CONCERT

billboard classics festival 2017 in TOKYO- Bright Lights, Spring-

 

-極上のプレミアムサウンドが彩るポップス・ロック&オーケストラ音楽祭-

今春、いよいよ現代の日本の音楽シーンに輝くアーティストとオーケストラによる音楽の祭典が実現する。
フェスティバルの舞台には、国内外で活躍する豪華出演者による華麗な競演とともに総勢200名余におよぶ管弦楽、
合唱団が登場。大友直人の鮮烈な指揮によってポップス・ロックの名作群が新しい音楽の生命を纏う。
玉置浩二と横浜少年少女合唱団との初共演、「清く正しく美しく」の歌声が究極の愛の存在を描く。
そして、藤井フミヤ「TRUE LOVE」、槇原敬之「Answer」、父を継承する尾崎裕哉「I LOVE YOU」等、
豪華ヒットレパートリーが名門・東京フィルハーモニー交響楽団のダイナミズムと繊細な響きのなかで披露される。
さらに、卓越した歌唱力・演奏力によって海外で名声を獲得した小野リサ、福原美穂、村治佳織、沖仁。
独創性で新しい音楽シーンをリードするAimer、石崎ひゅーいが初のフルオーケストラとの共演に挑む。
舞台に降り注ぐ透明感溢れる音の泉。極上のプレミアムサウンドが新しい季節に誕生する。

出演
玉置浩二、小野リサ、福原美穂、Aimer、藤井フミヤ

スペシャルゲスト
18(土)槇原敬之、19(日)沖 仁、村治佳織、石崎ひゅーい、尾崎裕哉

指揮:大友直人
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
合唱:横浜少年少女合唱団(共演・玉置浩二)
   2017年1月27日、関東甲信越NHK地域放送文化賞受賞。

ソウルバードクワイア(共演・福原美穂)

※演奏曲はやむをえず変更となる場合もありますので、予めご了承ください。

SCHEDULE

東京:2月18日(土) 16:00開演(15:00開場)18;30終演予定 会場:東京国際フォーラム ホールA ※完売。終演
東京:2月19日(日) 15:00開演(14:00開場)17:30終演予定 会場:東京国際フォーラム ホールA 終演

LOVE
玉置浩二

心温まる素敵なシンフォニーオーケストラとの演奏をとても楽しみにしています。
小野リサ

オーケストラと共演すると、4分ほどの短い唄が
壮大なドラマのように感じます。
藤井フミヤ

この企画で歌わせて頂ける事、本当に光栄で、毎回新鮮な想いでステージに立たせて頂いております。
ルーツも成り立ちも全く異なる二つの音楽が交わる瞬間。
ゴスペルクワイア×オーケストラが織りなす響きと”音圧”。皆様にも全身で体感していただけたらと思います。
福原美穂

billboard classics festival 2017、きっと、忘れられない美しい夜になります。このステージに立てることが光栄です。心を込めて歌います。どうぞごゆっくりお楽しみ下さい。
Aimer

フラメンコギターの大きな魅力は、刹那的な輝き、即興性。一方で緻密なアレンジと洗練された演奏の極みといえば、オーケストラをおいて他にはありません。今夜は二つの魅力の融合を楽しんで頂ければと思います。
沖仁

素敵なア一ティストの方々と同じステ一ジに立てること、ワクワクします。大友直人さん、東京フィルさん、国際フォーラムのステ一ジとは久しぶりの再会です!会場の皆様と一緒に楽しみます☆よろしくお願いいたします!
村治佳織

人生には音楽が足りてない。
想い出も哲学も日常も混乱も、すべての輪郭をふちどるように、
歌が街にあふれたらいいなあ。ビルの隙間から見える青空みたいな歌を歌うことが僕の夢。
もっと音楽を。
石崎ひゅーい

素敵なアーティスト達の中に呼んでもらえて光栄です!フルオーケストラと共に奏でる壮大な音に酔いしれることは間違いないので、むしろお客さんとして観ていたいな…笑 そんな贅沢なコンサートを盛り上げられるように心を込めて歌います。
尾崎裕哉

 

