CONCERT

billboard classics festival 2016 in TOKYO- Bright Lights, Spring-

降り注ぐ輝きの響き

-日本初のポップス・ロック×オーケストラ公演音楽祭の誕生-
時代を超越し、ダイナミックに生まれ変わる玉置浩二の「田園(新オーケストラ版)」等、
名曲の数々がオーケストラの響きとともに新しい生命として披露されます。
音楽の世界ブランド、ビルボードに相応しい、現代の日本の音楽シーンを飾るアーティストたちと
フルオーケストラによる競演がいよいよ実現します。

そして、この音楽界話題の舞台には、栁澤寿男指揮東京フィルハーモニー交響楽団の華麗な旋律に導かれてスペシャルゲストも登場。
実力派ヴォーカリスト、平原綾香、
May J.12日)、
オーケストラとの初共演に挑む杏里、小柳ゆき(
13日)の名曲群が豪華舞台を彩ります。
さらに、クラシック音楽を代表するヴァイオリン奏者川井郁子(12日)、
次代を担う三浦文彰(
13日)が出演、その卓越した技巧が聴衆を新しい感動の世界に誘います。
 

「ミスターロンリー」「夏の終りのハーモニー」「悲しみにさよなら」「ワインレッドの心」「じれったい」「メロディー」「田園」(新オーケストラバージョン)
「Mr.ブルー~私の地球~」「みずいろの雨」「ポーラースター」「翼」「明日の風」
「花束」「雪の華」「ひとり」「LAST WALTZ」、「to U」「THE RAIN」「Lighthouse」「landmark」
「LA LA LA」「生まれくる子供たちのために」「The Lost Tresure」

3/12:「Jupiter」「Let It Go」 3/13:「オリビアを聴きながら」「あなたのキスを数えましょう」

―音楽の結晶の舞台が誕生。名曲約30作品、管弦楽の響きとともに―
 
玉置 浩二/八神 純子/佐藤 竹善/中島 美嘉/Salyu with 小林武史
 
スペシャルゲスト
3/12 平原綾香 May J. 川井郁子(violin)  3/13 杏里 小柳ゆき 三浦文彰(violin)
 指 揮:栁澤寿男
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
*本公演の収益金の一部は、東日本大震災被災者の方々への義援金として寄付させていただきます。

*やむを得ない事情により曲目、出演者が変更になる場合がございます。ご了承願います。


billboard classics festival 2016 ~豪華アーティストとフルオーケストラ 夢の共演~放送のお知らせ
 2016年5月28日(土)16:00~17:15 
テレビ東京系列6局ネット(テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送)

 

■玉置浩二シンフォニックコンサートin香港 再放送のお知らせ
2016年3月12日(土)午前0:55〜2:24 ※3/11の深夜
NHK BSプレミアム
「玉置浩二シンフォニックコンサートin香港」(2016年1月31日 本放送)

SCHEDULE

2016年3月12日(土) 18:00開演(17:00開場) 会場:東京国際フォーラム ホールA 残席僅少 ※本公演は終演致しました。
2016年3月13日(日) 13:30開演(12:30開場) 会場:東京国際フォーラム ホールA 残席僅少 ※本公演は終演致しました。

MOVIE

PROFILE

玉置 浩二

玉置 浩二

1958年生まれ。北海道出身のシンガーソングライター。1982年バンド「安全地帯」としてデビュー。「ワインレッドの心」、「恋の予感」、「悲しみにさよなら」など80年代の音楽シーンを席巻。ソロ活動で作詞も手がけ始め、「田園」をはじめとする多くのヒットを生み出す。 2012年には、オリジナルレーベル「SALTMODERATE」を発足。安全地帯とソロの活動を並行して行いながら、2014年、7年ぶりとなるオリジナル・ソロ・アルバム『GOLD』、そして同じ時代を共有してきたアーティストの名曲を歌ったアルバム『群像の星』をリリース。2015年・2016年、国内外の主要オーケストラと共演するビルボードクラシックス公演を実施。2016年6月、バルカン特別編成交響楽団に管弦楽作品「歓喜の歌」を謹呈。 同作品は10月、スイス・ジュネーブの国連欧州本部における平和祈念コンサートで演奏され、欧州初演を飾った。

