CONCERT

ASKA PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018-THE PRIDE-

9/22(土)AM10:00より一般発売開始
※詳しくはTicketページをご覧ください。

-音楽の無限の世界へ-

今秋、アートシーズンの輝きのなかで、国内外の音楽ファン待望の新しいASKAオーケストラ公演が始動する。
沈黙の時を経て今、ASKAの翼が静かに広がる。管弦楽の壮大な響きを追風に、音楽の新しい可能性を示す旅が始まる。
注目の舞台では、CHAGE and ASKAからASKAの最新作品より選曲。
名手たちが奏でるオーケストラの旋律のなかで新しい生命を纏い披露される。
珠玉のASKA作品群は、現代の日本のポップス&ロックシーンの軌跡に重なり、
生命力溢れる音楽の未来に続く大空へと、大きく羽ばたく。
そして、ASKAに深く内在する音楽に捧げる純粋な意思、“THE PRIDE”は、
全ての聴衆を無限に広がる音楽の世界へと導く。

SCHEDULE

東京:11月5日(月)東京国際フォーラム ホールA 開演19:00 ※Sold Out
大阪:11月14日(水)フェスティバルホール 開演19:00 ※Sold Out
仙台:11月26日(月)仙台サンプラザホール 開演19:00
東京:12月3日(月)東京国際フォーラム ホールA 開演19:00
東京:12月6日(木)東京国際フォーラム ホールA 開演19:00
西宮:12月8日(土)兵庫県立芸術文化センター 大ホール 開演17:00 ※Sold Out
京都:12月10日(月)ロームシアター京都 開演19:00
札幌:12月13日(木)札幌コンサートホールKitara 開演19:00
横浜:12月15日(土)神奈川県民ホール 大ホール 開演17:00 ※Sold Out
福岡:12月19日(水)福岡サンパレス 開演19:00

MOVIE

PROFILE

ASKA

ASKA

1979年CHAGE and ASKAとして「ひとり咲き」でデビュー。翌年「万里の河」がチャート上位を獲得。デビュー3年目にして59公演となるコンサートツアー「熱風」を行い、大盛況のうちに幕を閉じる。その後、「SAY YES」「YAH YAH YAH」「めぐり逢い」など、数々のミリオンヒット曲を世に送り出し、多くの賞を総なめにする。1993年には、モナコで開かれた「The World Music Awards」に日本代表として初出場し、翌年には3年連続受賞を果たす。同年、ハリウッド映画「Street Fighter」のエンディングテーマに楽曲が起用され、1996年には、アジアのミュージシャンとしては初となる「MTV Unplugged」へ出演。2000年には日本人として初となる韓国公演を開催するなど、国内外からも多くの支持を得る。また、ソロ活動としては、音楽家として数多くのアーティストに楽曲提供を行う傍ら、「はじまりはいつも雨」が、ミリオン・セールスを記録。同年のアルバム「SCENEⅡ」もベストセラーとなり、1999年には、ベスト・アルバム「ASKA the BEST」をリリース。その後も楽曲のリリースやコンサートツアーも行い、2008年、現地の交響楽団と共演するシンフォニックコンサートツアー「ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008 “SCENE”」をシンガポール・タイ・中国・香港・日本各地で開催。2017年には、自主レーベル「DADA label」を立上げ、アルバム「Too many people」「Black&White」 等をリリース。 2018年、ASKA Official Web Site及びファンクラブ「Fellows」を開設し、月1ペースで新曲を配信するなど精力的に活動している。

ASKA Official Web Site「Fellows」
https://www.fellows.tokyo/

藤原いくろう

藤原いくろう

「音楽にジャンルは無い!」と語る藤原はクラシックからロックまで幅広いジャンルを融合するオーケストレーションを得意とし国内外の多くのオーケストラとの共演を果している。

20代の時にレコーディングを機に渡ったモスクワで指揮者コンスタンチン・D・クリメッツ氏と出会い、その後の指揮法をはじめ音楽活動に多大な影響を受けることになる。モスクワやサンクトペテルブルグでのコンサート、レコーディングなど、その後もロシアとの親交は厚い。

指揮者、ピアニストとしてステージ出演をしながら、コンサートのプロデュース、アーティストへの楽曲提供、映画のサウンドトラック制作などその活動は多岐にわたり、とりわけ音楽監督としてポップスアーティスト(YOSHIKI、LUNA SEA、KIRITO、倉木麻衣、絢香、甲斐バンドなど)とオーケストラとのシンフォニックコンサートを数多く手がけ高い評価を得ている。

