CONCERT

Daiwa House presents billboard classics festival 2017

―百花繚乱、ポップス&オーケストラ音楽祭誕生―

今秋、百花繚乱のアーティストたちによるポップス&オーケストラ音楽祭の幕があがる。
日本を代表するクラシック専用ホールを舞台に現代の音楽シーンを飾る“音色のヴィーナス”たちによる競演が実現。
総勢200名余の豪華舞台には、八神純子 、渡辺美里、杏里、 NOKKO、 川井郁子、 小柳ゆき、 福原美穂らが登場。
時代を超え、未来に輝く名曲たちの響きがオーケストラの華麗な旋律とともに降り注ぐ。

出演:八神純子/渡辺美里/杏里/NOKKO/川井郁子/小柳ゆき(9/24西宮)/福原美穂

栁澤寿男 指揮 大阪交響楽団(9/24) 
栗田博文 指揮 東京フィル・ビルボードクラシックスオーケストラ(11/4) 

◆完売御礼◆
ビルボードクラシックスフェスティバル 9/24(西宮)、11/4(東京)公演ともに完売いたしました。ありがとうございました。

演奏曲
八神純子「みずいろの雨」、「Mr.ブルー ~私の地球~」他
渡辺美里「My Revolution」、「サマータイム ブルース」他
杏里「オリビアを聴きながら」、「悲しみがとまらない」他
NOKKO「人魚」、「フレンズ」他
小柳ゆき「あなたのキスを数えましょう 〜You were mine〜」、「remain~心の鍵~」他
福原美穂「明日に架ける橋」、「THANK YOU」他、
時代を超え未来に輝く名曲20作品余を披露。(予定)

SCHEDULE

西宮:2017年9月24日(日)16:00開演 会場:兵庫県立芸術文化センター 大ホール(阪急神戸線・西宮北口駅直結徒歩2分)  ※完売
東京:2017年11月4日(土)15:00開演 会場:東京文化会館 大ホール(JR上野駅公園口徒歩1分) ※完売

MOVIE

PROFILE

八神純子

八神純子

“重ねた日々が加えた色や艶。上手い、では言い足りない”
伸びやかで濁りも影もない声、小さなホールならマイクを必要としないのではないかと思わせる豊かな声量、そして確かで安定した音程。一つ一つの言葉を丁寧に伝える歌が、聴く人の心を揺さぶるシンガーソングライター。1978年に「思い出は美しすぎて」でのデビュー以来、「みずいろの雨」「ポーラー・スター」「パープル タウン~ You Oughta Know By Now」など数々のヒット曲を生み出した。
一時中断した音楽活動を2011年より再開以来、オリジナルアルバム「Here I am ~ Head to Toe~」そして「There you are」の制作や全国各地での様々な編成でのコンサートを行ってきた。
2017年はスペシャルコンサート「ヤガ祭り」渋谷Bunkamuraオーチャードホールにて幕開け、「ビルボードクラシックス・プレミアムシンフォニックコンサート」「ビルボードライブ・The Night Flight 4」「CONCERT TOUR 2017〜There you are〜」「キミの街へ」などのコンサートが続く。

八神純子オフィシャルサイト http://junkoyagami.com/
公式facebook   https://www.facebook.com/junkoyagami.official
公式Twitter https://twitter.com/junko_yagami

渡辺美里

渡辺美里


1985年デビュー。翌年「My Revolution」がチャート1位となり、同年8月女性ソロシンガーとして日本初となるスタジアム公演を、西武スタジアムにて成功させる。以降20年連続公演という前人未到の記録を達成し、渡辺美里の活動の中でも代名詞的な存在となる。2005年西武スタジアムに終止符を打った翌年からは、毎年「美里祭り」と題して様々な都市でライブを開催。
渡辺美里の活動は音楽だけにとどまらず、ラジオのパーソナリティー、ナレーション、2012年、2014年はミュージカル「アリス・イン・ワンダーランド」でハートの女王を演じるなど,様々な分野にチャレンジし続けている。デビュー30周年を迎えたは昨年は47都道府県52公演ツアーを開催。今年1月9日には31年目のスタートとなるライブを横浜アリーナで行った。