-熊本地震の復興支援のための、義援金ご協力のお願い-
billboard classics festival 2017 in TOKYO公演におきまして、「くまモン募金」を実施致します。
ご来場の皆様にご協力いただければ幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

ビルボードジャパン

MOVIE

PROFILE

玉置 浩二

玉置 浩二

1958年生まれ。北海道出身のシンガーソングライター。1982年バンド「安全地帯」としてデビュー。「ワインレッドの心」、「恋の予感」、「悲しみにさよなら」など80年代の音楽シーンを席巻。ソロ活動で作詞も手がけ始め、「田園」「メロディー」をはじめとする多くのヒットを生み出す。 2012年には、オリジナルレーベル「SALTMODERATE」を発足。安全地帯とソロの活動を並行して行いながら、2014年、7年ぶりとなるオリジナル・ソロ・アルバム『GOLD』、そして同じ時代を共有してきたアーティストの名曲を歌ったアルバム『群像の星』をリリース。2015年・2016年、国内外の主要オーケストラと共演するビルボードクラシックス公演を実施。2016年6月、バルカン特別編成交響楽団に管弦楽作品「歓喜の歌」を謹呈。2017年、ソロデビュー30周年そして安全地帯デビュー35周年というダブルアニバーサリーイヤーでは、日本武道館で開催した安全地帯35周年記念ライブでは2日間で2万5000人の動員を記録した。2018年・2019年もオーケストラ公演、ソロツアーと精力的に活動。201911月安全地帯として約30年ぶりのスタジアムライブ「安全地帯 IN 甲子園球場  さよならゲーム」を敢行、38000人を動員し、圧倒的なボーカル力で観客へ感動をもたらした。

オフィシャルサイト https://saltmoderate.com/

小野リサ

小野リサ

ブラジル・サンパウロ生まれ。10歳までの幼少時代をブラジルで過ごし、15歳からギターを弾きながら歌い始める。 1989年デビュー。ナチュラルな歌声、リズミカルなギター、チャーミングな笑顔で瞬く間にボサノバを日本中に広める。
ボサノバの神様 アントニオ・カルロス・ジョビンや、ジャズ・サンバの巨匠 ジョアン・ドナートら著名なアーティストとの共演や、ニューヨークやブラジル、アジア各国での公演も積極的に行っており、海外においても高い評価を得ている。1999年アルバム「ドリーム」が20万枚を越えるヒットを記録するなど、これまでに日本ゴールドディスク大賞「ジャズ部門」を4度受賞。2013年にはブラジル政府よりリオ・ブランコ国家勲章を授与される等、日本におけるボサノバの第一人者としてその地位を不動のものとしている。
2018年3月 デビュー30周年を記念してオリジナルアルバム「旅 そして ふるさと」をリリース。
4月から全国コンサートツアー「LISA ONO 30th Anniversary Tour〜旅 そして ふるさと〜」開催。
コンサート情報はオフィシャルサイトへ。
http://onolisa.com/schedule

藤井フミヤ

藤井フミヤ

1962年7月11日、福岡県久留米市生まれ。
1983年、チェッカーズのボーカルとしてデビュー。
1993年、「TRUE LOVE」をリリースし、以降ソロアーティストとして活動している。
2014年・2015年にはデビュー30周年の軌跡を彩る自身初のフルオーケストラコンサート「billboard classics FUMIYA FUJII PREMIUM SYMPHONIC CONCERT」を開催し、各地を代表するオーケストラとの共演を成功させる。
2017年、世界的指揮者・西本智実を迎えてのフルオーケストラ公演「藤井フミヤ meets 西本智実 PREMIUM SYMPHONIC CONCERT」を開催。

