REPORT

INNOVATION CLASSICS TOMOMI NISHIMOTO×TOSHIHIKO TAKAMIZAWA 2/20公演レポート

西本智実×高見沢俊彦、“クラシック音楽の革新”へ

INNOVATION CLASSICS TOMOMI NISHIMOTO ×TOSHIHIKO TAKAMIZAWA(2.20)ライブレポート

 音楽の革新に挑む二人の音楽家、西本智実と高見沢俊彦。2016年2月20日と21日、世界の舞台で活躍する西本&イルミナートフィルハーモニーオーケストラと、日本のロック界の頂点にたつギタリストである高見沢が、東京・Bunkamuraオーチャードホールで競演した。

 【INNOVATION CLASSICS=クラシック音楽の革新】と題されたこの日のステージ。事前にアナウンスされていた、ヴィヴァルディ「夏」(『四季』より)をはじめとしたクラシックの名曲を複数演奏した第一部と、ムソルグスキー作曲/ラヴェル編曲の組曲『展覧会の絵』を演奏した第二部。その両方を通して、この日のオーチャードホールで表現されたのは、まさしく“クラシック音楽の革新”への挑戦そのものだった。

 まず舞台配置は、客席から見て手前に西本&イルミナートフィルハーモニーオーケストラ、そして後方に高見沢率いるバンドが並ぶという配置。定刻を少し過ぎオーケストラが入場すると、それに続いて高見沢らバンドメンバーがステージに登場する。高見沢は他のメンバーよりもひとつ高いステージに上がり、今回の挑戦の最も重要な一人であることを、まずはそのポジションで示す。そして一曲目はバンドメンバーのみによる「Takamiy Classics Fantasy op.1」からスタート。浮遊感のあるシンセサイザーの響きと照明が照らし出す幻想的な雰囲気の中、高見沢のギターが鳴り響き、ホルストの「木星」(組曲『惑星』)など、誰もが知っているクラシックの名フレーズを次々と引用、ロックの演奏で聴かせていく。まずはロックの側からクラシック音楽へ、今回の取り組みへの決意表明のような演奏だ。

 その演奏が終わると、今度は西本がステージに登場。第一部のハイライトとも言えるヴィヴァルディ「夏」<第3楽章>が始まる。演奏は西本指揮によるオーケストラから、高見沢率いるバンドへ、そしてまたオーケストラへと、まるでバトンを受け渡すかのように交互に演奏するパートを経て、次第に両者の音が重なっていく。その激しい応酬と高見沢の圧巻のギター・サウンドによって、ヴィヴァルディがかつて描こうとしたであろう、情熱的な夏の光と熱を現代のホールに描き出す。この曲が本来持ち得る魅力を、ロック・バンド的な音の激しさによってさらに引き出そうという、野心的でありながら本質的な解釈に息を呑む。

 その後、バンドは一度下がって、今度はオーケストラのみでマスカーニの歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲を演奏。前曲の激しさがもたらした余韻を鎮めるような選曲と演奏で、この日のコンサートに必要なエレクトリックのロックと生音のクラシックとの対比というメリハリを与える意味でも重要なものだった。

 続く「アルビノーニの弦楽のためのアダージョ」では、高見沢のギターとストリングスが一体となって美しいハーモニーを聴かせる。特に、エレキギターに付き物のフィードバック・サウンドと、ストリングスのパートを丁寧に合わせることで生まれる緊張感は至上。先ほどの激しさとは全く異なる意味で観客をグッと引き込む。本来オルガンが演じるべきパートにシンセサイザーが配されるなど、ギター以外のパートもしっかりとオーケストラの一部として機能していたことも、今回のコンサートの見どころの一つだった。演奏後、まずは高見沢とバンドが大きな拍手を受け、一足先に第一部のステージを後にした。

 第一部のラストは西本とオーケストラによるエルガー「威風堂々」第1番。西本のリズムのタメを多用した指揮は、誰もが知っている名曲の演奏に新たな躍動感を与える。彼女がこれまでにもジャズやポップスのミュージシャンと違和感なく競演してきた理由に、こうしたリズム面での柔軟な姿勢と、一見それとは正反対と思われる、一切の迎合のないクラシック音楽への真摯な姿勢の絶妙な調和があることを改めて思い知るような演奏だった。