杏里

杏里

1978年に「オリビアを聴きながら」でデビュー。
1983年には「CAT'S EYE」「悲しみがとまらない」の大ヒット曲を出し、日本全国にアーティスト"杏里"の名を広める。
その後もCMソングやテレビ主題歌の数々のヒット曲やダンスミュージックをはじめ、さまざまなジャンルの音楽を生み出し話題を呼ぶ。
1998年には、長野オリンピックでの公式イメージソング「SHARE~瞳の中のヒーロー~」をリリースし、閉会式では「故郷」を熱唱し世界にその映像が放映された。
2010年JAL(日本航空)のオリジナルソング「I Will Be There with You~あふれる想い」を、世界的名プロデューサーであるDavid Foster作曲の元、レコーディング。(日本語歌詞:吉元由美)
デビュー35周年を迎えた2013年、アイビーレコードに移籍。
2013年7月10日リリースのオリジナルベスト「SurfCity-CooolBreeze-」に続き、2014年は、原点回帰アルバム第2弾、「オリビアを聴きながら」「CAT’S EYE」「思いきりアメリカン」等のヒット曲を含むアルバム「Surf & Tears」を6月25日にリリース。杏里ベスト・ヒットと呼べる選曲でありながら、今の杏里を充分に堪能できる1枚となっている。8月までアルバムと同タイトルのコンサートツアー「ANRI LIVE TOUR2014 SURF & TEARS」で、杏里の夏を盛り上げた。9月は、ビルボードライブ大阪でのライブや、国宝比叡山延暦寺根本中堂でのイベントにも参加。
2015年8月19日には10年ぶりとなるオリジナルアルバム「Smooth&Groove」をリリース。リード曲の「Brand New Day!」がTBS系「ひるおび」8月度エンディングテーマとなる。9月までアルバムと同タイトルのコンサートツアー「ANRI LIVE TOUR2015 Smooth&Groove」を行う。
プロデュース、作曲、作詞、他のアーティストへの楽曲提供等も積極的に行い、国内外を問わず、幅広い活動を行っている。 また、アーティストとしてだけでなく、幅広い世代の女性から杏里のライフスタイルやファッションには、いつも熱い支持を受けている。

NOKKO

NOKKO

1984年 REBECCAのボーカルとしてデビュー。
「フレンズ」がミリオンセラーを記録し一躍トップアーティストとして名を広める。バンド解散後はソロとして活躍し、代表曲となる「人魚」を発表。
2015年にはREBECCAが20年ぶりに再結成。横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナでのライブを大成功させ、NHK紅白歌合戦への出場も果たす。
2016年以降はソロ活動も再開し、多くの歌番組やイベントへ出演など勢力的に活動を続けている。
2017年7月からREBECCAとして28年ぶりのライブツアーを開催する。

オフィシャルサイト http://nokko.jp
オフィシャルfacebook https://www.facebook.com/Nokko76thStar
オフィシャルTwitter https://twitter.com/nokko76thstar

川井郁子

川井郁子

香川県出身。東京藝術大学卒業。同大学院修了。現在、大阪芸術大学(芸術学部)教授。国内外の主要オーケストラをはじめ、指揮者チョン・ミョンフンや、テノール歌手ホセ・カレーラスなどの世界的音楽家たちと共演。またジャンルを超えて、ポップス系アーティストや、バレエ・ダンサーのファルフ・ルジマトフ、熊川哲也、フィギュアスケートの荒川静香らとも共演。2008年ニューヨークのカーネギーホール公演にてアメリカデビュー。2013年映画「北のカナリアたち」で第36回日本アカデミー賞・最優秀音楽賞を受賞。

デビュー15周年、使用楽器ストラディヴァリウスが300歳を迎える2015年には、パリ・オペラ座公演を成功させ、国内外を問わず、精力的に活動している。また、社会的活動として「川井郁子 Mother Hand 基金」を設立。国連UNHCR協会国連難民親善アーティスト、全日本社寺観光連盟親善大使を務める。

