CONCERT

Daiwa House presents billboard classics festival 2020 in Tokyo~Music has No Border~

Music has No Border. あらゆる垣根を越えて、
今、『生の音楽』が生み出す感動をオーケストラと共に。

出演:森口博子、矢井田瞳、藤巻亮太、 Sarah Àlainn(サラ・オレイン)
指揮・音楽監修:藤原いくろう
ピアノ:澤近泰輔

管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

演奏曲:森口博子「水の星へ愛をこめて」、矢井田瞳「My Sweet Darlin’」、
藤巻亮太「粉雪」、Sarah Àlainn(サラ・オレイン)「ANIMUS」 他(予定)

ビルボードジャパンがプロデュースする音楽プロジェクト「billboard classics」では、
音楽の多様な可能性を示すガラコンサート形式のポップス&オーケストラ公演「billboard classics festival」を展開しております。
この度、エンタテインメントを通じて豊かな暮らし創りを推進している「大和ハウス工業株式会社」のご協力を得て、
本年12月に「Daiwa House presents billboard classics festival 2020 ~Music has No Border~」公演を開催いたします。

本公演では数多くのシンフォニックコンサートを手掛けてきた藤原いくろうを指揮・音楽監修に迎え、
日本の音楽シーンを牽引するアーティストたちとともに、『生の音楽』が生み出す感動をお届けします。

まさに苦悩の中からも明かりが差し始め、劇場に音楽の響きが戻りつつある今だからこそ、
ビルボードジャパンはMusic has No Borderを掲げる藤原いくろうと共に、音楽のジャンルを越えた無限の可能性を信じ、
演奏再開を心待ちにしているお客様、公演に関わるすべての人たち、そして未来のエンタテインメントのために、
オーケストラの迫力ある演奏と個性豊かなアーティストの歌にのせて、感動のステージをお送りします。

SCHEDULE

2020年12月25日(金)19:00開演(18:00開場) 
Bunkamura オーチャードホール

PROFILE

森口博子

森口博子

1985年テレビアニメ「機動戦士Ζガンダム」の主題歌『水の星へ愛をこめて』でデビュー。音楽活動と並行し、様々なジャンルで活躍。レギュラー12本かかえ、幅広い層に支持される。1991年に映画「機動戦士ガンダムF91」の主題歌『ETERNAL WIND ~ほほえみは光る風の中~』がヒットし、初のベスト10入りを果たす。同年から6年連続でNHK「紅白歌合戦」に出場。透明感に深みとパワーが増した歌声で、ライブ活動でも人々を魅了している。2018年の「KING SUPER LIVE 2018」の東京ドーム公演では、オーディエンスが神々しい歓声に包まれた同年、NHKで放映された『発表!全ガンダム大投票』で、361曲のガンダムソングからデビュー曲が1位、1991年発表の映画主題歌が3位に!同年、シングル『鳥籠の少年』がレコチョク・ジャンル別ウィークリー1位に!MVが動画サイト「GYAO!」でデイリー1位に!そしてレコチョクで複数の楽曲が人気の歌手ランキングでも1位に!昨年は4つの1位を獲得した快挙の年となった。さらに2019年には上記『発表!全ガンダム大投票』で選ばれたガンダムソングベスト10全楽曲を豪華ミュージシャンを迎えてカバー&セルフカバーしたアルバム『GUNDAM SONG COVERS』をリリース。オリコンウイークリーチャート3位を獲得し、「アルバムTOP10入りインターバル記録」では女性アーティスト歴代1位を記録した。オリコン月間ランキング5位になりロングヒット中。さらに日本レコード大賞 企画賞を受賞。10万枚を超える大ヒットした前作の続編「GUNDAM SONG COVERS 2」が2020年9月16日に発売!初週Billboard JAPAN 週間アルバムチャート2位、オリコン週間アルバムランキング2位を獲得!