 20分ほどの休憩を挟んで行われた第二部。いよいよ行われた『展覧会の絵』の演奏では、今回の競演の革新性がよりはっきりと表れていた。 

 『展覧会の絵』と言えば、かの有名なロック・バンド、EL&P(エマーソン・レイク・アンド・パーマー)がアルバムで取り上げたことで、ロック・ファンにもよく知られており、今回のコンサートにあたって高見沢自身もEL&Pと出会った当時の衝撃を公演パンフレットの中で語っている。だが、EL&Pの『展覧会の絵』は、現代の耳で改めて聴き返してみると、我田引水的とも言える半ば強引な解釈が功を奏したものだったと思える。シンプルなリズムに対する解釈なども含めて、パンク的とも言える初期衝動の興奮が、その音楽の核となっているのだ。

 それに対して、今回のコンサートは全く異なるアプローチが取られていた。同じく公演パンフレットで高見沢は「あの時代に、もしもエレキギターがあったとしたら、作曲者であるムソルグスキーは『展覧会の絵』どんな使い方をしただろうか?」と語る。つまり、ムソルグスキー(そして編曲者のラヴェル)が目指したものに出来るだけ寄り添いながら、現代から解釈するという、より伝統に重きを置いた方法論だったのだ。

 ゆえに前半は高見沢のギターをはじめバンドは控えめ。もちろん作品全体をリードする役割を持つ「プロムナード」での演奏は押さえつつ、極めて慎重にオーケストラの演奏に音を重ね、ムソルグスキーの名曲にラヴェルが加えた音の“色彩”に、自らも色を加え、そのパレットを拡張していく。それは高見沢やバンドが単にプレーヤーとして優れているからだけではなく、熟練の“ミュージシャン”だからこそ実現できることだったと言える。ストリングスとギターのユニゾン、また、リハーサル時に西本の提案により取り入れた、ギターを擦った音をエフェクターに通してエコーさせることで生まれる、まさしくエレキギターならではの奏法も駆使しつつ、クライマックスに向けて演奏を構築していく様は実にスリリングであった。

 “色彩”という言葉に注目すると、今回は視覚的な要素も見逃せない。色とりどりの照明を駆使したステージセットはそれだけでも見ものであり、こちらは通常のクラシックのコンサートではなかなか味わえない形で、『展覧会の絵』の世界を広げていた。

 そうして、まさしく一つの“オーケストラ"となったバンドとイルミナートフィルは、現代に相応しい新たな『展覧会の絵』を完奏した。第一部から第二部を通して、バンドとオーケストラが次第に融合していくプロセスそれ自体も、今回のコンサートの大きな魅力だったと言える。

 演奏後、西本と共にステージ前方に並んだ高見沢は、誇らしげにも、どこか気恥ずかしそうにも見えた。そんな2人に贈られた観客のスタンディング・オベーションに応える形で、バンドとオーケストラが予定にはなかったアンコールを実施。もう一度、ヴィヴァルディ「夏」<第3楽章>を演奏した。その演奏が、先ほどの緊張感とはうって変わって、完奏の喜びと解放感が感じられるものであったことは、逆説的にこの日の重圧の大きさを物語っていたと言える。それを達成した、ということを観ているこっちも誇らしく思えるような素晴らしいステージであった。

 

◆西本智実 次回公演
大和証券グループPresents
偉大なる作曲家達の恋文Vol.2~愛、やがて狂気に~

日時 2016年4月14日(木) 19:00開演 18:15開場
会場 紀尾井ホール
曲目:ベルリオーズ 幻想交響曲 
   サン=サーンス 交響詩「死の舞踏」
   オッフェンバック 歌劇「ホフマン物語」より『舟歌』
指揮:西本智実 語り:佐久間良子
管弦楽:イルミナートフィルハーモニーオーケストラ
S席8,000円 A席6,000円 B席5,000円
チケット取り扱い:チケットぴあ、イープラス、紀尾井ホールチケットセンター

公演お問い合わせ 03-3593-3221

 

