CONCERT

billboard classics
Symphonic Concert "Grand Duo" 2021石崎ひゅーい×尾崎裕哉 ~双発機~

石崎ひゅーいVS尾崎裕哉
あの「双発機」がふたたび

オーケストラとの共演で新境地を切り拓く

プレイガイド先行エントリー 2/26(金)~3/9(火)まで
チケット情報はこちら

 

「billboard classics」の新シリーズ、二人のアーティストによるオーケストラとの共演 "Grand Duo"。その第1弾として石崎ひゅーい、尾崎裕哉によるコラボコンサートが決定!
感情に訴えかけるまっすぐな歌声とエモーショナルなライブパフォーマンスで観客を魅了し続けるシンガーソングライター石崎ひゅーい。一方、父・尾崎豊の声を受け継ぎ、自身の音楽観と融合させていくという目標を掲げ、オーケストラとのソロコンサートにも果敢に挑戦してきた尾崎裕哉。2013年の尾崎豊トリビュートライブで初めて共演して以来、互いの音楽性で刺激しあってきた二人。2018年の「双発機」と冠した初の2マンライブは、「I LOVE YOU」「15の夜」といった尾崎豊の名曲をギター1本でぶつかり合いながら歌い上げる互いのエネルギーが会場に満ち溢れる伝説のライブに・・・。そんな二人の「双発機」はオーケストラとの共演という新たな舞台へ力強く飛び立ち、多彩な音が奏でるハーモニーとともにまだ見ぬ新境地へと聴衆を誘う。

 

【特別インタビュー映像公開】

オーケストラとの真剣勝負に挑む「双発機」
石崎ひゅーい×尾崎裕哉、尾崎豊が繋いだ二人がオーケストラ公演にかける思いを語る

出演:石崎ひゅーい、尾崎裕哉
音楽監督:須藤晃
指揮:栗田博文
管弦楽:【東京】東京フィル・ビルボードクラシックスオーケストラ【兵庫】大阪交響楽団

SCHEDULE

2021年4月25日(日)開場16:00 開演17:00 東京文化会館 大ホール
2021年5月2日(日)開場16:00 開演17:00 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール

〇新型コロナウイルス感染予防対策について

※本公演の収容率は首都圏に発出されている緊急事態宣言の動向をみながら判断いたします。(21/3/2更新)
※公演実施については今後の政府の方針により、変更になる場合もございます。

当日は、政府および自治体等による感染拡大予防のための各種ガイドラインに基づき
感染予防対策を徹底し、お客様により良い公演をお届けできるよう、
また、安心してご来場いただけますよう、出演者・スタッフをはじめ関係者一同、全力で努めてまいります。

ご来場を予定されているお客様におかれましては、
注意事項をご確認の上、チケットをお求め頂いたうえで、
新型コロナウイルス感染拡大予防の趣旨をご理解頂き、手洗いおよび咳エチケットの徹底、消毒液のご利用など
感染予防および拡散防止にご協力いただきますようお願い申し上げます。
ご来場のお客様へご協力のお願いと感染予防対策について

MOVIE

PROFILE

石崎ひゅーい

石崎ひゅーい

本名。
母親がDavid Bowieのファンで、その息子がZowie(ゾーイ)という名前だったことから、もじって、Huwie(ひゅーい)と名付けた。
2018年、菅田将暉に楽曲提供した「さよならエレジー」が驚異的なヒットソングに。
2019年、大泉洋主演映画「そらのレストラン」にも出演し、俳優としても活躍の場を広げる。

オフィシャルサイト:http://www.ishizakihuwie.com

Twitter:https://twitter.com/huwie0307

 

尾崎裕哉

尾崎裕哉

Hiroya Ozaki

デジタルネイティブ世代のバイリンガル、
コンテンポラリー・シンガーソングライター。
1989年、東京生まれ。
2歳の時、父・尾崎豊が死去。母と共にアメリカに渡り、15歳までの10年間を米国ボストンで過ごす。慶應義塾大学大学院卒。2016年に、自伝『二世』(新潮社)を出版し、アーティスト「尾崎裕哉」としては初の音源となるDigital 1st Single『始まりの街』をリリース。2020年10月に1stフルアルバム『GOLDEN HOUR』をSMEレコーズより発表。
フルオーケストラとの競演によるビルボードクラッシックスコンサートは2019年5月のサントリーホール、2020年8月には兵庫県立芸術文化センターKOBELCOホールにて開催、そのスケール感ある表現力が高く評価された。また弾き語りツアー「ONE MAN STAND」、バンドツアー「INTO THE NIGHT」と様々なスタイルでのライブ活動を行っている。ラジオ番組「Night Time Dreamers」(FM COCOLO)も担当している。

