REPORT

FUMIYA FUJII Premium Symphonic Concert 2015~ Celebrating Fumiya's first live album ~ 大阪公演 レポート

藤井フミヤの新しい音楽表現 ~ここでしか存在しない時間~

billboard classicsが贈る「藤井フミヤ・プレミアム・シンフォニック・コンサート2015」が
大阪、フェスティバルホールで幕開けした。

FF2015大阪1

2月10日、11日、大阪のフェスティバルホールにおけるbillboard classics「藤井フミヤ・プレミアム・シンフォニック・コンサート2015」。昨年実現した藤井フミヤ、初のオーケストラ公演のライブCD リリースを記念し、開催された。

再演の舞台では、フェスティバルホールの音楽空間に緻密な大阪フィルハーモニー交響楽団のアンサンブルと藤井フミヤの歌声が、指揮者大友直人のコントロールのもと絶妙にブレンドされ、完成度の高いオーケストラコンサートとして復活した。さらに、「MY STAR」「Snow Crystal」といった作品も加わり、音楽ファンにとっては、充実した音楽体験となった。

前半は、序曲「Another Orion」に続き壮大なオーケストラの響きに誘われた不朽の名曲、「TRUE LOVE」で始まった。そして、震災の地でギター1本で披露したという「Life is Beautiful」、オリジナルでは雅楽器が使われた「鎮守の里」など管弦楽へのアレンジが興味深い作品が並び、今回から加わった「Snow Crystal」では、ホール全体に静かに雪が舞っている情景が目に浮かぶような深遠な音世界が広がった。
後半は、「すっかりドヴォルザークに愛着がわいた」と藤井が語る、ドヴォルザーク作曲交響曲第8番第3楽章で始まり、藤井フミヤ自身がミュージカルの主人公を演じるように、リズミックな作品も披露。ステージ狭しと軽やかなステップを踏んだ「なんかいいこと」では、軽快な手拍子が沸き起こった。また、新たにダンサブルなナンバーの「My Star」が披露された。客席からは歌い出しを聴いた瞬間、感嘆のため息が漏れ聞こえた。FF2015大阪2

指揮者大友直人とのトークでは何度も会場が爆笑するようなホットなかけあいもみられ、「前回よりも安定感が増した」と大友が評したように、大阪フィルハーモニー交響楽団の奏でる音に乗せて、良い意味で緊張が和らぎ、終始リラックスして楽しむ藤井フミヤの姿が印象的であった。

「たくさんの音に包まれて歌えるのは幸せです」という、指揮者、そしてオーケストラを敬愛する藤井フミヤの素直な言葉が舞台にたつ約70名に及ぶ個々の音楽家たちと客席全体の心を温かく紡いだ。フミヤの音楽に捧げる言葉がもたらした何にも代えがたい独特な一体感が印象的なコンサートであった。

そして、藤井フミヤの新しい音楽表現となった舞台で誕生した、ここでしか存在しない時間を共有したことは、会場に集まった全ての人々の心を真に幸せに導いたに違いない。

(音楽ライター:中野里絵子)

 

PROFILE

藤井フミヤ

藤井フミヤ

1962年7月11日、福岡県久留米市生まれ。
1983年、チェッカーズのボーカルとしてデビュー。
1993年、「TRUE LOVE」をリリースし、以降ソロアーティストとして活動している。
2014年・2015年にはデビュー30周年の軌跡を彩る自身初のフルオーケストラコンサート「billboard classics FUMIYA FUJII PREMIUM SYMPHONIC CONCERT」を開催し、各地を代表するオーケストラとの共演を成功させる。
また2017年は弟・尚之とのユニットF-BLOODが結成20周年を迎え、アルバムのリリースと全国ツアーの開催が決定している。

オフィシャルHP : fumiyafujii.net

大友直人(指揮)

大友直人(指揮)

桐朋学園大学を卒業。指揮を小澤征爾、秋山和慶、尾高忠明、岡部守弘各氏に師事した。桐朋学園大学在学中からNHK交響楽団の指揮研究員となり、22歳で楽団推薦によりNHK交響楽団を指揮してデビュー。現在、群馬交響楽団音楽監督、東京交響楽団名誉客演指揮者、京都市交響楽団桂冠指揮者、琉球交響楽団ミュージックアドバイザー。また、2004年から8年間にわたり、東京文化会館の初代音楽監督を務めた。 在京オーケストラの定期演奏会にとどまらず、これまでにコロラド交響楽団、インディアナポリス交響楽団、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団などに招かれ、2012年にはハワイ交響楽団のオープニングコンサートを指揮、同年6月にはロレーヌ国立管弦楽団の定期公演に客演。絶賛を博し、欧米での活躍にも大きな期待が寄せられている。 第8回渡邊暁雄音楽基金音楽賞(2000年)、第7回齋藤秀雄メモリアル基金賞(2008年)を受賞。

大阪フィルハーモニー交響楽団

大阪フィルハーモニー交響楽団

1947年、朝比奈 隆を中心に「関西交響楽団」という名称で生まれ、1950年社団法人化、1960年には改組、現在の名称になった。創立から2001年までの55年間、朝比奈 隆が指揮者を務めた。2003年4月から2012年3月まで大植英次が音楽監督を務め、2012年4月に桂冠指揮者に就任。これまでに、遠山信二、外山雄三、若杉 弘、秋山和慶、手塚幸紀、大友直人等、名指揮者達と専属契約を結んだほか、内外の一流音楽家と共演してきた。
「定期演奏会」は、ザ・シンフォニーホールで、年10回、毎回2公演を開催している。また、大阪以外の全国各地域の文化振興にも貢献しており、数回にわたるヨーロッパ、カナダ、アメリカ、韓国、台湾での演奏旅行では各地で絶賛を博した。

DETAIL

主催    ビルボードジャパン
協賛 アットホーム株式会社
後援 米国ビルボード
テレビ大阪、FM802、FM COCOLO
協力 エフエフエム
Sony Music Associated Records
ミューベンツ・ジャパン
企画制作 ビルボードジャパン
大阪フィルハーモニー交響楽団
開催日時 2月10日(火)18:00開場(19:00開演) 、
2月11日(祝・水)14:00開場(15:00開演) 
会場 フェスティバルホール
出演 藤井フミヤ
指揮 大友直人
管弦楽 大阪フィルハーモニー交響楽団

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。