REPORT

FUMIYA FUJII PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2014 TOKYO東京公演ライブレポート

藤井フミヤ30周年の軌跡を彩る初のフルオーケストラ公演。
賞賛の中、東京文化会館でスタート!

今年デビュー30周年、ソロデビュー20周年のダブルアニバーサリーイヤー後半戦を迎え、
さらに意欲的に音楽領域を広げる藤井フミヤ。
初のフルオーケストラ公演となる、「billboard classics FUMIYA FUJII PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2014」が
4月30日、日本クラシック音楽の殿堂、 東京文化会館を皮切りにスタートしました。
その東京公演についてレポートします。

観客を魅了した藤井フミヤの歌声とオーケストラサウンド

photo01デビュー30周年を記念した本公演では、藤井フミヤの名曲の数々が華麗なオーケストラサウンドに生まれ変わるとあって、全国各地からのファンで満席に埋め尽くされました。舞台では、タキシードに身を包んだ藤井がステージに現れると、彼の代名詞とも言うべき「TRUE LOVE」や「Another orion」などを力強く伸びやかに歌い上げ、山下一史指揮の日本フィルとの絶妙なアンサンブルが観客を魅了しました。

「天まで届くよう歌います」という言葉どおり、ホール全体に響く伸びやかな歌声と、山下&日本フィルの豊潤なオーケストラサウンドがマッチングする演奏は、スタンディングオベーションで幕を閉じました。

初日を終え、藤井は「とても気持ち良い緊張感だった。シンガー人生において、とても貴重な経験ができた」と語り、さらに、「これから続くツアーで、少しずつオーケストラと音色を創り上げていくことに慣れていく様子を楽しんでいってほしい」と話しました。

ツアーは、横浜、福岡、名古屋、西宮の主要ホールで開催されます。

公演概要

billboard classics「FUMIYA FUJII PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2014」
4月30日(水)東京文化会館大ホール 18時開場/19時開演 ※SOLD OUT
お問い合わせ:キョードー東京 0570-550-799 http://www.kyodotokyo.com
■5月2日(金)横浜みなとみらいホール大ホール 18時開場/19時開演 ※SOLD OUT
お問い合わせ:キョードー東京 0570-550-799 http://www.kyodotokyo.com
■ 5月7日(水)、8日(木)福岡シンフォニーホール 18時30分開場/19時開演 ※SOLD OUT
お問い合わせ:キョードー西日本 092-714-0159 http://www.kyodo-west.co.jp
■ 5月18日(日) 愛知県芸術劇場大ホール 15時開場/16時開演 ※SOLD OUT
お問い合わせ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100 http://www.sundayfolk.com
■6月4日(水)、5日(木)兵庫県立芸術文化センター大ホール 18時15分開場/19時開演 ※SOLD OUT
お問い合わせ:サウンドクリエーター 06-6357-4400 http://www.sound-c.co.jp

photo02billboard classi出演:藤井フミヤ
指揮:大友直人(西宮公演)、山下一史(東京、横浜、名古屋、福岡公演)
管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団(東京・横浜・名古屋公演)
九州交響楽団(福岡公演)、日本センチュリー交響楽団(西宮公演)
音楽監修:大友直人 
編曲者:山下康介他

PROFILE

藤井フミヤ

藤井フミヤ

1962年7月11日、福岡県久留米市生まれ。
1983年、チェッカーズのボーカルとしてデビュー。
1993年、「TRUE LOVE」をリリースし、以降ソロアーティストとして活動している。
2014年・2015年にはデビュー30周年の軌跡を彩る自身初のフルオーケストラコンサート「billboard classics FUMIYA FUJII PREMIUM SYMPHONIC CONCERT」を開催し、各地を代表するオーケストラとの共演を成功させる。
今年4月からは世界的指揮者・西本智実を迎え、「藤井フミヤ meets 西本智実 PREMIUM SYMPHONIC CONCERT」と題した2年ぶりのフルオーケストラ公演が決定している。

オフィシャルサイト http://www.fumiyafujii.net/

大友直人(音楽監修&指揮)

大友直人(音楽監修&指揮)