ASKAとは2008年の「ASKAシンフォニック・アジアツアー」以来のコラボレーションとなり、藤原は「10年間でさらにブラッシュアップしたサウンドでASKAワールドをサポートしたい!」と意気込んでいる。

東京フィルハーモニー交響楽団

東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立の日本で最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約130名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督チョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者にミハイル・プレトニョフを擁する。
Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティ コンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会を中心とする自主公演、新国立劇場等でのオペラ・バレエ演奏、『NHKニューイヤー・オペラコンサート』、NHK『名曲アルバム』、テレビ朝日『題名のない音楽会』、テレビ東京『東急ジルベスターコンサート』などの放送演奏により全国の音楽ファンに親しまれる存在として、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。
海外公演も積極的に行い、近年では2014年3月のアジア・欧米6か国を巡るワールド・ツアー、そして2015年12月には日韓国交正常化50周年を記念してチョン・ミョンフン指揮のもとソウルと東京の2都市でソウル・フィルハーモニー管弦楽団と合同で「日韓友情『歓喜の第九』」演奏会を行い、国内外の注目を集めた。
1989年からBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。また東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市および公益財団法人長岡市芸術文化振興財団と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

公式ウェブサイト http://www.tpo.or.jp/
公式Facebook https://www.facebook.com/TokyoPhilharmonic
公式twitter https://twitter.com/tpo1911

 

大阪交響楽団

大阪交響楽団

1980年創立。永久名誉楽団代表・敷島博子が『聴くものも、演奏するものも満足できる音楽を!』をモットーに提唱。いつも聴衆を“熱く”感動させるその演奏は、「魂の叫び」「情熱の音」であると評されている。音楽監督・首席指揮者 児玉宏、常任指揮者 寺岡清高。知られざる名曲に光をあてるディスカヴァリー・クラシックシリーズなど、斬新で意欲的なプログラムは大きな注目を集めている。http://sym.jp

 

ビルボードクラシックスオーケストラ

ビルボードクラシックスオーケストラ

ビルボードクラシックスが主宰する新しい音楽の創出に挑む演奏家たちによる特別編成オーケストラ。2015年以来、玉置浩二・八神純子・福原美穂プレミアム・シンフォニック・コンサートにおいて高いパフォーマンスを発揮。その豊潤な響きが観客を魅了し続けている。近年、サラ・ブライトマンとの共演をはじめとする先鋭的音楽活動が注目されている京都フィルハーモニー室内合奏団を中核に編成。新しい音楽を開拓する意思のもと、関東・関西の主要オーケストラから選抜した俊英演奏家たちが集結。
写真:兵庫県芸術文化センター公演(2014年2月より) 指揮:柳澤寿男

大阪フィルハーモニー交響楽団

大阪フィルハーモニー交響楽団

1947年、朝比奈 隆を中心に「関西交響楽団」という名称で生まれ、1950年社団法人化、1960年には改組、現在の名称になった。創立から2001年までの55年間、朝比奈 隆が指揮者を務めた。2003年4月から2012年3月まで大植英次が音楽監督を務め、2012年4月に桂冠指揮者に就任。これまでに、遠山信二、外山雄三、若杉 弘、秋山和慶、手塚幸紀、大友直人等、名指揮者達と専属契約を結んだほか、内外の一流音楽家と共演してきた。
「定期演奏会」は、ザ・シンフォニーホールで、年10回、毎回2公演を開催している。また、大阪以外の全国各地域の文化振興にも貢献しており、数回にわたるヨーロッパ、カナダ、アメリカ、韓国、台湾での演奏旅行では各地で絶賛を博した。

札幌交響楽団

札幌交響楽団

1961年発足。北海道唯一のプロ・オーケストラとして、「札響」の愛称で親しまれる。透明感のあるサウンドとパワフルな表現力は、国内はもとより海外でも評価が高い。歴代指揮者には、名誉創立指揮者の荒谷正雄、ペーター・シュヴァルツ、岩城宏之、秋山和慶、尾高忠明、マックス・ポンマーなどが務めた。現在、名誉音楽監督の尾高忠明、名誉指揮者のラドミル・エリシュカ、友情客演指揮者に広上淳一、指揮者として佐藤俊太郎と垣内悠希を擁し、2018年4月からは首席指揮者としてスイスの名指揮者マティアス・バーメルトを迎えた。現在、年間公演数は約120回、さらにアウトリーチ活動にも積極的に取り組んでいる。海外ではヨーロッパ、アメリカ、アジア諸国を訪問し、各国で好評を博した。
写真(c)Y. Fujii