オフィシャルサイト http://www.fumiyafujii.net/

福原美穂

福原美穂

北海道出身。25歳。15歳の時、地元テレビに出演したことがきっかけで北海道内限定ミニアルバムを2作発表。北海道内だけで10000枚を超える大ヒットを記録した。2008年2月に日本人としてはじめて、米・LAの黒人教会にて「奇跡の子」と称されるパフォーマンスを披露。"黒人教会220年の歴史を変えた!"と賞賛を受け、4月に「CHANGE」でメジャーデビュー。2009年1月に1stアルバム「RAINBOW」を発売。オリコン初登場2位をマークし、15万枚の大ヒットとなる。2010年6月には2ndアルバム「Music is My Life」を発表し、2作連続オリコンベスト5を記録。
映画『沈まぬ太陽』(渡辺謙主演)、『悪人』(妻夫木聡主演)の主題歌に抜擢される等、その歌声は各方面から注目を浴びている。2011年はコラボイヤーとなり、「O2 feat. AI」は30万ダウンロードを突破。さらに"ソウル・ゴッド"和田アキ子とのコラボを実現させた。2012年は三浦大知とのコラボから始まり、コラボ集大成としての3rdアルバム「The Best of Soul Extreme」を6月に発売。レオナ・ルイスとの夢の共演も果たし、日本のソウルミュージックの新しい幕開けを感じさせる1枚となった。4月からはCX系全国ドラマ「カエルの王女さま」にレギュラー出演する等、その歌声と存在は、各方面から注目を浴びている。
2/18には、自身のデビュー5周年イヤーをスタートさせる豪華バンドとのワンマンライブ『The Soul Extreme Session』を開催。また、福原美穂が歌う「Surely Someday」が、2/28に発売となるニンテンドー3DSソフト『レイトン教授と超文明Aの遺産』のテーマ曲となる事が決定したほか、2013年はこの他にも様々な展開が予定されている。
公式サイト: http://www.fukuharamiho.com

Aimer

Aimer

槇原敬之

槇原敬之
1969年5月18日生まれ。大阪府出身。
これまでシングル47枚、オリジナルアルバム21枚をリリースしている。
1990年10月にデビュー。1991年には「どんなときも。」で自身初となるミリオンセラーを達成した。
その後も「もう恋なんてしない」や「SPY」、「Hungry Spider」などヒットを連発。
2010年に自主レーベル「Buppu Label」を設立以降も、ミュージカルへの楽曲提供や情報番組への書き下ろしをするなど活動の幅を広げている。自身で作詞、作曲に加えアレンジまでこなす稀有なアーティスト。
「世界に一つだけの花」(SMAP)など他アーティストへの楽曲提供も多数。
昨年末にリリースした約2年ぶりのニューアルバム「Believer」を引っさげ、2017年3月より全国ツアーを31箇所43公演にわたり開催する。

沖 仁

沖 仁

村治佳織(ギター)

村治佳織(ギター)

15歳でCDデビューを飾り、フランス留学から帰国後、積極的なソロ活動を展開。その後N響ほか国内主要オーケストラ及び欧州のオーケストラとの共演も多数重ね、03年英国の名門クラシックレーベルDECCAと日本人としては初の長期専属契約を結ぶ。DECCAからはCD12枚、DVD2枚をリリース。メディア出演も多くNHK-Eテレ「テレビでフランス語」や、J-WAVEのナビゲーターなどを務めた。
その後15年NHK-BSプレミアム「祈りと絆の島にて村治佳織 長崎・五島の教会を行く」、16年2月テレビ朝日「題名のない音楽会」、4月紀尾井ホール「3.11被災者のためのチャリティ・コンサート」に出演、10月オリジナル・アルバム「ラプソディー・ジャパン」をリリース。17年4月よりJ-WAVE『 RINREI CLASSY LIVING』のナビゲーターを務める。11月には、ベストドレッサー賞(学術・文化部門)受賞。
オフィシャルサイト http://www.officemuraji.com

石崎ひゅーい

石崎ひゅーい

本名。
母親がDavid Bowieのファンで、その息子がZowie(ゾーイ)という名前だったことから、もじって、Huwie(ひゅーい)と名付けた。
2018年、菅田将暉に楽曲提供した「さよならエレジー」が驚異的なヒットソングに。
2019年、大泉洋主演映画「そらのレストラン」にも出演し、俳優としても活躍の場を広げる。

オフィシャルサイト:http://www.ishizakihuwie.com

Twitter:https://twitter.com/huwie0307

 