<レギュラー番組>
テレビ東京系「100年の音楽」
       毎週金曜日 夜10時54分~夜11時00分
  (BSジャパン 毎週木曜日 夜9時54分~夜10時00分)

ニッポン放送「川井郁子ハートストリングス」
       毎週月曜日~金曜日 朝8時24分~8時28分

使用楽器:ストラディヴァリウス(1715年製作、大阪芸術大学所蔵)
川井郁子ホームページ http://www.ikukokawai.com

小柳ゆき

小柳ゆき
1982年1月26日生まれ。埼玉県出身。
現役高校生のシンガーとして「あなたのキスを数えましょう 〜 You were mine 〜」で1999年デビュ−。
2000年5月24日発売「Koyanagi the Covers PRODUCT 1」は洋楽カヴァー・アルバムとして初のオリコン1位を獲得。
また、ホイットニー・ヒュ−ストンのプロデューサーとして知られる米国 R&Bシーンの重鎮、Kashifとのデュエット作品リリ−ス、国際的にも注目される。
2004年1月に、デビュー以降2003年までのカヴァーも含めた全シングルを収録したベスト・アルバム"MY ALL リリース。2004年1月からロンドンでも生活を経験した後、ロンドンレコーディング曲も収録したオリジナル・アルバム "i'll be Travelin Home"を リリース。
2010年2月にはデビュー10周年記念ベストアルバム「The Best Now&Then ~ 10th Anniversary ~」を発売
2013年3月には「YUKI KOYANAGI LIVE TOUR 2012 Believe in yourself BEST SELECTION」のライブアルバムのリリース。
4月にはオリジナル楽曲として4年6ヶ月ぶりとなる新曲「ジェットコースター」をリリース。同曲は富士急ハイランド2013春のイメージソングに決定。
7月には北乃きい、稲森いずみ主演の映画【爆心 長崎の空】の主題歌「ひまわり」が決定。
8月にはTHE CONVOY 今村ねずみが仕掛けるエンターテインメントショウの舞台出演。
世界も視野に入れた音楽活動や、ミュージカルなど活躍の場を広げている。

福原美穂

福原美穂

 北海道出身、29歳。15歳の時、地元テレビに出演したことがきっかけで北海道内限定ミニアルバムを2作発表。道内だけで10,000枚を超える大ヒットを記録した。2008年2月に日本人としてはじめて、米・LAの黒人教会にて「奇跡の子」と称されるパフォーマンスを披露。“黒人教会220年の歴史を変えた!”と賞賛を受け、4月に「CHANGE」でメジャーデビュー。2009年1月に1stアルバム「RAINBOW」を発売。15万枚の大ヒットとなり、オリコン初登場2位をマーク。翌年2ndアルバム「Music is My Life」を発表し、2作連続オリコンベスト5を記録。
 以降も、映画『沈まぬ太陽』や、『悪人』の主題歌に抜擢され、さらには、AI、三浦大知、和田アキ子、レオナ・ルイスなど、錚々たるシンガーとのコラボが次々と実現し、日本のソウルミュージックの新しい世代を牽引する存在として、その地位を確かなものとした。
 また、SWEETBOXの6代目ボーカリストにアジア人として初めて抜擢され、リリースされたアルバム「#Z21」のタイトル曲「#Z21」がUKダンスチャートで1位を獲得するなど、世界を見据えた活躍が今後も期待される。2015年12月には、2年半ぶりのオリジナル作品『Something New』をリリース。

<関連サイト>
http://www.fukuharamiho.com/
https://facebook.com/MihoFukuharaOfficial
https://twitter.com/FukuharaMiho
https://instagram.com/miho_fukuhara/

 