桐朋学園大学を卒業。指揮を小澤征爾、秋山和慶、尾高忠明、岡部守弘各氏に師事した。桐朋学園大学在学中からNHK交響楽団の指揮研究員となり、22歳で楽団推薦によりNHK交響楽団を指揮してデビュー。現在、群馬交響楽団音楽監督、東京交響楽団名誉客演指揮者、京都市交響楽団桂冠指揮者、琉球交響楽団ミュージックアドバイザー。また、2004年から8年間にわたり、東京文化会館の初代音楽監督を務めた。 在京オーケストラの定期演奏会にとどまらず、これまでにコロラド交響楽団、インディアナポリス交響楽団、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団などに招かれ、2012年にはハワイ交響楽団のオープニングコンサートを指揮、同年6月にはロレーヌ国立管弦楽団の定期公演に客演。絶賛を博し、欧米での活躍にも大きな期待が寄せられている。 第8回渡邊暁雄音楽基金音楽賞(2000年)、第7回齋藤秀雄メモリアル基金賞(2008年)を受賞。 

写真©Rowland Kirishima

山下一史(指揮)

山下一史(指揮)

84年桐朋学園大学卒業後、ベルリン芸術大学に留学。86年デンマークで開かれたニコライ・マルコ国際指揮者コンクールで優勝。85年~89年までカラヤンのアシスタントをつとめ、急病のカラヤンの代役をジーンズ姿で務め話題となる。以降、ヘルシンボリ交響楽団(スウェーデン)首席客演指揮者、オーケストラ・アンサンブル金沢プリンシパル・ゲスト・コンダクター、九州交響楽団常任指揮者を歴任。また、02年より大阪音大ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団常任指揮者を務め、08年4月より同団名誉指揮者に就任。06年より仙台フィルハーモニー管弦楽団の指揮者として迎えられ、R.シュトラウス「英雄の生涯」、リムスキー=コルサコフ「シェエラザード」のCD制作を行うなど積極的な活動を展開。09年4月から12年3月まで同団正指揮者を務める。09年4月にはサンクトペテルブルク交響楽団定期に出演し、大成功を収めた。また、11年2月にはシューマン「ゲノフェーファ」日本舞台初演を行うなど、現在、オペラ、オーケストラの両面において着実な成果を積み上げている指揮者として、ますます注目を浴びている。千葉交響楽団(旧ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉)音楽監督
写真(c)ai ueda

日本フィルハーモニー交響楽団

日本フィルハーモニー交響楽団
1956年6月創立、楽団創設の中心となった渡邉曉雄が初代常任指揮者を務める。当初より幅広いレパートリーと斬新な演奏スタイルで、ドイツ・オーストリア系を中心としていた当時の楽壇に新風を吹き込み、大きなセンセーションを巻き起こした。2011年に創立55周年を迎えている。この歴史と伝統を守りつつ、さらなる発展を目指し、質の高い音楽をお届けする「オーケストラ・コンサート」、音楽との出会いを広げる「エデュケーション・プログラム」、音楽の力で様々なコミュニティに貢献する「リージョナル・アクティビティ(地域活動)」という三つの柱で活動を行っている。ロシアの名匠、首席指揮者アレクサンドル・ラザレフ、桂冠指揮者小林研一郎、正指揮者山田和樹、首席客演指揮者ピエタリ・インキネン、ミュージック・パートナー西本智実を軸に据えた充実した指揮者陣を中心に、さらなる演奏力の向上をめざし、"音楽を通して文化を発信"していく。2011年4月より、聴衆からの募金をもとにボランティア活動「被災地に音楽を」を開始、その数は100公演を超える。 オフィシャル・ウェブサイト http://www.japanphil.or.jp

