REPORT

KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT-21st CENTURY RENAISSANCE- 6/2東京公演レポート

SCHEDULE

東京:6月2日(木) Bunkamura オーチャードホール 19:00開演(18:00開場) ※終演しました。

最新作「歓喜の歌」の旋律が導く「復活の日」 

2016年6月2日、東京・Bunkamuraオーチャードホールにて【玉置浩二 プレミアム・シンフォニック・コンサート】のツアー初日公演が行われ、玉置浩二が自身のソロ、そして安全地帯の珠玉の20作品をオーケストラの旋律とともに熱唱した。

 病気治療(大腸憩室炎)のため5月いっぱいライブ活動を休止していた玉置。その復帰公演は、指揮に栁澤寿男、演奏にバルカン特別編成交響楽団を迎えた特別なコンサートとなった。玉置自身、完全復活は「愛する奥さんとスタッフ、指揮、演奏家の皆さん。そして、音楽のおかげです」とコメント。世界平和への祈りを発信する栁澤とバルカン特別編成交響楽団に玉置が捧げた新作品「歓喜の歌」も管弦楽の演奏により披露されるということもあり、会場には多くのメディアと満席の“プラチナチケット”を得た約2000人の観客が詰めかけた。

 コンサート冒頭、まず最初に演奏されたのがその「歓喜の歌」。旧ユーゴスラビアから来日した演奏家たちの世界平和への精神に共鳴した玉置が捧げた同曲は、管弦楽の演奏によるインストゥルメンタルの曲でありながら、おおらかで力強い旋律がそのまま玉置の歌声をイメージさせる。シンガーの登壇前から、その存在感が音楽を通して会場に伝わっていく。

 そして二曲目の「オレンジ」からいよいよ本人登場。ライブ中、普段からライブ中ほとんどMCをしない玉置は、この日もマイクを通して発言する場面こそ無かったが、登場した瞬間の振る舞いや表情だけで、彼がこの休止期間を通していかに体調を整えてきたかが分かる。そして繰り広げられる、オーケストラと対等に渡り合うダイナミックで表現力豊かな歌唱、そして爆発的なロングトーン。会場に詰めかけた多くのファンにとっても、安堵に胸を撫で下ろすと同時に、変わらぬ魅力的な歌声に胸をときめかせた瞬間となっただろう。

 この日の演目は、その「オレンジ」をはじめ、メドレーやオーケストラのみの演奏曲を含む全20曲中11曲が新編曲作という内容。復帰公演ということを考えれば大胆な構成だが、もともと本公演は2015年から玉置が行っているフルオーケストラ公演の新シーズンとして誕生したものであり、新作品へのチャレンジは玉置のアーティスト精神の健全な発露でもある。一種のライフワークのようになりつつある、このフルオーケストラ公演は、長いスパンの中での変化や進化を観て聴いて感じるのも楽しみの一つだ。

 そして、この日、もう一方の主役であったのが栁澤率いるバルカン特別編成交響楽団。歴史的に多くの悲運に見舞われてきた地域より降り立った平和の使者ともいうべきこの一団は、流麗な調べや響きはもちろん、音楽的な広がりでも柔軟な一面を発揮。特に、楽団と栁澤にとって特別な演目の一つであるバルトン・ベチリ作曲「スピリット・オブ・トラディション Dance」では、現代的なテクノ音楽を彷彿させる打楽器のリズムと、エスニックな弦楽の響きが組み合わさったサウンドで、ロマンチックなオーケストラ演奏とは一味違った魅力で会場を惹きつけた。

 休憩を挟んで第2部では、終盤に「ワインレッドの心~じれったい~悲しみにさよなら」という定番にして圧巻のメドレーも披露。特に「悲しみにさよなら」では「愛を熊本のために」と歌詞を読み替えて熱唱、震災の深い爪痕に悩む人々への思いやりを込めた呼び掛けに、会場は大歓声が会場に轟いた。さらに、こちらも新作品の「夜想」の演奏によって本編は終了した。

 本編終了時、玉置と栁澤は歓声やスタンディング・オベーションに挨拶で応えつつ速やかに降壇。しかし、その後も拍手が止むことはなく、まさしく割れんばかりの拍手が そのままアンコールを求める手拍子へと変わっていく。熱烈な歓声に出迎えられて玉置と 栁澤らが再登壇。そしてアンコールの演奏に入る。1曲目はベートーヴェンの交響曲第6番「田園」と融合した玉置浩二の「田園」。これまで何度となくこのオーケストラ・コンサートのピークを作ってきた演目だが、この日の演奏は格別だ。「愛はここにある」という歌詞がこれほど深く響くコンサートも非常に稀だろう。

 そしてアンコール・ラストは「夏の終りのハーモニー」。オフマイクで生声をホールに響かせる玉置ならではの圧倒的なパフォーマンスに、感極まって涙を流す観客も多数表れ、いかにファンが玉置の復帰を楽しみにしていたかが空気を通して伝わってくるパフォーマンスとなった。最後のメロディーを優しく、慈しみの心を伝えるように歌った玉置の姿は、観客の心の奥深くにしっかりと焼き付いたことだろう。