ソウルバードクワイア

ソウルバードクワイア

東京・大阪・福岡を拠点にゴスペルの本場アメリカより招いた外国人シンガーやプロデューサーをディレクターに迎えて活動している実力派ゴスペルクワイア。
2006年、映画「天使にラブソングを」のモデル校となっているロサンゼルス市、サウスウエストカレッジにてロサンゼルスの7大学のクワイアとの合同交流コンサートを開催、2007年にはグラミーショーアーティスト「カート・カー」を招いてのゴスペルコンサートを行う。
2008年、スポーツニッポン新聞社主催のゴスペルアワードエキスパート部門を2年連続で優秀賞を受賞。
2010年には、大阪城ホール、一万人の第九で平原綾香のバックゴスペルクワイアにてステージに参加、その他東京ディズニーシーのステージ、フジテレビ主催「HOT FANTASY ODAIBA」ゴスペルライブなど、一年通じて全国で様々なイベントに参加している。 2012年、東京ミッドタウンにて今話題のフラッシュモブを成功させるなど新しいことにも挑戦しながら、Jay'ed、土屋アンナなどのライブにもバックコーラスで出演し、ゴスペルを広めるべく精力的に活動の幅を広げている。

栁澤寿男(指揮)

栁澤寿男(指揮)

 旧ユーゴを中心に活動する日本人指揮者。05-07年、マケドニア旧ユーゴ国立歌劇場首席指揮者。07年、国連暫定行政ミッション下のコソボフィル響首席指揮者に就任。同時に、サンクトペテルブルグ響、プラハ響、フラデツクラロヴェ響、西ボヘミア響、サラエボフィル、ベオグラード国立歌劇場、セルビア放送響、アルバニア放送響などに客演。07年、旧ユーゴの民族共栄を願ってバルカン室内管弦楽団を設立。09年、コソボ北部ミトロヴィッツァで国連開発計画、国際安全保障部隊、コソボ警察の尽力を得て開催された民族混成オーケストラによるコンサートは奇跡のコンサートとも言われ、日本の高等学校教科書「世界史A」(実教出版)にも記載されている。10年、ニューヨーク国連総会に付随するイベント「バルカン・リーダーズ・サミット」で演奏。11年、ウィーン楽友協会公演を実現。15年、World Peace Concertをスタートし世界各地でコンサートを行っている。国内では、新日フィル、日フィル、東フィル、東響、都響、シティフィル、札響、仙フィル、群響、名フィル、京響、大フィル、兵庫芸文管、日本センチュリー響、九響、アンサンブル金沢などに客演。現在、バルカン室内管弦楽団音楽監督、コソボフィル響首席指揮者、ベオグラード・シンフォニエッタ名誉首席指揮者、ニーシュ響首席客演指揮者。書籍に「バルカンから響け!歓喜の歌」(晋遊舎)。

©木之下晃

栗田博文(指揮)

栗田博文(指揮)

1988年、第23回東京国際音楽コンクール指揮部門において第1位優勝を果たし、翌年、国内主要オーケストラを指揮しデビュー。1989年に渡欧。同年、第1回アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクール(イタリア)に入賞し国際的な評価を確立。1995年、第1回シベリウス国際指揮者コンクール(フィンランド)の最高位に輝く。同年、フィンランド放送交響楽団より招かれ、ヨーロッパデビューを果たし大好評を博す。国内外の活発な指揮活動とともに、国立音楽大学客員教授を務め、後進の指導にも力を注いでいる。クラシック音楽の古典から現代作品まで、幅広いレパートリーを持つほか、様々なジャンルとのコラボレーションも積極的に行っている。
栗田博文ブログ http://hirofumi-kurita.com/

大阪交響楽団

大阪交響楽団

1980年創立。永久名誉楽団代表・敷島博子が『聴くものも、演奏するものも満足できる音楽を!』をモットーに提唱。いつも聴衆を“熱く”感動させるその演奏は、「魂の叫び」「情熱の音」であると評されている。音楽監督・首席指揮者 児玉宏、常任指揮者 寺岡清高。知られざる名曲に光をあてるディスカヴァリー・クラシックシリーズなど、斬新で意欲的なプログラムは大きな注目を集めている。http://sym.jp