尾崎裕哉

尾崎裕哉

Hiroya Ozaki

デジタルネイティブ世代のバイリンガル、
コンテンポラリー・シンガーソングライター。

1989年、東京生まれ。
2歳の時、父・尾崎豊が死去。母と共にアメリカに渡り、15歳までの10年間を米国ボストンで過ごす。慶應義塾大学大学院卒。2016年に、自伝『二世』(新潮社)を出版し、アーティスト「尾崎裕哉」としては初の音源となるDigital 1st Single『始まりの街』をリリース。2017年春、初のフィジカルCD作品『LET FREEDOM RING』をリリース。以後ライブ活動を続けながら新しい作品を発表している。またオーケストラとのコラボでビルボードクラッシックスコンサートも定期的に開催し、2019年5月のサントリーホールでの公演ではそのスケール感ある表現力も高く評価された。ONE MAN STAND という弾き語りツアーを全国規模でやりながら、今後初のフルアルバムリリースも予定。

尾崎裕哉オフィシャルサイト http://www.hiroyaozaki.com/

大友直人(指揮)

大友直人(指揮)

桐朋学園大学を卒業。指揮を小澤征爾、秋山和慶、尾高忠明、岡部守弘各氏に師事した。桐朋学園大学在学中からNHK交響楽団の指揮研究員となり、22歳で楽団推薦によりNHK交響楽団を指揮してデビュー。現在、群馬交響楽団音楽監督、東京交響楽団名誉客演指揮者、京都市交響楽団桂冠指揮者、琉球交響楽団ミュージックアドバイザー。また、2004年から8年間にわたり、東京文化会館の初代音楽監督を務めた。 在京オーケストラの定期演奏会にとどまらず、これまでにコロラド交響楽団、インディアナポリス交響楽団、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団などに招かれ、2012年にはハワイ交響楽団のオープニングコンサートを指揮、同年6月にはロレーヌ国立管弦楽団の定期公演に客演。絶賛を博し、欧米での活躍にも大きな期待が寄せられている。 第8回渡邊暁雄音楽基金音楽賞(2000年)、第7回齋藤秀雄メモリアル基金賞(2008年)を受賞。

東京フィルハーモニー交響楽団

東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立の日本で最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約130名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督チョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者にミハイル・プレトニョフを擁する。
Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティ コンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会を中心とする自主公演、新国立劇場等でのオペラ・バレエ演奏、『NHKニューイヤー・オペラコンサート』、NHK『名曲アルバム』、テレビ朝日『題名のない音楽会』、テレビ東京『東急ジルベスターコンサート』などの放送演奏により全国の音楽ファンに親しまれる存在として、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。
海外公演も積極的に行い、近年では2014年3月のアジア・欧米6か国を巡るワールド・ツアー、そして2015年12月には日韓国交正常化50周年を記念してチョン・ミョンフン指揮のもとソウルと東京の2都市でソウル・フィルハーモニー管弦楽団と合同で「日韓友情『歓喜の第九』」演奏会を行い、国内外の注目を集めた。
1989年からBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。また東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市および公益財団法人長岡市芸術文化振興財団と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

公式ウェブサイト http://www.tpo.or.jp/
公式Facebook https://www.facebook.com/TokyoPhilharmonic
公式twitter https://twitter.com/tpo1911

 

横浜少年少女合唱団

横浜少年少女合唱団

横浜少年少女合唱団は、1965年(昭和40年)8月、みなとヨコハマを代表する合唱団を育成しようと、当時の横浜市教育委員会や横浜市小・中学校音楽教育研究会の有志の方々によって創立されました。
以来、山下公園に浮かぶ日本郵船氷川丸船内ホールを練習場に、今日まで歌い続けてきました。現在、約110人の団員が毎週土曜日に熱心な練習を続けています。
演奏活動は、毎年6月2日の横浜開港記念式典をはじめ、公の機関が主催する行事に参加、秋には、定期演奏会を開催しています。
また、数年毎に海外公演を行い、すでに中国・ドイツ・カナダ・オーストラリア・ロシアの皆さんと交流を深め、2014年春にはハンガリーに演奏旅行をしてきました。
また、2015年12月には日韓国交正常化50周年記念事業の一環で韓国に招聘され演奏会を行いました。