オフィシャルサイト http://saltmoderate.com/

八神純子

八神純子

“重ねた日々が加えた色や艶。上手い、では言い足りない”
伸びやかで濁りも影もない声、小さなホールならマイクを必要としないのではないかと思わせる豊かな声量、そして確かで安定した音程。一つ一つの言葉を丁寧に伝える歌が、聴く人の心を揺さぶるシンガーソングライター。1978年に「思い出は美しすぎて」でのデビュー以来、「みずいろの雨」「ポーラー・スター」「パープル タウン~ You Oughta Know By Now」など数々のヒット曲を生み出した。
一時中断した音楽活動を2011年より再開以来、オリジナルアルバム「Here I am ~ Head to Toe~」そして「There you are」の制作や全国各地での様々な編成でのコンサートを行ってきた。
2017年はスペシャルコンサート「ヤガ祭り」渋谷Bunkamuraオーチャードホールにて幕開け、「ビルボードクラシックス・プレミアムシンフォニックコンサート」「ビルボードライブ・The Night Flight 4」「CONCERT TOUR 2017〜There you are〜」「キミの街へ」などのコンサートが続く。

八神純子オフィシャルサイト http://junkoyagami.com/
公式facebook   https://www.facebook.com/junkoyagami.official
公式Twitter https://twitter.com/junko_yagami

佐藤 竹善

佐藤 竹善

【佐藤竹善プロフィール】
SING LIKE TALKING のボーカルとして'88年にデビュー。'93年『Encounter』、'94年『Togetherness』の両アルバムはオリコン初登場1位。その活動と平行して'95年に発表したカバーアルバム『CORNERSTONES』から本格的にソロ活動開始。
多数のアーティストのレコーディング参加、楽曲提供やプロデュースなども行い、高い評価を受けている。
2015年7月には、佐藤竹善初のオールタイムセレクションアルバム、「3 STEPS & MORE」・12月には、シリーズ三作目となる「Your Christmas Day Ⅲ」をリリースした。

中島美嘉

中島美嘉
アーティスト。1983年2月19日鹿児島生まれ。
2001年にドラマ「傷だらけのラブソング」のヒロインに抜擢され、シングル「STARS」でデビュー。1stアルバム「TRUE」がミリオンセラーを記録。その後、「雪の華」「 ORION」「桜色舞うころ」などヒット曲を多数発表。
映画「NANA」では主役のナナ役を熱演。
2015年10月にリリースした約2年ぶりのニューシングル「花束」はフジテレビ系ドラマ『オトナ女子』の主題歌に。同年11月からはデビュー15周年目を迎える。

Salyu

Salyu

2000年、Lily Chou-Chouとして2枚のシングルと1枚のアルバムをリリースする。
2004年、小林武史プロデュースのもとSalyuとしてデビュー。以降17枚のシングル、5枚のアルバム、1枚のベストアルバムをリリース。‘11年には、「salyu × salyu」として小山田圭吾との共同プロデュース作品「s(o)un(d)beams」を発表し、数多くの海外フェス出演により国外でも注目される。 ‘14年はSalyuとしてデビュー10周年を迎え、‘15年4月には3年ぶりとなるアルバム「Android & Human Being」をリリースし、それを引っ提げた全国ツアーが大盛況のうちに幕を閉じた。その後、自身初となる台湾公演も行い、チケットは完売となるほどの大きな話題を集めた。

小林武史

小林武史

音楽家、音楽プロデューサー。80年代からサザンオールスターズやMr.Children、レミオロメンなど日本を代表する数多くのアーティストのレコーディング、プロデュースを手がける。90年代以降、映画と音楽の独創的コラボレーションで知られる「スワロウテイル」「リリイ・シュシュのすべて」など、ジャンルを越えた活動を展開。映画音楽も多数手がける。2003年には「ap bank」を立ち上げ、自然エネルギーや食の循環を目指していく試みなど、さまざまな活動を行っている。2017年に宮城県・牡鹿半島を中心に行われる「Reborn-Art Festival 2017」(http://www.reborn-art-fes.jp)の実行委員会、制作委員会の委員長に就任した。

平原綾香

平原綾香

2003年12月17日にホルストの組曲『惑星』の『木星』に日本語詞をつけた『Jupiter』でデビュー。
2004年の日本レコード大賞新人賞や、2005年日本ゴールドディスク大賞特別賞をはじめ、様々な賞を獲得。
今までに日本武道館公演(2006年)を含む12度の全国ツアーを行っている。
2017年5月より、13度目となる全国ツアーがスタート予定。
7 月・8 月には、キャロル・キングの半生を描いたミュージカル『ビューティフル』に主演での出演が決定している。

オフィシャル・ホームページ http://www.camp-a-ya.com/
オフィシャルブログ http://ameblo.jp/hirahara-ayaka

May J.