 

東京フィルハーモニー交響楽団

東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立の日本で最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約130名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督チョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者にミハイル・プレトニョフを擁する。
Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティ コンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会を中心とする自主公演、新国立劇場等でのオペラ・バレエ演奏、『NHKニューイヤー・オペラコンサート』、NHK『名曲アルバム』、テレビ朝日『題名のない音楽会』、テレビ東京『東急ジルベスターコンサート』などの放送演奏により全国の音楽ファンに親しまれる存在として、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。
海外公演も積極的に行い、近年では2014年3月のアジア・欧米6か国を巡るワールド・ツアー、そして2015年12月には日韓国交正常化50周年を記念してチョン・ミョンフン指揮のもとソウルと東京の2都市でソウル・フィルハーモニー管弦楽団と合同で「日韓友情『歓喜の第九』」演奏会を行い、国内外の注目を集めた。
1989年からBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。また東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市および公益財団法人長岡市芸術文化振興財団と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

公式ウェブサイト http://www.tpo.or.jp/
公式Facebook https://www.facebook.com/TokyoPhilharmonic
公式twitter https://twitter.com/tpo1911

 

ビルボードクラシックスオーケストラ

ビルボードクラシックスオーケストラ

ビルボードクラシックスが主宰する新しい音楽を創出に挑む演奏家たちによる特別編成オーケストラ。大友直人指揮福原美穂スペシャル・クラシックコンサート(2014年2月11日フェスティバルホール)では、
その豊潤な響きが観客を魅了した。近年、先鋭的音楽活動が注目されている京都フィルハーモニー室内合奏団を中核に編成。新しい音楽を開拓する意思のもと、関東・関西の主要オーケストラから選抜した俊英演奏家たちが集結。
写真:兵庫県芸術文化センター公演(2014年2月より) 指揮:柳澤寿男

TICKET

チケット一般販売 2017年7月22日(土)各プレイガイドより販売
チケット価格 7,800円(全席指定・税込)
※特製プログラム付き ※未就学児入場不可
一般発売
7/22(土)
AM10:00~開始

-----------------------------------
【9/24 西宮公演】※チケット完売
ローソンチケット https://l-tike.com/
イープラス http://eplus.jp/bcf2017/
チケットぴあ http://w.pia.jp/t/bbcf-h/
CNプレイガイド http://www.cnplayguide.com/bcf/
芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255(10:00〜17:00 月曜休み*休日の場合翌日)

【11/4 東京公演】※チケット完売
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:337-093) http://w.pia.jp/t/bbcf-h/
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:72775) https://l-tike.com/
イープラス http://eplus.jp/bcf2017/
楽天チケット  http://r-t.jp/bbcfestival
キョードー東京 0570-550-799  http://kyodotokyo.com/bbcf
-----------------------------------

お問合せ先 西宮:YUMEBANCHI  06-6341-3525 (平日11:00-19:00) http://www.yumebanchi.jp/
東京:キョードー東京 0570-550-799(平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00) www.kyodotokyo.com

DETAIL

主催・企画制作 ビルボードジャパン
特別協賛 大和ハウス工業株式会社
後援 米国ビルボード、FM802(西宮)、TOKYO FM(東京)
開催日時 西宮:2017年9月24日(日)16:00開演 
東京:2017年11月4日(土)15:00開演 
会場 西宮:兵庫県立芸術文化センター 大ホール(阪急神戸線・西宮北口駅直結徒歩2分)
東京:東京文化会館 大ホール(JR上野駅公園口徒歩1分)
出演 西宮:八神純子、渡辺美里、杏里、NOKKO、川井郁子、小柳ゆき、福原美穂
東京:八神純子、渡辺美里、杏里、NOKKO、川井郁子、福原美穂 
指揮 西宮:栁澤寿男
東京:栗田博文
管弦楽 西宮:大阪交響楽団
東京:東京フィル・ビルボードクラシックスオーケストラ
合唱 ソウルバードクワイア

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。