CONCERT

KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2015-THE FINAL--destined to have a life with music-

-降り注ぐ祝祭の響き、玉置浩二とともに-

destined to have a life with music「音楽の宿命的出会い」と謳い誕生した、玉置浩二初のフルオーケストラコンサート。
2015年の日本の音楽シーンにおいて圧倒的な反響をうけ即日完売となった全国公演に引き続き、舞台は11月13日の香港公演を経て東京に舞い降りる。
祝祭の舞台は東京国際フォーラム。その大きな輝きに相応しい新しいオーケストラ作品(「行かないで」「夢のつづき」)も加わり
豪華プログラムとして再び誕生する。そして、盟友、大友直人指揮東京フィルハーモニー交響楽団が登場。
現代最高の音楽の名手たちが奏でる旋律のなかで玉置浩二の限りなく優しくそして切ない歌声が響きわたる。
冬夜の東京、大空間に降り注ぐ祝祭の華麗でダイナミックな響き。それは貴方と玉置浩二だけの大切な記憶に重なるに違いない。

 

-本公演のチケットは完売となっております-

SCHEDULE

2015年12月8日(火) 東京国際フォーラム ホールA 19:00開演 ※SOLD OUT

■オンエア情報

「玉置浩二 33年目の新境地~フルオーケストラと夢の競演~」
9月21日(月・祝) 午前10時05分~11時 
テレビ東京系列6局ネット
[テレビ東京、テレビ北海道、テレビ愛知、テレビ大阪、テレビせとうち、TVQ九州放送]にて放送

■香港公演

【Koji Tamaki Live in Hong Kong】
開催日時:2015年11月13日(金)
会場:Asia World Arena
指揮:Chiu Tsang Hei
管弦楽:Hong Kong City Pops Orchestra

公演詳細:https://www.facebook.com/kojitamakihk

MOVIE

PROFILE

玉置浩二KOJI TAMAKI

<!--:ja-->玉置浩二<!--:--><!--:en-->KOJI TAMAKI<!--:-->

1958年生まれ。北海道出身のシンガーソングライター。1982年バンド「安全地帯」としてデビュー。「ワインレッドの心」、「恋の予感」、「悲しみにさよなら」など80年代の音楽シーンを席巻。ソロ活動で作詞も手がけ始め、「田園」「メロディー」をはじめとする多くのヒットを生み出す。 2012年には、オリジナルレーベル「SALTMODERATE」を発足。安全地帯とソロの活動を並行して行いながら、2014年、7年ぶりとなるオリジナル・ソロ・アルバム『GOLD』、そして同じ時代を共有してきたアーティストの名曲を歌ったアルバム『群像の星』をリリース。2015年・2016年、国内外の主要オーケストラと共演するビルボードクラシックス公演を実施。2016年6月、バルカン特別編成交響楽団に管弦楽作品「歓喜の歌」を謹呈。2017年、ソロデビュー30周年そして安全地帯デビュー35周年というダブルアニバーサリーイヤーでは、日本武道館で開催した安全地帯35周年記念ライブでは2日間で2万5000人の動員を記録した。2018年はオーケストラとの共演、ソロツアーとライブ活動を中心とし、圧倒的なボーカル力で観客へ感動をもたらした。
オフィシャルサイト http://www.saltmoderate.com/
Photo by RYO KATO

大友直人(音楽監修&指揮)Naoto Otomo(music director & conductor)

<!--:ja-->大友直人(音楽監修&指揮)<!--:--><!--:en-->Naoto Otomo(music director & conductor)<!--:-->

桐朋学園大学を卒業。指揮を小澤征爾、秋山和慶、尾高忠明、岡部守弘各氏に師事した。桐朋学園大学在学中からNHK交響楽団の指揮研究員となり、22歳で楽団推薦によりNHK交響楽団を指揮してデビュー。現在、群馬交響楽団音楽監督、東京交響楽団名誉客演指揮者、京都市交響楽団桂冠指揮者、琉球交響楽団ミュージックアドバイザー。また、2004年から8年間にわたり、東京文化会館の初代音楽監督を務めた。 在京オーケストラの定期演奏会にとどまらず、これまでにコロラド交響楽団、インディアナポリス交響楽団、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団などに招かれ、2012年にはハワイ交響楽団のオープニングコンサートを指揮、同年6月にはロレーヌ国立管弦楽団の定期公演に客演。絶賛を博し、欧米での活躍にも大きな期待が寄せられている。 第8回渡邊暁雄音楽基金音楽賞(2000年)、第7回齋藤秀雄メモリアル基金賞(2008年)を受賞。 

写真©Rowland Kirishima

Born in 1950, Naoto Otomo graduated from the Toho Gakuen School of Music
having studied conducting under Seiji Ozawa, Kazuyoshi Akiyama, Tadaaki Odaka and Morihiro Okabe.
His studies took him to Tanglewood where he worked with conductors such as André Previn,
Leonard Bernstein and Igor Markevitch. While still a student at Toho Gakuen,
Naoto Otomo was named Assistant Conductor of the NHK Symphony Orchestra,
and upon the recommendation of its members, made his debut with the orchestra at the age of 22.