May J.

May J.(メイジェイ)

日本、イラン、トルコ、ロシア、スペイン、イギリスのバックグラウンドを持ち多彩な言語を操るマルチリンガルアーティスト。幼児期よりダンス、ピアノ、オペラを学び、作詞、作曲、ピアノの弾き語りをもこなす。
圧倒的な歌唱力とパワフルかつ澄んだ繊細な歌声、そして前向きでポジティブなメッセージが共感を呼び、幅広い世代から支持を受けている。
2006年7月12日ミニアルバム「ALL MY GIRLS」でメジャーデビュー。
記録的な大ヒットで社会現象にもなった、2014年公開のディズニー映画「アナと雪の女王」の日本版主題歌を担当。同年の第65回紅白歌合戦に初出場。
2015年1月には自身初となる、日本武道館の単独公演を開催。
2016年3月16日、ともに30万枚を超えたヒット作、「Summer Ballad Covers」「Heartful Song Covers」に続く、大ヒットカヴァーシリーズの第3弾「Sweet Song Covers」をリリース。

◆Official HP: http://www.may-j.com/
◆Official Facebook: https://www.facebook.com/mayjofficial
◆Offcial Twitter: https://twitter.com/mayjamileh

川井郁子

川井郁子

香川県出身。東京藝術大学卒業。同大学院修了。現在、大阪芸術大学(芸術学部)教授。国内外の主要オーケストラをはじめ、指揮者チョン・ミョンフンや、テノール歌手ホセ・カレーラスなどの世界的音楽家たちと共演。またジャンルを超えて、ポップス系アーティストや、バレエ・ダンサーのファルフ・ルジマトフ、熊川哲也、フィギュアスケートの荒川静香らとも共演。2008年ニューヨークのカーネギーホール公演にてアメリカデビュー。2013年映画「北のカナリアたち」で第36回日本アカデミー賞・最優秀音楽賞を受賞。

デビュー15周年、使用楽器ストラディヴァリウスが300歳を迎える2015年には、パリ・オペラ座公演を成功させ、国内外を問わず、精力的に活動している。また、社会的活動として「川井郁子 Mother Hand 基金」を設立。国連UNHCR協会国連難民親善アーティスト、全日本社寺観光連盟親善大使を務める。

<レギュラー番組>
テレビ東京系「100年の音楽」
       毎週金曜日 夜10時54分~夜11時00分
  (BSジャパン 毎週木曜日 夜9時54分~夜10時00分)

ニッポン放送「川井郁子ハートストリングス」
       毎週月曜日~金曜日 朝8時24分~8時28分

使用楽器:ストラディヴァリウス(1715年製作、大阪芸術大学所蔵)
川井郁子ホームページ http://www.ikukokawai.com

杏里

杏里

1978年に「オリビアを聴きながら」でデビュー。
1983年には「CAT'S EYE」「悲しみがとまらない」の大ヒット曲を出し、日本全国にアーティスト"杏里"の名を広める。
その後もCMソングやテレビ主題歌の数々のヒット曲やダンスミュージックをはじめ、さまざまなジャンルの音楽を生み出し話題を呼ぶ。
1998年には、長野オリンピックでの公式イメージソング「SHARE~瞳の中のヒーロー~」をリリースし、閉会式では「故郷」を熱唱し世界にその映像が放映された。
2010年JAL(日本航空)のオリジナルソング「I Will Be There with You~あふれる想い」を、世界的名プロデューサーであるDavid Foster作曲の元、レコーディング。(日本語歌詞:吉元由美)
デビュー35周年を迎えた2013年、アイビーレコードに移籍。
2013年7月10日リリースのオリジナルベスト「SurfCity-CooolBreeze-」に続き、2014年は、原点回帰アルバム第2弾、「オリビアを聴きながら」「CAT’S EYE」「思いきりアメリカン」等のヒット曲を含むアルバム「Surf & Tears」を6月25日にリリース。杏里ベスト・ヒットと呼べる選曲でありながら、今の杏里を充分に堪能できる1枚となっている。8月までアルバムと同タイトルのコンサートツアー「ANRI LIVE TOUR2014 SURF & TEARS」で、杏里の夏を盛り上げた。9月は、ビルボードライブ大阪でのライブや、国宝比叡山延暦寺根本中堂でのイベントにも参加。
2015年8月19日には10年ぶりとなるオリジナルアルバム「Smooth&Groove」をリリース。リード曲の「Brand New Day!」がTBS系「ひるおび」8月度エンディングテーマとなる。9月までアルバムと同タイトルのコンサートツアー「ANRI LIVE TOUR2015 Smooth&Groove」を行う。
プロデュース、作曲、作詞、他のアーティストへの楽曲提供等も積極的に行い、国内外を問わず、幅広い活動を行っている。 また、アーティストとしてだけでなく、幅広い世代の女性から杏里のライフスタイルやファッションには、いつも熱い支持を受けている。