PROFILE

高見沢俊彦

高見沢俊彦

1974年8月25日シングル『夏しぐれ』でデビュー。THE ALFEEのリーダー、楽曲制作を担当。1983年『メリーアン』が大ヒット。現在に至るまで日本の音楽シーンを代表するバンドとして活躍している。2014年8月25日にデビュー40年を迎えた。『メリーアン』以降2016年5月リリースの最新シングル『今日のつづきが未来になる』まで、チャート紙ランキングで50作品連続ベスト10入りを果たしている。一方、コンサートでも精力的な活動を続けており、海外公演は1998年「ニューヨーク」、翌1999年には「ベルリン」にて成功をおさめている。
2015年、第57回日本レコード大賞 企画賞を受賞。

THE ALFEEオフィシャルHP http://www.alfee.com/

西本智実

西本智実

 イルミナート芸術監督兼首席指揮者、ロイヤルチェンバーオーケストラ音楽監督兼首席指揮者、日本フィルミュージックパートナー。大阪音楽大学客員教授、松本歯科大学名誉博士。平戸名誉大使第1号、大阪国際文化大使第1号。 名門ロシア国立響及び国立歌劇場で指揮者ポストを外国人で初めて歴任、世界約30ヶ国の名門オーケストラ、名門歌劇場、国際音楽祭より指揮者として招聘。2013年よりヴァチカン国際音楽祭に毎年招聘され、2014年にはヴァチカンの音楽財団より【名誉賞】が最年少で授与。国家戦略担当大臣より感謝状、出光音楽賞など 受賞多数。
 2004年『Newsweek JAPAN』「世界が尊敬する日本人100人)」に選出、2007年ダボス会議のヤンググローバルリーダーに選出。2015年エルマウ(ドイツ)・2016年伊勢志摩G7サミットに向け、日本政府が海外へ日本国を広報するテレビCM及び日本国政府公式英文広報誌に国際的に活躍している日本人として起用。ハーバード大学院(ケネディスクール)"エグゼクティブ教育"にアメリカの3つの財団より奨学金研修派遣され修了。
 BSジャパン毎週日曜日午前10時30分~「ミステリアス・ジャパン」のナビゲーター、音楽・指揮を務めている。

西本智実公式HP http://www.tomomi-n.com/
写真:塩澤秀樹

イルミナートフィルハーモニーオーケストラ

イルミナートフィルハーモニーオーケストラ

芸術監督西本智実のもと、受賞歴を多く持つ国内外のオーケストラ首席経験者などの奏者で結成され、国籍・国境を超越する今までの既成概念から抜け出した新しいスタイルのオーケストラ。ヴァチカン国際音楽祭にウィーンフィルと共にメインオーケストラとして連続招聘をされ、京都南座ではオペラ『蝶々夫人』全幕を京都の芸妓・舞妓衆と共演、『高野山開創1200年記念法要演奏会』、『泉涌寺音舞台』、『開業125周年記念企画帝国ホテル芸術祭』等、各地の伝統芸能を採り入れ新しい融合により日本文化を世界へと発信。ベトナム公演での民族楽器ダンバオとの共演や2015年日韓国交正常化50周年記念の公演など、アジア文化の新しい融合も発信、また、グラミー賞受賞のジャズ・ピアニストのロバート・グラスパーとの共演等、幅広い活動をしている。2014年からオーチャードホール定期公演がスタート。テレビやCMにも出演多数。

 

イルミナート公式HP  http://illuminartphil.com 
イルミナート公式Twitter   https://twitter.com/IlluminArtPhil   
写真:新井秀幸

DETAIL

主催 ビルボードジャパン
後援 米国ビルボード
企画制作 ビルボードジャパン、オフィスTEN、プロジェクトスリー
協力 ユニバーサルミュージック合同会社
開催日時 2016年2月20日(土) 18:15開場/19:00開演 ※Sold out
2016年2月21日(日) 16:15開場/17:00開演 ※Sold out
会場 Bunkamura オーチャードホール
指揮 西本智実
出演 高見沢俊彦
管弦楽 イルミナートフィルハーモニーオーケストラ

 

ステージ写真 加藤千絵(CAPS)

PHOTOS

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。