During his career, Naoto Otomo has regularly made appearances with major orchestras
both in Japan and overseas. He is currently Music Director of the Gunma Symphony Orchestra,
Honorary Guest Conductor of the Tokyo Symphony Orchestra,
Conductor Laureate of the Kyoto Symphony Orchestra,
and Music Advisor to the Ryukyu Symphony Orchestra. In 2004,
He was appointed as the first Music Director of the Tokyo Bunka Kaikan concert hall,
a post he held for 8 years.

Outside Japan, Naoto Otomo has appeared with the Colorado Symphony,
Indianapolis Symphony Orchestra and Royal Stockholm Philharmonic Orchestra;
in July 2001 he led the Philharmonia Orchestra on their tour to Japan,
in March 2012 he conducted the opening concert of the Hawaii Symphony Orchestra,
and in June 2012 he appeared as a guest conductor with the Lorraine National Orchestra.
His conducting has won him great acclaim,
and there is much anticipation of future work in both Europe and the United States.

Naoto Otomo is the recipient of the 8th Akio Watanabe Music Foundation Award (2000)
and the 7th Hideo Saito Memorial Fund Award (2008).
Creating new music scenes in which classical and music from other genres collaborate,
Otomo does not shy away from stage productions that stray from established genres
and forms of expression; he is truly an innovative music producer.

 

東京フィルハーモニー交響楽団

東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立。日本で最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約160名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督にチョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者にミハイル・プレトニョフを擁する。Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティ コンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会や「渋谷/平日/休日の午後のコンサート」等の自主公演、新国立劇場等でのオペラ・バレエ演奏、『名曲アルバム』『NHKニューイヤーオペラコンサート』『題名のない音楽会』『東急ジルベスターコンサート』『NHK紅白歌合戦』などの放送演奏の他、各地学校等での訪問コンサート等により、全国の音楽ファンに親しまれる存在として、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。海外公演も積極的に行い、国内外から高い評価と注目を集めている。2020~21年のコロナ禍における取り組みはMBS『情熱大陸』、NHK BS1『BS1スペシャル 必ずよみがえる~魂のオーケストラ 1年半の闘い~』などのドキュメンタリー番組で取り上げられた。
1989年よりBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

公式ウェブサイト https://www.tpo.or.jp/
Facebook /TokyoPhilharmonic/
Twitter @tpo1911
Instagram tokyophilharmonicorchestra

DETAIL

   
主催 ビルボードジャパン
企画制作 ビルボードジャパン、東京フィルハーモニー交響楽団
後援 米国ビルボード、TOKYO FM
開催日時 2015 年12 月8日(火) 19:00開演 18:00開場  ※SOLD OUT
会場 東京国際フォーラム ホールA
出演 玉置浩二
指揮 大友直人
管弦楽 東京フィルハーモニー交響楽団

TICKET

チケット価格 SS12,000円 S10,000円、A8,000円(税込・全席指定) 
※特製プログラム付
※未就学児童入場不可
一般チケット 2015 年9 月19 日(土)10時より各プレイガイドより販売開始  ※SOLD OUT

キョードー東京 0570-550-799 http://www.kyodotokyo.com/tk
ぴあ 0570-02-9999 http://w.pia.jp/t/tamaki-t/ (P コード:275-552)
ローソン 0570-084-003 http://l-tike.com/tamaki-1208/ (Lコード:74828)
イープラス http://eplus.jp/kojitamaki-psc2015/
楽天 http://r-t.jp/ktamaki

ClubBBL
先行抽選販売
※受付終了
確認用URL: http://l-tike.com/club-bbl2015tamaki/
■Club BBL会員登録に関するお問合せ
「クラブ・ビー・ビー・エル」事務局 03-3479-4141 (平日10:00~19:00/土日祝定休)
お問合せ先 キョードー東京 0570-550-799

PHOTOS

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。