小柳ゆき

小柳ゆき

1982年1月26日生まれ。埼玉県出身。
現役高校生のシンガーとして「あなたのキスを数えましょう 〜 You were mine 〜」で1999年デビュ−。
2000年5月24日発売「Koyanagi the Covers PRODUCT 1」は洋楽カヴァー・アルバムとして初のオリコン1位を獲得。
また、ホイットニー・ヒュ−ストンのプロデューサーとして知られる米国 R&Bシーンの重鎮、Kashifとのデュエット作品リリ−ス、国際的にも注目される。
2004年1月に、デビュー以降2003年までのカヴァーも含めた全シングルを収録したベスト・アルバム"MY ALL リリース。2004年1月からロンドンでも生活を経験した後、ロンドンレコーディング曲も収録したオリジナル・アルバム "i'll be Travelin Home"を リリース。
2010年2月にはデビュー10周年記念ベストアルバム「The Best Now&Then ~ 10th Anniversary ~」を発売
2013年3月には「YUKI KOYANAGI LIVE TOUR 2012 Believe in yourself BEST SELECTION」のライブアルバムのリリース。
4月にはオリジナル楽曲として4年6ヶ月ぶりとなる新曲「ジェットコースター」をリリース。同曲は富士急ハイランド2013春のイメージソングに決定。
7月には北乃きい、稲森いずみ主演の映画【爆心 長崎の空】の主題歌「ひまわり」が決定。
8月にはTHE CONVOY 今村ねずみが仕掛けるエンターテインメントショウの舞台出演。
世界も視野に入れた音楽活動や、ミュージカルなど活躍の場を広げている。

三浦文彰

三浦文彰

2009年世界最難関とも言われるハノーファー国際コンクールにおいて、史上最年少の16歳で優勝。同時に、聴衆賞、音楽評論家賞も受賞し、国際的に注目を集めた。
東京都出身。3歳よりヴァイオリンを始め安田廣務氏に、6歳から徳永二男氏に師事。 ウィーン私立音楽大学で、パヴェル・ヴェルニコフ氏、ジュリアン・ラクリン氏のもとで研鑽を積んだ。
これまでにブラウンシュバイクフェスティバル、宮崎国際音楽祭、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭、マントン音楽祭、メニューイン・フェスティバなどに出演。 ハンブルク北ドイツ放送交響楽団、ミルウォーキー響、オレゴン響、ユタ響、ウィーン室内管、ニュルンベルク響などとも共演している。
2012年には、プラハ・フィルとの日本ツアー、2013年にはシュトゥットガルト放送響との東京公演を行い、ペンデレツキ80歳記念演奏会にも出演。2014年は、ルーブルにおけるリサイタルでパリ・デビューを果たした。
2015年には、リントゥ指揮ベルリン・ドイツ響との共演を得て、チャイコフスキーとメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を収録し、エイベックス・クラシックスよりCDリリース。
2016年NHK大河ドラマ「真田丸」テーマ音楽のヴァイオリン・ソロを演奏している。
2009年度第20回出光音楽賞受賞。
使用しているヴァイオリンはNPO法人イエロー・エンジェルより貸与されたJ.B.Guadagnini (1748年製)である。 ウィーン在住。
写真:(C)Yuji Hori

栁澤寿男(指揮)

栁澤寿男(指揮)