日本センチュリー交響楽団

日本センチュリー交響楽団

〜あなたの夢、音にのせて〜日本センチュリー交響楽団(旧・大阪センチュリー交響楽団)は、1989年に活動を開始。創立以来、アンサンブルの緻密さ、古典から現代作品に至るまで柔軟かつ高い演奏能力で評価を得ている。初代常任指揮者であるウリエル・セガル(現名誉指揮者)に続いて、1997年4月からは高関健が常任指揮者を務めた。2003年4月から首席指揮者に小泉和裕を迎えるとともに定期演奏会は2005年4月に100回を数えた。2008年4月からは小泉和裕を音楽監督に、沼尻竜典を首席客演指揮者に迎え、創立20周年となる2009年度には両指揮者による記念公演を行った。2011年4月、名称を日本センチュリー交響楽団に変更し新たなスタートを切った。2014年4月から飯森範親が首席指揮者、アラン・ブリバエフが首席客演指揮者として就任し、楽団は創立25周年を迎える。大阪での定期演奏会をはじめ、近年ではさまざまな地域でも特別演奏会を行っている。その他にも「タッチ・ジ・オーケストラ(青少年のためのオーケストラ体感コンサート)」、特別支援学校コンサート、病院での室内楽コンサートなどセンチュリーならではの多彩な活動、また、センチュリー・ユースオーケストラの運営、大学からのインターンシップ生の受入れや中学生の職業体験授業など教育プログラムにも力を入れている。 「優れた演奏により地域の力を発信する」「オーケストラによる感動と癒しを提供する」「優れた才能を発掘し次世代の育成に寄与する」「国際相互理解や平和に積極的に貢献する」の4つの理念をもとに、演奏を通して多くの人びとの心に明るい夢が広がることを願い、新しい時代のオーケストラとして発展を目指している。
オフィシャル・ウェブサイト http://www.century-orchestra.jp

九州交響楽団

九州交響楽団

1953年発足、1973年からプロオーケストラとして活動開始。初代常任指揮者・石丸寛(現・永久名誉音楽監督)から、森正、安永武一郎(現・永久名誉指揮者)、フォルカー・レニッケ、黒岩英臣、小泉和裕、山下一史、大山平一郎、秋山和慶と受け継がれ、20134月から小泉和裕が音楽監督に就任。指揮者陣には、桂冠指揮者に秋山和慶、首席客演指揮者に小林研一郎を擁してさらなる充実を図っている。1990年の釜山公演をはじめ"アジアにひらかれた福岡"にふさわしい演奏活動、青少年育成のための演奏活動など、九州各地で年間約130回の演奏会を行っている。さらに、福祉施設でのアウトリーチ活動など、社会貢献活動も積極的に展開。
これまでに、福岡市文化賞、西日本文化賞、文部大臣地域文化功労賞、福岡県文化賞などを受賞。2006年から「九響シリーズ」のCDが発売されている。

DETAIL

主催 ビルボードジャパン、日本フィルハーモニー交響楽団(東京公演)
TVQ九州放送・九州交響楽団(福岡公演)
 協賛 富士通エフサス(横浜・西宮公演)
ヤナセ メルセデス・ベンツ・ジャパン(西宮公演)
公益財団法人アクロス福岡(福岡公演)
 協力 キョードー東京(東京&横浜)
サンデーフォークプロモーション(名古屋)
サウンドクリエーター(西宮)
キョードー西日本(福岡)
 企画制作  ビルボードジャパン
公益財団法人日本フィルハーモニー交響楽団(東京・横浜・名古屋)
公益財団法人日本センチュリー交響楽団(西宮)
 開催日時  東京:2014年4月30日(水)18:00開場/19:00開演
横浜:2014年5月2日(金)18:00開場/19:00開演
福岡:2014年5月7日(水)8日(木)18:30開場/19:00開演
名古屋:2014年5月18日(日)15:00開場/16:00開演
西宮:2014年6月4日(水)5日(木)18:15開場/19:00開演
 会場  東京:東京文化会館大ホール
横浜:横浜みなとみらいホール大ホール
福岡:福岡シンフォニーホール
名古屋:愛知県芸術劇場大ホール
西宮:兵庫県立芸術文化センター大ホール
 出演  藤井フミヤ
音楽監修:
大友直人
 指揮  大友直人(西宮)、山下一史(東京、横浜、名古屋、福岡)
 管弦楽 日本フィルハーモニー交響楽団(東京・横浜・名古屋)
九州交響楽団(福岡)
日本センチュリー交響楽団(西宮) 
 編曲 山下康介、石川洋光、荻森英明 

 

TICKET

この公演は終了しました。完売御礼

チケット価格 東京・横浜・名古屋・西宮公演:S席8800円、A席8000円(横浜公演のみ)
※横浜公演のA席はパイプオルガン前席エリアとなります。(舞台後方席エリア)
福岡公演:S席9800円 A席8800円 B席8000円(全席指定/消費税込)
※未就学児の入場はお断りします。
お問い合わせ 東京&横浜:キョードー東京 0570-550-799 http://www.kyodotokyo.com
福岡:キョードー西日本 092-714-0159 http://www.kyodo-west.co.jp
名古屋:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100 http://www.sundayfolk.com
西宮:サウンドクリエーター 06-6357-4400 http://www.sound-c.co.jp

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。