【レギュラープログラム】
bayfm「KISS&SMILE」毎週金曜13:00-16:00生放送
BS11「Anison Days」毎週金曜日 22:00-22:30

 オフィシャルホームページ http://www.mogeshan.net
ブログ https://ameblo.jp/hiroko-moriguchi
ツイッター http://twitter.com/hiloko_m
森口博子 オフィシャル YouTube チャンネルhttps://www.youtube.com/c/hiroko_m

矢井田瞳

矢井田瞳
1978年大阪生まれ大阪育ちのシンガーソングライター。愛称はヤイコ。
19歳でギターと出会い曲作りを始める。
2000年5月にインディーレーベル「青空レコード」より「Howling」でデビュー。
同年7月にマキシ・シングル「B'coz I Love You」でメジャーデビューを果たし、1stアルバム『daiya-monde』はアルバムチャート初登場1位を獲得。
現在までに10枚のフルアルバム、1枚のミニアルバム、21枚(インディーズを除く)のシングルをリリース。
2016年3月2日にはデビュー15周年記念アルバム『TIME CLIP』を、
12月2日にはLIVE Blu-ray『矢井田 瞳 LIVE TOUR "15" COMPLETE EDITION』をリリース。
2018年1月より、約5年ぶりとなるホールツアー【矢井田 瞳 LIVE CONCERT TOUR 〜COCOON AWAKE 2018〜】を全国5会場で成功させた。
2019年 矢井田瞳としての活動に加え「yaiko」としての活動を開始。8月14日には3年半ぶりのミニアルバム『Beginning』をリリース。アコースティックギターボーカルデュオ「高高-takataka-」とのユニット、「yaiko x takataka」としてイベントやフェスにも数多く出演。
2020年にはデビュー20周年を迎え、2月12日にミニアルバム『Keep Going』 をリリース。2月から”20th Anniversary” 矢井田瞳Live Tour『Keep Going』を開催。5月29日、産経新聞社とのプロジェクト『「#コロナの先で」希望のSTORY〜歌のチカラ〜』で、一般の方からのメッセージをもとに書き上げた楽曲「あなたのSTORY」を発表。6月6日には大阪への感謝の気持ちを歌った関西地区限定シングル「ネオンの朝」をリリース。8月15日には”矢井田 瞳20th Anniversary『ヤイコの日』10月14日(水)には4年ぶり11枚目となるオリジナルアルバム『Sharing』の発売が決まっている。
矢井田 瞳 official site https://yaiko.jp

藤巻亮太

藤巻亮太

1980年生まれ。山梨県笛吹市出身。2003年にレミオロメンの一員としてメジャーデビューし、「3月9日」「粉雪」など数々のヒット曲を世に送り出す。2012年、レミオロメンが活動休止を発表、ソロ活動を開始する。同年、1stソロアルバム「オオカミ青年」を発表。以降も精力的にソロ活動を展開し、2016年、2ndアルバム「日日是好日」をリリース。2017年には3rdアルバム「北極星」を発表。2019年4月、レミオロメン時代の曲を、アコースティック中心のアレンジでセルフカバーしたアルバム「RYOTA FUJIMAKI Acoustic Recordings 2000-2010」をリリースし、弾き語り全国ツアー"In the beginning"を開催。6月には「ウイスキーが、お好きでしょ」(サントリーウイスキー「角瓶」TV-CMソング)、8月には「僕らの街」(NEXCO中日本CMソング)、そして9月には、藤巻亮太が主催する野外音楽フェス「Mt.FUJIMAKI」のテーマソング「Summer Swing」を配信限定リリースし、9月29日に「Mt.FUJIMAKI 2019」を、山中湖交流プラザきららにて大盛況にて終了させた。2020年1月には、「ウルトラマン クロニクル ZERO&GEED」のオープニング主題歌として書き下ろした新曲「Heroes」を配信限定リリース。2月25~29日には初の5日間連続ライブとなる「RYOTA FUJIMAKI 紀伊國屋サザンシアター 5days『Back to the Music!!!』」を成功させる。さらには有料配信ライブとして7月に「ON YOUR LIVE 2020」、9月には「THANK YOU aLIVE 2020 ~The Music Runners~」を開催。

現在は、全国各地の様々なイベントやライブに出演するなど、精力的に活動を続けている。

公式HP http://www.fujimakiryota.com/

Sarah Àlainn(サラ・オレイン)

