CONCERT

【特別プログラム公演】ASKA PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018-THE PRIDE- LAST OF LAST IN SHIZUOKA

「2018年、ビルボードクラシックス。12月23日がASKAの歌い納めです。

 

「ASKA PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 -THE PRIDE -LAST OF LAST IN SHIZUOKA」

ローソンチケット先行特電
2018/11/13(火)15:00~11/17(土)23:59まで
0570-084-639(Lコード不要)
※受付詳細はTICKETページをご覧ください。

-音楽の無限の世界へ-
グランドフィナーレ公演

全メディア注目の下、国内外の音楽ファン待望の「ASKA PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 -THE PRIDE-」
(11月5日東京)の幕が切って落とされた。
管弦楽のダイナミックなサウンドのなかで誕生したASKAの圧倒的な歌声と存在は
想像を遥かに超え、”PRIDE”の名が示す、心の芯に強く響く大舞台を導いた。

そして、グランドフィナーレを飾る追加公演"LAST OF LAST IN SHIZUOKA"が決定。
静岡グランシップに降り注ぐオーケストラの旋律とともに、
無限の音楽世界へ飛び立ったASKAの新しい挑戦の最終章が披露される。
祝祭の舞台が実現するこの日、全ての聴衆は、ASKAの心底に内在する音楽への純粋な思い、
“THE PRIDE”が目指す新しい旅の集大成の目撃者となる。
同時に、グランシップの大空間に誕生する特別公演は、ASKAの旅の仲間となった
貴方に捧げられる聖夜の記憶に重なるに違いない。

 

SCHEDULE

【特別プログラム公演】静岡:12月23日(日)グランシップ 大ホール・海 開演15:00

◆MEDIA情報◆

11/16(金) NHK「ニュースウォッチ9」(21:00~ 22:00)http://www4.nhk.or.jp/nw9/

 


11/12(月) TBSテレビ(全国28局ネット)「ビビット」
インタビュー放送

11/12(月)8:00 - 9:54

https://www.tbs.co.jp/vivit2015/

◎ASKAインタビュー記事
AERA dots.

Excite ASKAインタビュー記事(前半)
Exicite ASKA インタビュー記事(後半)

 

◎10/17(水)「B-PASS ALL AREA Vol.9」発売

ORICON NEWS ASKAインタビュー

音楽ナタリーASKAインタビュー記事

MOVIE

PROFILE

ASKA

ASKA

1979年CHAGE and ASKAとして「ひとり咲き」でデビュー。翌年「万里の河」がチャート上位を獲得。デビュー3年目にして59公演となるコンサートツアー「熱風」を行い、大盛況のうちに幕を閉じる。その後、「SAY YES」「YAH YAH YAH」「めぐり逢い」など、数々のミリオンヒット曲を世に送り出し、多くの賞を総なめにする。1993年には、モナコで開かれた「The World Music Awards」に日本代表として初出場し、翌年には3年連続受賞を果たす。同年、ハリウッド映画「Street Fighter」のエンディングテーマに楽曲が起用され、1996年には、アジアのミュージシャンとしては初となる「MTV Unplugged」へ出演。2000年には日本人として初となる韓国公演を開催するなど、国内外からも多くの支持を得る。また、ソロ活動としては、音楽家として数多くのアーティストに楽曲提供を行う傍ら、「はじまりはいつも雨」が、ミリオン・セールスを記録。同年のアルバム「SCENEⅡ」もベストセラーとなり、1999年には、ベスト・アルバム「ASKA the BEST」をリリース。その後も楽曲のリリースやコンサートツアーも行い、2008年、現地の交響楽団と共演するシンフォニックコンサートツアー「ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008 “SCENE”」をシンガポール・タイ・中国・香港・日本各地で開催。2017年には、自主レーベル「DADA label」を立上げ、アルバム「Too many people」「Black&White」 等をリリース。 2018年、ASKA Official Web Site及びファンクラブ「Fellows」を開設し、月1ペースで新曲を配信するなど精力的に活動している。

ASKA Official Web Site「Fellows」
https://www.fellows.tokyo/

藤原いくろう

藤原いくろう

「音楽にジャンルは無い!」と語る藤原はクラシックからロックまで幅広いジャンルを融合するオーケストレーションを得意とし国内外の多くのオーケストラとの共演を果している。

20代の時にレコーディングを機に渡ったモスクワで指揮者コンスタンチン・D・クリメッツ氏と出会い、その後の指揮法をはじめ音楽活動に多大な影響を受けることになる。モスクワやサンクトペテルブルグでのコンサート、レコーディングなど、その後もロシアとの親交は厚い。