尾崎裕哉オフィシャルサイト www.hiroyaozaki.com

須藤晃(音楽監督)

須藤晃(音楽監督)

1952年生まれ 富山県出身
音楽プロデューサー・作家。
1977年東京大学文学部英米文学科卒業。
1977年CBSソニー(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)入社。
1996年に独立、(株)カリントファクトリー主宰。
2015年よりオーバード・ホール/(公財)富山市民文化事業団芸術監督に就任。

尾崎豊、村下孝蔵、玉置浩二、石崎ひゅーいらの制作パートナーとして数々の名曲を発表し続けている。

栗田博文(指揮)

栗田博文(指揮)

1988年、第23回東京国際音楽コンクール指揮部門において第1位優勝を果たし、翌年、国内主要オーケストラを指揮しデビュー。1989年に渡欧。同年、第1回アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクール(イタリア)に入賞し国際的な評価を確立。1995年、第1回シベリウス国際指揮者コンクール(フィンランド)の最高位に輝く。同年、フィンランド放送交響楽団より招かれ、ヨーロッパデビューを果たし大好評を博す。国内外の活発な指揮活動とともに、国立音楽大学客員教授を務め、後進の指導にも力を注いでいる。クラシック音楽の古典から現代作品まで、幅広いレパートリーを持つほか、様々なジャンルとのコラボレーションも積極的に行っている。
栗田博文ブログ http://hirofumi-kurita.com/

東京フィルハーモニー交響楽団

東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立。日本で最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約160名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督チョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者にミハイル・プレトニョフを擁する。Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティコンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会や「渋谷の午後のコンサート」「平日の午後のコンサート」「休日の午後のコンサート」等の自主公演、新国立劇場等でのオペラ・バレエ演奏、『名曲アルバム』『NHKニューイヤーオペラコンサート』『題名のない音楽会』『東急ジルベスターコンサート』などの放送演奏、各地学校等での訪問コンサート等により、全国の音楽ファンに親しまれる存在として、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。海外公演も積極的に行い、国内外から高い評価と注目を得ている。
1989年からBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

公式ウェブサイト https://www.tpo.or.jp/
フェイスブック /TokyoPhilharmonic/
ツイッター @tpo1911
インスタグラム tokyophilharmonicorchestra

写真クレジット
©上野隆文

ビルボードクラシックスオーケストラ

ビルボードクラシックスオーケストラ

ビルボードクラシックスが主宰するポップスとクラシックの融合による新しい音楽の創出に挑む演奏家たちによる特別編成オーケストラ。2015年以来、玉置浩二、石井竜也、八神純子、福原美穂プレミアム・シンフォニック・コンサートや、ビルボードクラシックス・フェスティバルなど数々の舞台において高いパフォーマンスを発揮し、その豊潤な響きが観客を魅了し続けている。新しい音楽を開拓する意思のもと、関東・関西の主要オーケストラから選抜した俊英演奏家たちが集結。

写真:兵庫県芸術文化センター公演(2014年2月より) 指揮:柳澤寿男

大阪交響楽団

大阪交響楽団

1980年創立。初代音楽監督・常任指揮者に小泉ひろしを迎える。永久名誉楽団代表・敷島博子が『聴くものも、演奏するものも満足できる音楽を!』を提唱。いつも聴衆を“熱く”感動させるその演奏は、「魂の叫び」「情熱の音」であると評されている。1992年1月にトーマス・ザンデルリンクを音楽監督・常任指揮者に迎え、オーケストラとしての基礎を築いた。その後曽我大介を音楽監督・常任指揮者に、さらに大山平一郎がミュージックアドバイザー・首席指揮者に、そして2008年4月からは児玉宏が音楽監督・首席指揮者に就任、その活動ぶりと演奏は各方面から高い評価を得た。楽団名を「大阪シンフォニカ-」から2001年1月に「大阪シンフォニカ-交響楽団」、さらに2010年4月に「大阪交響楽団」と改称。また支援組織として、1988年大阪シンフォニカ―協会設立、2008年12月に一般財団法人となる。さらに2012年4月に支援組織と楽団を統合し、一般社団法人大阪交響楽団となり、2018年11月に公益社団法人となった。2000年本拠地を大阪府堺市へ移転。2006年4月、大和ハウス工業株式会社 代表取締役会長 樋口武男氏が運営理事長を経て、2018年11月公益社団法人大阪交響楽団理事長に就任。2020年10月に大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長 芳井敬一氏に理事長をバトンタッチした。日本楽壇最長老の外山雄三がミュ-ジック・アドバイザ-を経て、2020年4月名誉指揮者に就任、2019年4月には太田弦(2015年、第17回東京国際音楽コンクール〈指揮〉で第2位ならびに聴衆賞を受賞)が正指揮者に就任し、さらなる楽団の飛躍が期待されている。