 旧ユーゴを中心に活動する日本人指揮者。05-07年、マケドニア旧ユーゴ国立歌劇場首席指揮者。07年、国連暫定行政ミッション下のコソボフィル響首席指揮者に就任。同時に、サンクトペテルブルグ響、プラハ響、フラデツクラロヴェ響、西ボヘミア響、サラエボフィル、ベオグラード国立歌劇場、セルビア放送響、アルバニア放送響などに客演。07年、旧ユーゴの民族共栄を願ってバルカン室内管弦楽団を設立。09年、コソボ北部ミトロヴィッツァで国連開発計画、国際安全保障部隊、コソボ警察の尽力を得て開催された民族混成オーケストラによるコンサートは奇跡のコンサートとも言われ、日本の高等学校教科書「世界史A」(実教出版)にも記載されている。10年、ニューヨーク国連総会に付随するイベント「バルカン・リーダーズ・サミット」で演奏。11年、ウィーン楽友協会公演を実現。15年、World Peace Concertをスタートし世界各地でコンサートを行っている。国内では、新日フィル、日フィル、東フィル、東響、都響、シティフィル、札響、仙フィル、群響、名フィル、京響、大フィル、兵庫芸文管、日本センチュリー響、九響、アンサンブル金沢などに客演。現在、バルカン室内管弦楽団音楽監督、コソボフィル響首席指揮者、ベオグラード・シンフォニエッタ名誉首席指揮者、ニーシュ響首席客演指揮者。書籍に「バルカンから響け!歓喜の歌」(晋遊舎)。

©木之下晃

東京フィルハーモニー交響楽団

東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立の日本で最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約130名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督チョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者にミハイル・プレトニョフを擁する。
Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティ コンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会を中心とする自主公演、新国立劇場等でのオペラ・バレエ演奏、『NHKニューイヤー・オペラコンサート』、NHK『名曲アルバム』、テレビ朝日『題名のない音楽会』、テレビ東京『東急ジルベスターコンサート』などの放送演奏により全国の音楽ファンに親しまれる存在として、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。
海外公演も積極的に行い、近年では2014年3月のアジア・欧米6か国を巡るワールド・ツアー、そして2015年12月には日韓国交正常化50周年を記念してチョン・ミョンフン指揮のもとソウルと東京の2都市でソウル・フィルハーモニー管弦楽団と合同で「日韓友情『歓喜の第九』」演奏会を行い、国内外の注目を集めた。
1989年からBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。また東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市および公益財団法人長岡市芸術文化振興財団と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

公式ウェブサイト http://www.tpo.or.jp/
公式Facebook https://www.facebook.com/TokyoPhilharmonic
公式twitter https://twitter.com/tpo1911

 

TICKET

  ※本公演は終演致しました。
一般発売日  2016年2月13(土)各プレイガイドから販売 ※12日、13日残席僅少
◆チケットぴあ  http://t.pia.jp/ 0570-02-9999 Pコード:288-572
◆ローソンチケット http://l-tike.com/ 0570-084-003 Lコード:71882
◆イープラス http://eplus.jp/
◆CNプレイガイド http://www.cnplayguide.com/ 0570-08-9999
◆SOGO TOKYO オンラインチケット http://www.sogotokyo.com
チケット価格 S席:¥8,800 A席:¥7,800円(税込・全席指定)
*就学前のお子様のご入場・ご同伴はご遠慮ください。
*本公演の収益金の一部は、東日本大震災被災者の方々への義援金として寄付させていただきます。
ClubBBL
先行受付
 ClubBBL会員先行抽選受付期間:受付終了

≪確認用URL≫ http://eplus.jp/bcf2016-bfc/

■Club BBL会員登録に関するお問合せ
「クラブ・ビー・ビー・エル」事務局 03-3479-4141 (平日10:00~19:00/土日
祝定休)

お問合せ先 SOGO TOKYO 03-3405-9999 http://www.sogotokyo.com/

DETAIL

主催 ビルボードジャパン
企画制作 ビルボードジャパン
後援 米国ビルボード、TOKYO FM、ニッポン放送、FMヨコハマ、NACK5
制作協力 ズィープラスミュージック
開催日時 2016年3月12日(土)開場:17:00 開演:18:00 
2016年3月13日(日)開場:12:30 開演:13:30 
会場 東京国際フォーラム ホールA
出演 玉置 浩二/八神 純子/佐藤 竹善/中島 美嘉/Salyu with 小林武史 
スペシャルゲスト:3/12 平原綾香 May J. 川井郁子
        3/13 杏里 小柳ゆき 三浦文彰
指揮 栁澤寿男
管弦楽 東京フィルハーモニー交響楽団

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。