指揮者、ピアニストとしてステージ出演をしながら、コンサートのプロデュース、アーティストへの楽曲提供、映画のサウンドトラック制作などその活動は多岐にわたり、とりわけ音楽監督としてポップスアーティスト(YOSHIKI、LUNA SEA、KIRITO、倉木麻衣、絢香、甲斐バンドなど)とオーケストラとのシンフォニックコンサートを数多く手がけ高い評価を得ている。

ASKAとは2008年の「ASKAシンフォニック・アジアツアー」以来のコラボレーションとなり、藤原は「10年間でさらにブラッシュアップしたサウンドでASKAワールドをサポートしたい!」と意気込んでいる。

澤近泰輔

澤近泰輔

澤近 泰輔 TAISUKE SAWACHIKA
作・編曲家、キーボーディスト

1980年代初頭より音楽家としてのキャリアをスタート。
‘87年よりCHAGE & ASKA(’01年より同バンドマスターとして)サポート、’05年よりASKAソロ活動のバンドマスターとして、ほとんど全ての公演に参加。
NHK「The Covers’ Fes. 2015」「Discover 四国コンサート 2016」「いのちのうた 2016」音楽監督兼ピアノ
‘15年より「僕らのポプコンエイジ」音楽監督兼ピアノ etc. 藤原いくろう率いる倉木麻衣、絢香、中川晃教の各シンフォニックコンサートに参加。

編曲・演奏・楽曲提供として、CHAGE & ASKA、八神純子、松山千春、 KOKIA 、まきちゃんぐ、 キンモクセイ 、工藤静香 、柴田淳 、藤田恵美 、植村花菜 、郷ひろみ、斉藤由貴、岩男潤子、岩崎良美、相曽晴日、上間綾乃、平原綾香 etc.(敬称略)

Twitter https://twitter.com/36ebony52ivory/

小野かほり

小野かほり
小野かほり(KAORI ONO)

パーカッショニスト。岡山県倉敷市出身。
『Chica Boom』でビクターエンタテインメントからメジャーデビュー。NHKゴールドディスクニューアーティスト賞受賞。その後ソロとして活動の幅を広げ、松任谷由実 大黒摩季 hitomi 小比類巻かほる 宇都宮隆 globe 小柳ゆき TRF パリスマッチ TUBE 嵐 ASKA KinKi Kids 島谷ひとみ bird T.M.Revolution等々、数々のコンサートおよびレコーディングに参加している。
ソロアルバム『KAORI ONO』パーカッション教則DVD『美打!小野かほり式パーカッションパフォーマンス 観客を魅了出来る打楽器奏者の作り方』等を発表。
林田健司とのラテンファンクバンド 「EROTICAO」で3rdアルバム発売中。
オルケスタデラルスのボーカルNORAと共に2017年に結成したレディースバンド「OCEANA(オセアナ)」は2018年11月待望の1stアルバム『OCEANATION(オセアネーション)』をリリース。精力的にライブ活動を行っている。
猫とゴルフが大好き。

東京フィルハーモニー交響楽団

東京フィルハーモニー交響楽団

1911年創立の日本で最も長い歴史をもつオーケストラ。メンバー約130名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督チョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者にミハイル・プレトニョフを擁する。
Bunkamuraオーチャードホール、東京オペラシティ コンサートホール、サントリーホールでの定期演奏会を中心とする自主公演、新国立劇場等でのオペラ・バレエ演奏、『NHKニューイヤー・オペラコンサート』、NHK『名曲アルバム』、テレビ朝日『題名のない音楽会』、テレビ東京『東急ジルベスターコンサート』などの放送演奏により全国の音楽ファンに親しまれる存在として、高水準の演奏活動とさまざまな教育的活動を展開している。
海外公演も積極的に行い、近年では2014年3月のアジア・欧米6か国を巡るワールド・ツアー、そして2015年12月には日韓国交正常化50周年を記念してチョン・ミョンフン指揮のもとソウルと東京の2都市でソウル・フィルハーモニー管弦楽団と合同で「日韓友情『歓喜の第九』」演奏会を行い、国内外の注目を集めた。
1989年からBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。また東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市および公益財団法人長岡市芸術文化振興財団と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。

公式ウェブサイト http://www.tpo.or.jp/
公式Facebook https://www.facebook.com/TokyoPhilharmonic
公式twitter https://twitter.com/tpo1911

 

