制作を行うなど積極的な活動を展開。09年4月から12年3月まで同団正指揮者を務める。09年4月にはサンクトペテルブルク交響楽団定期に出演し、大成功を収めた。また、11年2月にはシューマン「ゲノフェーファ」日本舞台初演を行うなど、現在、オペラ、オーケストラの両面において着実な成果を積み上げている指揮者として、ますます注目を浴びている。千葉交響楽団(旧ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉)音楽監督
写真(c)ai ueda

九州交響楽団

九州交響楽団

1953年発足、1973年からプロオーケストラとして活動開始。初代常任指揮者・石丸寛(現・永久名誉音楽監督)から、森正、安永武一郎(現・永久名誉指揮者)、フォルカー・レニッケ、黒岩英臣、小泉和裕、山下一史、大山平一郎、秋山和慶と受け継がれ、20134月から小泉和裕が音楽監督に就任。指揮者陣には、桂冠指揮者に秋山和慶、首席客演指揮者に小林研一郎を擁してさらなる充実を図っている。1990年の釜山公演をはじめ"アジアにひらかれた福岡"にふさわしい演奏活動、青少年育成のための演奏活動など、九州各地で年間約130回の演奏会を行っている。さらに、福祉施設でのアウトリーチ活動など、社会貢献活動も積極的に展開。
これまでに、福岡市文化賞、西日本文化賞、文部大臣地域文化功労賞、福岡県文化賞などを受賞。2006年から「九響シリーズ」のCDが発売されている。

TICKET


【特別公演・熊本】

----------------------------------

『玉置浩二PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018
THE GRAND RENAISSANCE -CURTAIN CALL-特別公演』
with  KUMAMOTO

日時:2018年4月28日(土)開演18:00(開場17:00)

会場:熊本県立劇場コンサートホール
指揮:山下一史 管弦楽:九州交響楽団
合唱:NHK熊本児童合唱団
チケット:特別料金 ¥5,000(税込・全席指定)
*特典DVD&特製プログラム付*未就学児童入場不可
※DVD(2017/8/30横浜みなとみらい公演[栁澤寿男指揮 日本フィルハーモニー交響楽団]&インタビュー映像他、約60分)

主催:ビルボードジャパン
後援:熊本日日新聞社、くまもと県民テレビ、熊本放送、テレビくまもと、FMK、FM791
特別協力:ホテル日航熊本

※本公演は特別公演のため、Club BBL会員先行、プレイガイド先行受付はございません。 

-----------------------------------------------------------------

   
チケット価格 

名古屋、福岡、横浜、大阪、松戸、東京、札幌公演
チケット:¥12,500(税込・全席指定)
*特典DVD&特製プログラム付*未就学児童入場不可
※DVD(2017/8/30横浜みなとみらい公演[栁澤寿男指揮 日本フィルハーモニー交響楽団]&インタビュー映像他、約60分)
※特典のお渡しは、公演当日のみ。チケット1枚に付き1セットのプレゼント。
※未就学児童のご入場はお断りいたします。
※本公演は、開演中の客席へのご入場を制限させていただきます。予めご了承下さい。

DETAIL

主催・企画制作 ビルボードジャパン
後援 米国ビルボード、熊本日日新聞社、くまもと県民テレビ、熊本放送、テレビくまもと、FMK、FM791(熊本)
特別協力 公益財団法人 九州交響楽団、ホテル日航熊本(熊本)
企画協力 キョードー東京(横浜)、キョードー西日本(熊本)
開催日時
会場
名古屋:3/2(金) 愛知県芸術劇場大ホール 開演19:00 ※完売、終演
福岡:3/7(水) 福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)開演19:00 ※完売、終演
横浜:3/11(日) パシフィコ横浜 国立大ホール 開演15:00 ※完売、終演
大阪:3/16(金) フェスティバルホール 開演19:00 ※完売、終演
   3/17(土) フェスティバルホール 開演16:00 ※完売、終演
札幌:4/13(金) 札幌コンサートホールKitara 開演19:00 ※完売、終演

【特別公演】
松戸:4/1(日)森のホール21 開演16:00 ※完売、終演
東京:4/10(火)東京文化会館 開演19:00 ※完売 終演
熊本:4/28(土)熊本県立劇場コンサートホール ※完売、終演

出演 玉置浩二
指揮 山下一史(札幌、熊本)
栗田博文(福岡)
栁澤寿男(名古屋・横浜・大阪・松戸)
西本智実(東京)
管弦楽 ビルボードクラシックスオーケストラ(名古屋)
九州交響楽団(福岡、熊本)
東京フィル・ビルボードクラシックスオーケストラ(横浜)
兵庫芸術文化センター管弦楽団(大阪)
東京フィルハーモニー交響楽団(松戸、東京)
札幌交響楽団(札幌)
合唱 横浜少年少女合唱団(横浜・東京)
NHK熊本児童合唱団(熊本)

PHOTOS

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。