Sarah Àlainn(サラ・オレイン)

オーストラリア出身。ヴォーカリスト、ヴァイオリニスト、作詞作曲家、コピーライター、翻訳家。英語、日本語、イタリア語、ラテン語を操るマルチリンガル。音が色で見える共感覚者でもある。
「オーストラリアnow」親善大使、「九州国立博物館」応援大使。

シドニー大学在学中に東京大学に留学。在学中にゲームソフト「ゼノブレイド」エンディングテーマ曲“Beyond the Sky”(光田康典氏作曲)のヴォーカルを担当。

2012年ユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。発売されたアルバムは全てチャート1位を獲得。
2015年「太陽の家」50周年記念式典にて上皇上皇后両陛下の御前で国歌独唱。
2018年NHK大河ドラマ『西郷どん』では劇中歌「我が故郷」と「西郷どん紀行~薩摩編~」を歌唱。
2019年NHKよるドラ『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』に出演し、女優デビューを果たす。
2019年イタリア・ミラノ ヴェルディ劇場にて自身初のヨーロッパ公演を行い、観客を魅了。7月サントリーホール 大ホールで行われた「Sarah Àlainn Symphonic Concert 2019」では自身が脚本・舞台演出をトータルで手がけた。ベストアルバム『Timeless』発売中。

公式サイト.  https://www.sarahalainn.net

藤原いくろう

藤原いくろう

「音楽にジャンルは無い!」と語る藤原はクラシックからロックまで幅広いジャンルを融合するオーケストレーションを得意とし国内外の多くのオーケストラとの共演を果している。

20代の時にレコーディングを機に渡ったモスクワで、その後の指揮法をはじめ音楽活動に多大な影響を受ける。モスクワやサンクトペテルブルグでのコンサート、レコーディングなど、その後もロシアとの親交は厚い。

指揮者、ピアニストとしてステージ出演をしながら、コンサートのプロデュース、アーティストへの楽曲提供、映画のサウンドトラック制作などその活動は多岐にわたり、とりわけ音楽監督としてポップスアーティスト(ASKA、絢香、甲斐バンド、倉木麻衣、YOSHIKI、LUNA SEAなど)とオーケストラとのシンフォニックコンサートを数多く手がけ、高い評価を得ている。

澤近泰輔

澤近泰輔

1980年代初頭より音楽家としてのキャリアをスタート。
‘87年よりCHAGE and ASKA サポート、’05年よりASKAソロ活動のバンドマスターとして、ほとんど全ての公演に参加。
‘19〜20年「billboard classics ASKA premium ensemble concert -higher ground-」編曲。
‘15年より「僕らのポプコンエイジ」音楽監督兼ピアノ。
藤原いくろう率いる倉木麻衣、絢香、中川晃教の各シンフォニックコンサートに参加。
編曲・演奏・楽曲提供として、CHAGE & ASKA、八神純子、キンモクセイ 、工藤静香 、柴田淳 、藤田恵美 、斉藤由貴、岩男潤子、相曽晴日、上間綾乃、平原綾香 、宇海 etc.(敬称略)

Twitter https://twitter.com/36ebony52ivory/

東京フィルハーモニー交響楽団

東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立。日本で最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約160名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督チョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者にミハイル・プレトニョフを擁する。Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティコンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会や「渋谷の午後のコンサート」「平日の午後のコンサート」「休日の午後のコンサート」等の自主公演、新国立劇場等でのオペラ・バレエ演奏、『名曲アルバム』『NHKニューイヤーオペラコンサート』『題名のない音楽会』『東急ジルベスターコンサート』などの放送演奏、各地学校等での訪問コンサート等により、全国の音楽ファンに親しまれる存在として、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。海外公演も積極的に行い、国内外から高い評価と注目を得ている。
1989年からBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

公式ウェブサイト https://www.tpo.or.jp/
フェイスブック /TokyoPhilharmonic/
ツイッター @tpo1911
インスタグラム tokyophilharmonicorchestra

写真クレジット
©上野隆文

TICKET

 