TICKET

チケット価格 11,500円(税込・全席指定)
※特製プログラム付(ゴールドバージョン)
※未就学児童のご入場はお断りいたします。
※本公演は、開演中の客席へのご入場を制限させていただきます。予めご了承下さい。
----------------------------
ローソンチケット
先行特電
(11/13~)
《電話受付》
2018/11/13(火)15:00~11/17(土)23:59まで
0570-084-639 (Lコード不要)
※お一人様4枚まで
----------------------------
ローソンチケット 
プレリクエスト
先着先行
(11/14~)
《WEB受付》
受付期間:2018/11/14(水)15:00~11/23(金)23:59まで
お申し込みはこちら
※お1人様4枚まで購入可能

◎ローソン先行販売期間中(10/22以降~11/23(金)まで)
【チケットに関するお問合せ】ローソンチケット カスタマーサポートセンター 0570-000-777
受付時間:<自動音声案内>24時間  <オペレーター対応>10:00~20:00

【公演に関するお問合せ】ツアーインフォメーションダイヤル03-6417-4881
受付時間:11:00〜15:00(平日のみ)
----------------------------

一般販売
(12/1~)
2018/12/1(土)AM 10:00~ ※お1人様4枚まで購入可能

●チケット取扱い●
 ローソンチケット 0570-084-645(12/1のみ) 0570-084-004(12/2以降)(Lコード:41785)
 チケットぴあ  0570-02-9544(12/1のみ) 0570-02-9999(12/2以降)(Pコード:135-087)
 イープラス 
 サンデーチケットセンター 0570-000-452(12/1のみ) 054-284-9966(12/2以降)

【チケットに関するお問合せ】(12/1以降)
サンデーフォークプロモーション静岡 054-284-9999 (月~土10:00~18:00)

【公演に関するお問合せ】ツアーインフォメーションダイヤル03-6417-4881(平日11:00〜15:00)
----------------------------

 Club BBL会員
先着先行(11/1~)
※受付終了
 ビルボードライブ会員(Club BBL会員) 先着先行 ※受付終了

ClubBBL会員についてのお問合せ:03-3479-4141(平日10:00~19:00 土日祝定休)
----------------------------

お問合せ 【チケットに関するお問合せ】
ローソンチケット カスタマーサポートセンター 0570-000-777
受付時間:<自動音声案内>24時間  <オペレーター対応>10:00~20:00

【公演に関するお問合せ】
ツアーインフォメーションダイヤル03-6417-4881
受付時間:11:00〜15:00(平日のみ)
-----------------------------

お知らせ 【お祝い花に関するお知らせ】

「ASKA PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018-THE PRIDE-」の会場におきましては、
スペースの構造上、ロビー・スタンド花(アレンジ花・楽屋花含む)など
お祝い花全ての設置が困難なため、誠に恐縮ではございますが、ご辞退させていただきます。
多くの皆さまよりお問合せを頂戴し大変ありがたく存じますが、今回はお気持ちだけ頂戴で
きればと存じます。何卒、ご理解、ご協力の程お願い申し上げます。

主催者:ビルボードジャパン

DETAIL

主催・企画制作 ビルボードジャパン
後援

米国ビルボード、朝日新聞社、テレビ静岡、K-mix、@FM

協力

ローソンエンタテインメント

開催日時 12月23日(日) 開場14:00/開演15:00
会場 静岡:グランシップ 大ホール・海(静岡市駿河区東静岡二丁目3番1号)
(JR東海道本線 東静岡駅南口徒歩約3分)

◎新幹線でお越しの場合:
  東海道新幹線(ひかり) 東京→静岡1時間/名古屋→静岡1時間、新大阪→静岡2時間
  東海道本線上り方面に乗り換え、静岡駅→東静岡駅まで約3分

◎飛行機でお越しの場合:
富士山静岡空港→JR静岡駅までバス(静岡エアポートライナー55分)、静岡駅→東静岡駅まで約3分

◎お車でお越しの場合 
 東名高速道路 静岡I.C.から6km 、車で約20分
 新東名高速道路 新静岡I.C.から9km 、車で約15分
 静清バイパス 千代田上土I.C.から4km 、車で約10分
※有料駐車台数 普通車約400台(うち車椅子使用者用7台)※グランシップ利用者1時間100円
 満車となる場合がございますので、 公共交通機関のご利用にご協力をお願い致します。

   
出演 ASKA
指揮 藤原いくろう
piano 澤近泰輔
percussion 小野かほり
管弦楽 東京フィルハーモニー交響楽団
   
公演に関する
お問合せ

ツアーインフォメーションダイヤル 03-6417-4881(平日11:00〜15:00)

PHOTOS

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。