九州交響楽団

九州交響楽団

1953年発足、1973年からプロオーケストラとして活動開始。初代常任指揮者・石丸寛(現・永久名誉音楽監督)から、森正、安永武一郎(現・永久名誉指揮者)、フォルカー・レニッケ、黒岩英臣、小泉和裕、山下一史、大山平一郎、秋山和慶と受け継がれ、20134月から小泉和裕が音楽監督に就任。指揮者陣には、桂冠指揮者に秋山和慶、首席客演指揮者に小林研一郎を擁してさらなる充実を図っている。1990年の釜山公演をはじめ"アジアにひらかれた福岡"にふさわしい演奏活動、青少年育成のための演奏活動など、九州各地で年間約130回の演奏会を行っている。さらに、福祉施設でのアウトリーチ活動など、社会貢献活動も積極的に展開。
これまでに、福岡市文化賞、西日本文化賞、文部大臣地域文化功労賞、福岡県文化賞などを受賞。2006年から「九響シリーズ」のCDが発売されている。

TICKET

チケット価格 11,500円(税込・全席指定)
※特製プログラム付
※未就学児童のご入場はお断りいたします。
※本公演は、開演中の客席へのご入場を制限させていただきます。予めご了承下さい。
-----------------------------------------------------------------
一般販売 2018/9/22(土)AM 10:00~
※お1人様、各会場4枚まで購入可能

●チケット取扱い●
【東京公演】:ローソンチケット 0570-084-003(Lコード73761)

【大阪・西宮・京都公演】:ローソンチケット 0570-084-005(Lコード55609)

【仙台公演】:ローソンチケット 0570-084-002(Lコード21348)
       チケットぴあ   0570-02-9999(Pコード130-727)
       イープラス 
       チケットGIP 
  ◎仙台公演のチケットに関するお問合せ:ジー・アイ・ピー 022-222-9999

【札幌公演】:ローソンチケット 0570-084-001(Lコード11985) 
       チケットぴあ   0570-02-9999(Pコード130-523)
       道新プレイガイド 
  ◎札幌公演のチケットに関するお問合せ 
         道新プレイガイド 011-241-3871(10:00~18:00※10/7より日曜定休)
  ※札幌公演に関して
  一部のステージサイド及びステージ後方の席がございます。下記をご確認ください。
  ◎ステージサイド席(一部のRA,LAブロック席)とはステージの左右の真横からステージを見られる座席です。
  ◎ステージ後方席(Pブロック席)とはステージの後方から指揮者と向かい合う座席です。
  座席に関してはKitaraのホームページをご覧下さい。

【横浜公演】:ローソンチケット 0570-084-003(Lコード73770)

【福岡公演】:ローソンチケット 0570-084-008(Lコード82313) 
---------------------------------------------------------------------

お問合せ 【ローソンチケットに関するお問合せ】
※他のプレイガイド購入に関するお問合せは承れません。
ローソンチケット カスタマーサポートセンター 0570-000-777
受付時間:<自動音声案内>24時間  <オペレーター対応>10:00~20:00

【公演に関するお問合せ】
ツアーインフォメーションダイヤル03-6417-4881
受付時間:AM11:00〜PM15:00(平日のみ)
-------------------------------------------------------------------

DETAIL

主催・企画制作 ビルボードジャパン
後援

米国ビルボード、朝日新聞社、公益社団法人大阪フィルハーモニー協会、
京都フィルハーモニー室内合奏団

協力

ローソンエンタテインメント

開催日時・会場 東京:11月5日(月)東京国際フォーラム ホールA 開演19:00 ※Sold Out
大阪:11月14日(水)フェスティバルホール 開演19:00 ※Sold Out
仙台:11月26日(月)仙台サンプラザホール 開演19:00
東京:12月3日(月)東京国際フォーラム ホールA 開演19:00
東京:12月6日(木)東京国際フォーラム ホールA 開演19:00
西宮:12月8日(土)兵庫県立芸術文化センター 大ホール 開演17:00 ※Sold Out
京都:12月10日(月)ロームシアター京都 開演19:00
札幌:12月13日(木)札幌コンサートホールKitara 開演19:00
横浜:12月15日(土)神奈川県民ホール 大ホール 開演17:00 ※Sold Out
福岡:12月19日(水)福岡サンパレス 開演19:00 ※Sold Out
出演 ASKA
指揮 藤原いくろう
管弦楽 東京フィルハーモニー交響楽団(東京、横浜、仙台)
大阪交響楽団(大阪)
ビルボードクラシックスオーケストラ(西宮)
大阪フィルハーモニー交響楽団(京都)
札幌交響楽団(札幌)
九州交響楽団(福岡)
公演に関する
お問合せ

ツアーインフォメーションダイヤル03-6417-4881
受付時間:AM11:00〜PM15:00(平日のみ)

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。