本公演では、通常料金に任意で「1000円」「2000円」「3000円」の
ドネーション(寄付)を追加できる「ドネーションチケット」の販売も行います。

チケット発売
※受付中

【プレイガイド先行受付中】
チケットぴあ https://t.pia.jp/
ローソンチケット https://l-tike.com/
イープラス https://eplus.jp/
キョードー東京 https://tickets.kyodotokyo.com/
楽天チケット https://ticket.rakuten.co.jp/
--------------------------------

【一般発売 11/7(土)】

劇場観覧チケット
(全席指定・税込)

◎劇場観覧チケット:7,800円(全席指定・税込)
(ドネーション1000)8,800円
(ドネーション2000)9,800円
(ドネーション3000)10,800円

◎劇場観覧ペアチケット:15,000円(全席指定・税込)
(ドネーション1000)16,000円
(ドネーション2000)17,000円
(ドネーション3000)18,000円

◎学生券 2,000円(席数限定) ※一般発売より「チケットぴあ」のみ取扱い
--------------------------------

■「ドネーションチケット」の寄付先について
皆様からお預かりしたドネーションによる寄付金(消費税対象外)は全額、下記3団体へ寄付いたします。
1)ライブエンタテインメント従事者を支援する「Music Cross Aid」基金 
2)「日本オーケストラ連盟」を通じた加盟38のオーケストラ団体 
3) 日本医師会 指定寄附金「新型コロナウイルス感染症への対応にあたる医療従事者・医療現場への支援」

【ご注意】
※ソーシャルディスタンス確保のため、座席数を通常よりも削減し販売することがございます。ただし今後、行政によるガイドラインが変更となり収容率が緩和された場合はその限りではありません。またその場合の座席は、先に購入された方が優先となります。

※ペアチケットでご購入の場合も、離れた座席になる可能性がありますので予めご了承ください。
※未就学児童入場不可
※チケットご購入の際は、こちらの注意事項をご確認の上、チケットをお求めください。
--------------------------------
●学生席に関する注意事項
※一般発売のみの受付、ステージ全体が見えにくい座席になります。
※小学生~大学生・専門学校生(社会人学生を除く)が対象です。(保護者との隣席対応不可)
※公演日当日は学生証(中学生以上)をご提示の上、ご入場ください。
 小学生は氏名および年齢確認ができるもの(例:保険証、パスポート等)をご提示ください。
 証明書を提示いただけない場合、一般料金との差額を頂戴することがございます。
--------------------------------

Club BBL 先行受付

●Club BBL会員 先行受付●
エントリー期間:2020/10/2[金]15:00 ~ 2020/10/18[日]23:59まで
当落・入金期間:2020/10/21[水]15:00 ~ 2020/10/25[日]23:00まで
受付URL:https://l-tike.com/st1/clubbbl-ticket4444
----------------------------
●Club BBL会員先行抽選エントリーご希望の皆様へ●
エントリー対象となるClub BBL会員は
2020年9月30日(水)23:59までにご入会が完了された方となります。
https://www.billboard-live.com/pg/membership/index.php/p/membership/m/login

●ご注意ください●
※枚数制限:1公演につき、お1人様4枚まで
※ClubBBL会員年会費のご返金はいかなる場合でも承っておりませんので予めご了承ください。
※座席位置に関してのお問合せはご遠慮ください。

※ビルボードライブ予約センターでのチケット販売はございません
※Aから始まる会員番号は無料のゲスト会員のご登録です。
無料のゲスト会員ではエントリーできませんのでご注意ください。

ClubBBL会員ご登録に関するお問合せ 
ClubBBL事務局 03-3479-4141(当面の間平日12:00~17:00)
----------------------------

 お問合わせ

キョードー東京 0570-550-799(平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00)

DETAIL

主催・企画制作 ビルボードジャパン 
特別協賛 大和ハウス工業株式会社
後援 米国ビルボード
開催日時 12月25日(金)開演19:00(開場18:00)
会場

Bunkamura オーチャードホール

出演

森口博子、矢井田瞳、藤巻亮太、Sarah Àlainn(サラ・オレイン)

指揮・音楽監修 藤原いくろう
ピアノ 澤近泰輔
管弦楽 東京フィルハーモニー交響楽団

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。