 新しいオーケストラ作品演奏による欧州演奏家たちとの競演という最高の舞台で自身の完全復帰を証明するパフォーマンスを行った玉置浩二。ここから始まったばかりのツアーの今後にも期待が集まる。【玉置浩二 プレミアム・シンフォニック・コンサート】ツアーは、3日の東京公演の後、大阪(7日)、京都(8日)、そして7月以降の公演へと続く。バルカン特別交響楽団による演奏は8日を残すのみ。更なる進化を遂げた玉置の躍進から目を離さないで欲しい。

◎公演情報
【KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT -21st CENTURY RENAISSANCE-】

6月7日(火)
大阪・フェスティバルホール 飯森範親指揮 日本センチュリー交響楽団
6月8日(水)
京都・京都コンサートホール 栁澤寿男指揮 バルカン特別編成交響楽団
7月7日(木)
大阪・フェスティバルホール 大友直人指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団
7月11日(月)、27日(水)
埼玉・大宮ソニックシティ 大友直人指揮 東京フィルハーモニー交響楽団
7月14日(木)
札幌・ニトリ文化ホール 栁澤寿男指揮 札幌交響楽団
7月21日(木)
福岡・福岡シンフォニーホール(アクロス福岡) 栁澤寿男指揮 九州交響楽団

MOVIE

PROFILE

玉置 浩二

1958年生まれ。北海道出身のシンガーソングライター。1982年バンド「安全地帯」としてデビュー。「ワインレッドの心」、「恋の予感」、「悲しみにさよなら」など80年代の音楽シーンを席巻。ソロ活動で作詞も手がけ始め、「田園」をはじめとする多くのヒットを生み出す。 2012年には、オリジナルレーベル「SALTMODERATE」を発足。安全地帯とソロの活動を並行して行いながら、2014年、7年ぶりとなるオリジナル・ソロ・アルバム『GOLD』、そして同じ時代を共有してきたアーティストの名曲を歌ったアルバム『群像の星』をリリース。2015年・2016年、国内外の主要オーケストラと共演するビルボードクラシックス公演を実施。2016年6月、バルカン特別編成交響楽団に管弦楽作品「歓喜の歌」を謹呈。 同作品は10月、スイス・ジュネーブの国連欧州本部における平和祈念コンサートで演奏され、欧州初演を飾った。

オフィシャルサイト http://saltmoderate.com/

栁澤寿男(指揮者)

 旧ユーゴを中心に活動する日本人指揮者。05-07年、マケドニア旧ユーゴ国立歌劇場首席指揮者。07年、国連暫定行政ミッション下のコソボフィル響首席指揮者に就任。同時に、サンクトペテルブルグ響、プラハ響、フラデツクラロヴェ響、西ボヘミア響、サラエボフィル、ベオグラード国立歌劇場、セルビア放送響、アルバニア放送響などに客演。07年、旧ユーゴの民族共栄を願ってバルカン室内管弦楽団を設立。09年、コソボ北部ミトロヴィッツァで国連開発計画、国際安全保障部隊、コソボ警察の尽力を得て開催された民族混成オーケストラによるコンサートは奇跡のコンサートとも言われ、日本の高等学校教科書「世界史A」(実教出版)にも記載されている。10年、ニューヨーク国連総会に付随するイベント「バルカン・リーダーズ・サミット」で演奏。11年、ウィーン楽友協会公演を実現。15年、World Peace Concertをスタートし世界各地でコンサートを行っている。国内では、新日フィル、日フィル、東フィル、東響、都響、シティフィル、札響、仙フィル、群響、名フィル、京響、大フィル、兵庫芸文管、日本センチュリー響、九響、アンサンブル金沢などに客演。現在、バルカン室内管弦楽団音楽監督、コソボフィル響首席指揮者、ベオグラード・シンフォニエッタ名誉首席指揮者、ニーシュ響首席客演指揮者。書籍に「バルカンから響け!歓喜の歌」(晋遊舎)。

©木之下晃

バルカン特別編成交響楽団

バルカン特別編成交響楽団は、2007年に日本人指揮者栁澤寿男によってバルカン半島の民族共栄を願って設立。2010年、ニューヨーク国連総会に伴うイベント「バルカン・リーダーズ・サミット2010」で演奏を披露。旧ユーゴ崩壊後の断絶された文化圏の貴重な橋渡しとなっている。2011年5月、ウィーン楽友協会ホール公演を実現。同年11月、国連の協力により、教育を受けないロマの子供たちとの共演を実現。2015年からはWorld Peace Concertをスタートし、世界各地でコンサートを行っている。
いかなる国にも本拠地を置かないバルカン特別編成交響楽団は、音楽が共通の言語、共通の感覚として人々の心を繋いでいくことを強く願っている。
Ⓒ伊藤真司

DETAIL

主催、企画制作 ビルボードジャパン
特別協力 日野自動車株式会社
後援、協力 後援:米国ビルボード
TOKYO FM・ニッポン放送、FMヨコハマ
開催日時、
会場
東京:6月2日(木)Bunkamura オーチャードホール 19:00開演(18:00開場) 
出演  玉置浩二 
指揮 栁澤寿男
管弦楽 バルカン特別編成交響楽団

PHOTOS

世界のクラシック音楽の新しい魅力を導く多彩なパフォーマンスを披露します。