楽団公式ホームページ(http://sym.jp)(2021年1月現在)
写真クレジット ⓒ飯島隆

TICKET

チケット価格 全席指定:8,800円(税込・全席指定)
ペアチケット:16,000円(税込・全席指定)
※未就学児入場不可 チケットはお一人様1枚必要です。

学生席:2,000円(税込・全席指定) 
※一般発売日より販売(公演により取扱いプレイガイドが異なります)
※対象:小学生~大学生・専門学校生(社会人学生を除く)
※客席後方の座席になります
※各公演枚数限定となります

 

----------------------------

プレイガイド先行
《受付中》

●エントリー受付期間 :2021年2月26日(金)~3月9日(火)

【東京】
・キョードー東京 https://tickets.kyodotokyo.com/huwie-hiroya/ 0570-550-799
・ローソンチケット https://l-tike.com/huwie-hiroya/ 
・チケットぴあ https://w.pia.jp/t/huwie-hiroya/ 0570-02-9999
・イープラス https://eplus.jp/huwie-hiroya/

【兵庫】
・ローソンチケット https://l-tike.com/ 
・チケットぴあ https://t.pia.jp/ 0570-02-9999
・イープラス http://eplus.jp/
・CNプレイガイド 0570-08-9999
・楽天チケット http://ticket.rakuten.co.jp

---------------

  一般発売

 2021年3月13日(土)10:00
※下記プレイガイドのリンクは発売日の前日または当日より有効となります。

【東京】
・キョードー東京 https://tickets.kyodotokyo.com/huwie-hiroya/ 0570-550-799
・ローソンチケット https://l-tike.com/huwie-hiroya/ 
・チケットぴあ https://w.pia.jp/t/huwie-hiroya/ 0570-02-9999
・イープラス https://eplus.jp/huwie-hiroya/

【兵庫】
・ローソンチケット https://l-tike.com/ 【Lコード:51667】
・チケットぴあ https://t.pia.jp/ 0570-02-9999 【Pコード:193-318】
・イープラス http://eplus.jp/
・CNプレイガイド 0570-08-9999
・楽天チケット http://ticket.rakuten.co.jp

 ----------------------------

チケット発券開始日

【東京】2021年4月15日(木)
【兵庫】2021年4月18日(日)
---------------------------- 

FC先行
(受付終了)

●エントリー受付期間 :2021年2月17日(水)15:00~ 2月23日(火祝)23:59 ※受付終了
石崎ひゅーいFC「人間図鑑」https://www.ningenzukan.com/
尾崎裕哉FC「Charles River Club」https://club.hiroyaozaki.com/

Club BBL会員先行
(受付終了)

ローチケ独占先行
(受付終了)

●エントリー受付期間 :2021年2月19日(金)15:00~2月25日(木)23:59  ※受付終了

●受付URL: https://l-tike.com/st1/clubbbl-ticket4444

ClubBBL会員ご登録に関するお問合せ 
ClubBBL事務局 03-3479-4141(当面の間平日12:00~17:00)

---------------

●エントリー受付期間 :2021年2月19日(金)15:00~2月25日(木)23:59  ※受付終了
●受付URL: https://l-tike.com/bc21-ohih/

----------------------------

注意事項 ※車椅子をご利用のお客様は、下記までお電話にてお問合せ下さい。
※公演実施については今後の政府の方針により、変更になる場合もございます。
※チケットを紛失された方、または当日チケットをお忘れになった方はチケットがなければどのような場合でもご入場できません。
※本公演購入時にご登録の氏名、緊急連絡先等は、万が一来場者から新型コロナウイルス感染者が発生した場合など、必要に応じて保健所等の公的機関へ提供させていただく場合がございます。
----------------------------
お問合せ先 【東京】キョードー東京  0570-550-799(平日11:00〜18:00/土日祝10:00〜18:00)
【兵庫】キョードーインフォメーション 0570-200-888(平⽇・⼟曜11:00〜16:00) 

DETAIL

主催・企画制作 ビルボードジャパン
後援 米国ビルボード 
【東京】J-WAVE 【兵庫】FM COCOLO
開催日時
・会場

【東京】2021年4月25日(日)開場16:00 開演17:00 東京文化会館 大ホール
【兵庫】2021年5月2日(日)開場16:00 開演17:00 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール

   
出演 石崎ひゅーい、尾崎裕哉
音楽監督 須藤晃
指揮 栗田博文
管弦楽 【東京】東京フィル・ビルボードクラシックスオーケストラ
【兵庫】大阪交響楽団

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。