※2017年1月27日、関東甲信越NHK地域放送文化賞受賞。

主な国際公演実績

■上海(上海放送児童合唱団とジョイント1991.3) ※横浜市海外交流協会助成事業
■上海(上海放送児童合唱団とジョイント1993.7) ※横浜・上海友好都市締結20周年記念事業
■ドイツ・マンハイム、ウイネッカハウゼン(1995.3) ※横浜市海外交流協会助成事業
■カナダ・ロンドン(アマービレ合唱団とジョイント1998.3)
■上海(上海音楽家協会少女合唱団とジョイント2000.8)
■ロシア・サンクトペテルブルグ(「春のジャパンフェスティバル」参加2009.3) ※アンドリーフ音楽学校・サンクトペテルブルグ放送児童合唱団との交歓演奏会
■ハンガリー・ブタペスト(「V4+日本」交流年公式事業2014・3)
■韓国・ソウル、テジュン(2015.12) 日韓国交正常化50周年記念事業

 公式URL:http://www.ybgc.info/

ソウルバードクワイア

ソウルバードクワイア

東京・大阪・福岡を拠点にゴスペルの本場アメリカより招いた外国人シンガーやプロデューサーをディレクターに迎えて活動している実力派ゴスペルクワイア。
2006年、映画「天使にラブソングを」のモデル校となっているロサンゼルス市、サウスウエストカレッジにてロサンゼルスの7大学のクワイアとの合同交流コンサートを開催、2007年にはグラミーショーアーティスト「カート・カー」を招いてのゴスペルコンサートを行う。
2008年、スポーツニッポン新聞社主催のゴスペルアワードエキスパート部門を2年連続で優秀賞を受賞。
2010年には、大阪城ホール、一万人の第九で平原綾香のバックゴスペルクワイアにてステージに参加、その他東京ディズニーシーのステージ、フジテレビ主催「HOT FANTASY ODAIBA」ゴスペルライブなど、一年通じて全国で様々なイベントに参加している。 2012年、東京ミッドタウンにて今話題のフラッシュモブを成功させるなど新しいことにも挑戦しながら、Jay'ed、土屋アンナなどのライブにもバックコーラスで出演し、ゴスペルを広めるべく精力的に活動の幅を広げている。
https://www.soulbird.jp

TICKET

チケット価格 ¥8,800 (税込・全席指定)
*就学前のお子様のご入場・ご同伴はご遠慮ください。
プレイガイド
一般販売
◆チケットぴあ  http://t.pia.jp/  0570-02-9999 (Pコード:320-590)

◆ローソンチケット  http://l-tike.com/ 0570-084-003 (Lコード:75007)
◆イープラス  http://eplus.jp/
◆SOGO TOKYOオンラインチケット  http://sogo.pia.jp/
◆CNプレイガイド 0570-08-9999
◆楽天チケット  http://r-t.jp/billboardcf
◆Yahoo!チケット(2/2 AM10:00~) https://ticket.yahoo.co.jp/

お問合せ先 SOGO TOKYO 03-3405-9999 http://www.sogotokyo.com/
月~土 12:00~13:00、16:00~19:00(日・祝日を除く)

DETAIL

主催・企画制作 ビルボードジャパン
後援 米国ビルボード、TOKYO FM、ニッポン放送、NACK5
制作協力 ズィープラスミュージック
協賛 フクダ電子株式会社  http://www.fukuda.co.jp/
開催日時 2017年2月18日(土)開場:15:00 開演:16:00 終演18:30(予定)
2017年2月19日(日)開場:14:00 開演:15:00 終演17:30(予定)
会場 東京国際フォーラム ホールA
出演 出演:
玉置 浩二、小野リサ、福原美穂、Aimer、藤井フミヤスペシャルゲスト:
2/18 :槇原敬之、村治桂織、石﨑ひゅーい、尾崎裕哉
2/19 :沖 仁、村治桂織、石﨑ひゅーい、尾崎裕哉
指揮 大友直人
管弦楽 東京フィルハーモニー交響楽団
合唱 横浜少年少女合唱団(共演・玉置浩二)
ソウルバードクワイア(共演・福原美穂)

*やむを得ない事情により曲目、出演者が変更になる場合がございます。ご了承願います。

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。